開催記録はこちら ※開催記録は3月末に公開予定です。

御礼のご挨拶

 令和3年1月28日(木)、29日(金)の2日間において開催させていただきました「第29回全国救急隊員シンポジウム」は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況に鑑み、初めての試みである「WEB開催方式」とさせていただきましたが、当日の配信サイトへのアクセス数は、2日間で延べ197,212件(IPアドレス数:13,588件)あり、多くの皆様にご参加をいただき、大きな成果を収めることができました。このように、今回のシンポジウムを無事、盛会裡に終了することができましたのも、運営委員・幹事の皆様をはじめ、各関係機関の皆様、全国からWEBを通してご出演・ご参加いただきました皆様方の多大なるお力添えの賜物と、心より感謝を申し上げます。

 今回のシンポジウムを開催するにあたりましては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、皆様に安全にご参加いただける開催方法等につきまして、議論を重ねながら準備を進めてまいりました。皆様には、1月に入り急遽ハイブリッド開催方式からWEB開催方式に変更させていただきましたことで、ご迷惑をおかけいたしまして、誠に申し訳ございませんでした。また、各種ご案内や当日の運営に至らない点がございましたことと推察いたしますが、何卒、ご容赦をいただきますようお願い申し上げます。

 本シンポジウムのメインテーマにつきましては、救急救命士制度発足30年目の節目の年として、「救急救命士制度発足30年目の決意 ~Professional Autonomyの確立に向けた第一歩を堺から~」を掲げ、救急隊員が病院前救護の専門職として、より自律・自主性を意識したシンポジウムとすることを謳わせていただきました。当日は、救急隊員自らが様々な研究・分析を行った課題解決に向けたプロセスのご発表のほか、救急救命士が講師を務めるなど、まさに「Professional Autonomyの確立」に相応しい内容を数多く全国に発信いただき、広く意見交換をいただきました。本シンポジウムの開催が、我が国の救急・救命業務の更なる充実と発展に資するものと改めて確信したところでございます。今回得られました貴重な知見がそれぞれの地域で活かされ、救急体制の強化、救急業務の高度化に向け、より一層の充実につながれば幸いでございます。

 次回「第30回全国救急隊員シンポジウム」は、令和4年1月27日(木)、28日(金)の2日間、群馬県高崎市にて開催されます。新型コロナウイルスの感染が一日も早く終息し、皆様に平穏な日々が戻りますことを願いますとともに、第30回大会が高崎市にて盛大に開催されますことをご祈念申し上げ、御礼の言葉とさせていただきます。ありがとうございました。

主催事務局

開催ポスター
一般演題募集リーフレット

新着情報

2021.01.29
参加者アンケートを受け付けております。ご回答にご協力いただきますようお願い申し上げます。
WEB参加者(視聴者)の皆様へを更新いたしました。
2021.01.26
企業の皆様へスキルトレーニング会場アクセスを更新いたしました。
2021.01.25
令和2年度全国メディカルコントロール協議会連絡会(第2回)を更新いたしました。
2021.01.22
プログラムを更新いたしました。
2021.01.20
指定演題出演者の皆様へ一般演題発表者の皆様へ報道関係者の皆様へを更新いたしました。
2021.01.19
令和2年度全国メディカルコントロール協議会連絡会(第2回)をアップいたしました。
2021.01.14
開催概要現地へご来場の皆様へを更新いたしました。
2021.01.12
お知らせを更新いたしました。
2021.01.06
取材申し込みを開始いたしました。
2020.12.09
現地へご来場の皆様へ:事前参加登録を開始いたしました。
2020.12.04
現地へご来場の皆様へWEB参加者(視聴者)の皆様へ報道関係者の皆様へをアップいたしました。
2020.11.04
一般演題発表者の皆様へをアップいたしました。
一般演題募集を更新いたしました。
2020.10.23
開催地からのご挨拶を更新いたしました。
2020.10.16
次期開催のご案内を更新いたしました。
2020.10.02
企業の皆様へをアップいたしました。
2020.09.16
指定演題出演者の皆様へをアップいたしました。
2020.09.09
一般演題募集を締め切りました。多数のご応募をありがとうございました。
2020.09.01
一般演題募集の締切を9月9日(水)正午まで延長いたしました。
2020.08.03
一般演題募集を開始いたしました。
2020.07.22
一般演題募集を掲載いたしました。
2020.06.15
第29回全国救急隊員シンポジウムのホームページを開設いたしました。