STROKE2022

各会長からのご挨拶

第51回日本脳卒中の外科学会学術集会 第47回日本脳卒中学会学術集会 第38回スパズム・シンポジウム

3学会会長からのご挨拶

Stroke 2022の開催にあたって

第47回日本脳卒中学会学術集会
 会長:宮本 享

第51回日本脳卒中の外科学会学術集会
 会長:清水宏明

第38回スパズム・シンポジウム
 会長:森岡基浩

日本脳卒中学会、日本脳卒中の外科学会、スパズム・シンポジウムが力を合わせてStroke 2022を開催いたします。3学会の会長からご挨拶申し上げます。

2018年12月に念願の「健康寿命の延伸等を図るための脳卒中、心臓病その他の循環器病に係る対策に関する基本法」が成立しました。そして、循環器病対策推進基本計画が2020年10月に閣議決定され、各都道府県により地域事情に合わせた脳卒中・循環器病に対する都道府県計画が策定されつつあります。

脳卒中診療に携わる我々にとってこの法律ができたことの何よりも大きな意義は、我々が自らの未来設計をできるようになったことです。その意味を込めてStroke 2022のテーマを3学会共通で「明日へのシナリオ」とさせていただきました。長年にわたって学術的に検討してきた理想を社会実装させるための計画を、Stroke 2022において現実的な議論として取り扱うことができることを期待しております。

こうした計画の実効性を高めるためには、医師だけではなく、メディカルスタッフ、ソーシャルワーカー、ケアマネージャーなど医療やケアに関与するすべての職種が脳卒中克服という目標に向かってチカラを結集していくこと、すなわち多職種連携が何よりも重要です。Stroke 2022は多くの職種の関係者が一同に会するはじめてのstroke meeting「多職種連携元年」となるよう企画しております。

つぎに、Stroke 2022はSmart Congressとして開催いたします。我々がStroke 2022の企画構想に着手し始めた2020年春には、新型コロナウイルス感染症の第1波が日本を覆いつくし始め、当時予定されていた多くの学会が中止や延期に追い込まれました。一方、延期後にweb開催されたStroke2020などの経験から、開催都市に赴き現地参会しないでも、全国各地からいつもより多くの会員が参会できたというweb開催の利点を実感しました。職場からでも自宅からでも、また移動中であってもインターネットにさえ繋がれば、学会に参会できます。大きな会場で参加するよりも目前のモニターで画質も音声も良好な条件で視聴できます。つまり、webにより学術集会はすでに会場という制約から離れ、空間的に拡大しています。

今でもなお、新型コロナウイルス感染症がどのように収束していくかは不透明です。豪雨や地震などの自然災害も増えてきています。

このため、Stroke2022は、万一突発する不測の事態がおこっても、容易に完全web開催に変更できるよう予め計画するSmart Congress構想で開催いたします。大変残念ですが、会員懇親会や招宴は催さないことといたしました。

Smart Congress構想のもとで、2022年3月17日(木)~20日(日)のStroke 2022の会場開催(web併催)中には、3学会は会場会期中いずれも単一会場のみのプレナリー開催とし、それ以外の一般演題についてはすべてweb発表となります。なお、演者と聴衆の双方向的なやり取りに限界があるweb発表の欠点を少しでも改善するために、一般演題は事前収録とし、演者・座長に加えて、参会登録をされた会員は質疑に参加できるように企画しております。一般演題の事前収録は2022年1月24日(月)~2月7日(月)に予定しておりますので、奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。

また、2022年2月第1週より4月末までの約3か月にわたって主に毎週水曜日の夕刻(18:00~20:00を予定)にweb ライブシンポジウムを開催いたします。海外招待講演についても会場開催会期直前の休日3月13日(日)の午後に集中開催する予定です。また、これらは学会終了後一定期間オンデマンドで視聴可能です。すなわち、Webの計画的利用により、学術集会は会期という制約から解放され、時間的にも拡大することができます。

新型コロナウイルス感染症による景気の後退や学会のweb化により、共催セミナーや機器展示に関する企業の方針に少なからず変化をもたらしています。Smart Congress構想は支出を削減し共催・機器展示に依存した予算だてからの脱却を図るという、アフターコロナ時代の新しい学会のありかたを模索するものでもあります。

Stroke 2022は新しいあり方のSmart Congressとして、2022年3月17日(木)~20日(日)に大阪で、そしてそれより広い時間と仮想空間において皆様のご参加をお待ちしております。奮ってご参会賜りますようお願い申し上げます。

Page top

運営事務局

日本コンベンションサービス株式会社 関西支社
〒541-0042
大阪市中央区今橋4-4-7
京阪神淀屋橋ビル2階
Tel:06-6221-5933
E-mail:stroke2022[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)
Copyright © 2020 STROKE2022. All Rights Reserved.