プログラム・日程表

※11月11日時点

会長講演

私の研究履歴書:“拡散系”薬理学研究

12月9日(木) 15:05~16:05 第1会場

座長

熊谷 雄治(北里大学 医学部附属臨床研究センター/北里大学病院  臨床試験センター)

演者

谷内 一彦(東北大学大学院医学系研究科・機能薬理学分野)

特別講演1

Imaging Amyloid-beta Plaques in Alzheimer’s Disease: History, Status, and Future

12月9日(木) 9:30~11:00 第1会場

座長

谷内 一彦(東北大学大学院医学系研究科・機能薬理学分野)

田代  学(東北大学サイクロトロンRIセンター)

コメンテーター

古本 祥三(東北大学 サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター)

吉川 雄朗(東北大学大学院医学系研究科・機能薬理学分野)

演者

Chester Mathis(ピッツバーグ大学)

特別講演2

私の睡眠研究とスタンフォード大学

12月11日(土) 8:50~10:20 第1会場

座長

谷内 一彦(東北大学大学院医学系研究科・機能薬理学分野)

コメンテーター

中村 正帆(東北医科薬科大学)

吉川 雄朗(東北大学大学院医学系研究科・機能薬理学分野)

演者

西野 精治(スタンフォード大学医学部精神科)

教育講演

Muse細胞のもたらす医療イノベーション(学術委員会企画シンポジウム)

12月10日(金) 9:00~10:00 第1会場

座長

松本 直樹(聖マリアンナ医科大学 薬理学)

演者

出澤 真理(東北大学大学院医学系研究科 細胞組織学分野)

抗悪性腫瘍薬の臨床評価方法に関するガイドライン

12月10日(金) 9:00~10:00 第3会場

座長

安藤 雄一(名古屋大学医学部附属病院化学療法部)

演者

南  博信(神戸大学大学院医学研究科 腫瘍・血液内科)

妊娠・授乳中の服薬の臨床薬理学:“落穂拾い”の学問

12月10日(金) 9:00~10:00 第5会場

座長

吉原 達也(医療法人相生会 福岡みらい病院 臨床研究センター)

演者

田中 敏博(JA静岡厚生連 静岡厚生病院 小児科)

パンデミック時代の臨床研究におけるイノベーション推進と被験者保護

12月10日(金) 9:00~10:00 第6会場

座長

上竹勇三郎(東京大医学部 研究論理支援室)

パンデミック時代の臨床研究におけるイノベーション推進と被験者保護 ー国際基準からみた安全性情報の管理と研究責任医師の役割ー

演者

佐瀬 一洋(順天堂大学大学院医学研究科 臨床薬理学/早稲田大学医療レギュラトリーサイエンス研究所)

パンデミック時代の臨床研究におけるイノベーションの推進と被験者保護 -国際基準からみた臨床研究における生物統計家の役割-

演者

大津  洋(順天堂大学病院臨床研究・治験センター)

治験・臨床研究の環境変化に対応する

12月10日(金) 9:00~10:00 第7会場

座長

稲野 彰洋(福島県立医科大学附属病院 臨床研究センター)

岩部悠太郎(東北医科薬科大学病院 臨床研究推進センター管理部門)

治験・臨床研究の環境変化に対応する 大学病院臨床研究センターの立場から

演者

稲野 彰洋(福島県立医科大学附属病院 臨床研究センター)

企業’スポンサー’の立場から

演者

岡田久美子(ファイザーR&D合同会社 クリニカルオペレーション統括部)

免疫チェックポイント阻害薬の現状と問題点

12月11日(土) 8:50~9:50 第2会場

座長

安藤 雄一(名古屋大学医学部附属病院 化学療法部)

演者

満間 綾子(名古屋大学医学部附属病院 化学療法部)

シンポジウム

臨床研究/ 臨床試験の規制要件の最新動向を知る - 人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針、臨床研究法 -

12月9日(木) 9:30~11:30 第2会場

座長

前田 実花(北里大学 薬学部/ 北里大学病院 HRP室・薬剤部)

山本 洋一(大阪大学医学部附属病院)

コメンテーター

高野 忠夫(東北大学病院 臨床研究監理センター)

吉岡 恭子(厚生労働省 医政局研究開発振興課)

未定

演者

加藤 和人(大阪大学医学系研究科医の倫理と公共政策学)

臨床研究法の最新動向

演者

中村 健一(国立がん研究センター中央病院 国際開発部門/臨床研究支援部門)

地域医療での多職種連携に求められる臨床薬理学を基盤とした薬物治療の実践

12月9日(木) 9:30~11:30 第3会場

座長

吉山 友二(北里大学 薬学部 地域医療薬学)

荒牧 弘範(株式会社サンキュードラッグ)

臨床薬理学と地域医療の融合

演者

吉山 友二(北里大学 薬学部 地域医療薬学)

心不全地域治療における薬剤師のファーマシューティカルケア

演者

城戸 和彦(ウエストバージニア大学薬学部 臨床薬学部門)

地域医療における薬局管理栄養士による健康サポート事業の展開と成果

演者

柴田 有理(株式会社サンキュードラッグ)

多職種連携による基幹大学病院における臨床薬理学の役割:医師の立場から

演者

谷内 一彦(東北大学大学院医学系研究科 機能薬理学)

New Modalities: Cell and Gene Therapies

12月9日(木) 9:30~11:30 第4会場

座長

上村 尚人(大分大学医学部 臨床薬理学講座)

石黒 昭博(独立行政法人医薬品医療機器総合機構 研究支援・推進部)

Introduction of IQ CPLG: Mission and Activities

演者

Vikram P Sinha(IQ/CPLG - Takeda Pharmaceuticals)

Clinical Pharmacology Aspects of Chimeric Antigen Receptor (CAR)-T Cell Therapy Development

演者

Vijay V. Upreti(Director, Clinical Pharmacology Hematology Oncology TA Leader, Clinical Pharmacology, Modeling & Simulation, AMGEN Inc.)

The role of clinical pharmacology in viral gene therapies

演者

Nagendra V. Chemuturi(Takeda)

Biodistribution and PK/PD Considerations for Gene Therapy with Adeno-Associated Virus (AAV)

演者

竹下  滋(アステラス製薬株式会社 開発本部 臨床薬理部)

臨床薬理に対する女性医師、若手医師からの要望(学術委員会企画シンポジウム)

12月9日(木) 9:30~11:30 第5会場

座長

蓮沼 智子(北里大学北里研究所病院)

安藤  仁(金沢大学 医薬保健研究域医学系 細胞分子機能学)

小児科医の立場から、臨床薬理に求めること

演者

庄司 健介(国立成育医療研究センター 感染症科)

臨床薬理学を志す若手医師からの期待、要望

演者

林  宏祐(大分大学医学部臨床薬理学講座)

未定

演者

林  阿英(北里大学北里研究所病院)

臨床薬理学の知識を臨床で実践する際に直面した課題

演者

竹内 正宣(横浜市立大学附属病院 小児科)

薬剤性間質性肺炎の病態と評価

12月9日(木) 9:30~11:30 第6会場

座長

熊谷 雄治(北里大学 医学部附属臨床研究センター/北里大学病院  臨床試験センター)

斎藤 嘉朗(国立医療品食品衛生研究所 医薬安全科学部)

薬剤性肺炎の病態、診断、治療

演者

花岡 正幸(信州大学学術研究院医学系医学部内科学第一教室)

抗がん剤ゲフィチニブによる間質性肺炎の発症機序の解明

演者

松沢  厚(東北大学大学院薬学研究科衛生化学分野)

Nonclinical safety assessment of trastuzumab deruxtecan (T-DXd; DS-8201), a HER2 targeting antibody-drug conjugate

演者

熊谷 和喜(第一三共株式会社 安全性研究所)

薬剤性間質性肺炎の新規バイオマーカー開発

演者

荒川 憲昭(国立医薬品食品衛生研究所 医薬安全科学部)

Quality by DesignとRisk Based Approachの導入実施に向けた取り組み

12月9日(木) 9:30~11:30 第7会場

座長

松山 琴音(日本医科大学医療管理学)

今村 恭子(東京大学 薬学系研究科)

コメンテーター

上田 恵子(広島大学病院 臨床研究開発支援センター)

浅野 健人(大阪大学医学部附属病院 未来医療開発部)

小澤 郷司(株式会社Real Discovery Outdoors)

Quality by DesignとRisk Based Approachに関する最新の話題

演者

松山 琴音(日本医科大学医療管理学)

CROにおけるQbDとRBAの実践

演者

川邊 香代(シミック株式会社 臨床事業第三本部)

品質保証のためのGCP監査に関するこれまでとこれからーリモート監査パイロット研究の紹介

演者

筒泉 直樹(国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター)

COVID-19との闘いを医薬品開発促進に活かすために

12月9日(木) 12:50~14:50 第1会場

座長

渡邉 裕司(浜松医科大学 臨床薬理学)

佐藤 淳子((独)医薬品医療機器総合機構 国際部)

新型コロナウイルス感染症に関する治療薬開発の現状と課題

演者

忽那 賢志(大阪大学大学院医学系研究科 感染制御学)

Learning and challenge of COVID-19 drug development in Japan through Baricitinib

演者

吉川 彰一(日本イーライリリー株式会社)

パンデミックへの挑戦

演者

原田 明久(ファイザー株式会社)

新型コロナウイルス感染症に関するPMDAの取り組み

演者

一丸 勝彦(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

臨床薬理の視点から見た臨床試験

12月9日(木) 12:50~14:50 第2会場

座長

花岡 英紀(千葉大学医学部附属病院 臨床試験部)

濱田 哲暢(国立がん研究センター 研究所)

COVID19ワクチン迅速開発におけるアカデミアの役割と課題

演者

中神 啓徳(大阪大学大学院医学系研究科健康発達医学)

臨床PoCの前に確認すべきBiological PoCとは何か?

演者

寺尾 公男(中外製薬株式会社 医科学薬理部)

高齢者における最適化がん化学療法

演者

水柿 秀紀(がん研究会有明病院 先端医療開発センター)

抗好中球細胞質抗体関連血管炎治療におけるステロイド減量の試み

演者

古田 俊介(千葉大学医学部附属病院 アレルギー・膠原病内科)

神経筋疾患に対するDisease-modifying therapyの最前線

12月9日(木) 12:50~14:50 第3会場

座長

鈴木 啓介(国立長寿医療研究センター 先端医療開発推進センター)

永井 将弘(愛媛大学医学部附属病院 臨床研究支援センター)

筋ジストロフィーにおけるDisease-modifying therapy

演者

小牧 宏文(国立精神・神経医療研究センター トランスレーショナル・メディカルセンター)

神経筋疾患に対するDisease-modifying therapyの最前線

演者

勝野 雅央(名古屋大学大学院医学系研究科 神経内科学)

アルツハイマー病におけるDisease-modifying therapy開発への期待と現実

演者

鈴木 啓介(国立長寿医療研究センター 先端医療開発推進センター)

筋萎縮性側索硬化症のDisease-modifying Therapyにむけた新たなパイプライン

演者

狩野  修(東邦大学医学部脳神経内科)

精神科のポリファーマシーをどのように解決していくのか

12月9日(木) 12:50~14:50 第4会場

座長

下田 和孝(獨協医科大学 精神神経医学講座)

加藤 正樹(関西医科大学 精神神経科)

統合失調症治療における多剤併用を減らす取り組み

演者

内田 裕之(慶應義塾大学医学部 精神・神経科学教室)

精神科薬の薬物相互作用

演者

猿渡 淳二(熊本大学大学院生命科学研究部薬物治療設計学講座)

精神科病棟での薬剤師を中心とした取り組み

演者

高橋 結花(東京女子医科大学病院 薬剤部)

ガイドライン普及に向けた取り組み

演者

古郡 規雄(獨協医科大学 精神神経医学講座)

日本臨床薬理学会が取り組む人材育成:日本の臨床研究推進のために

12月9日(木) 12:50~14:50 第5会場

座長

熊谷 雄治(北里大学  医学部附属臨床研究センター / 北里大学病院 臨床試験センター)

安藤 雄一(名古屋大学医学部附属病院 化学療法部)

コメンテーター

笠井 宏委(京都大学医学部附属病院 先端医療研究開発機構)

前田 実花(北里大学薬学部 臨床薬剤疫学/ 北里大学病院 HRP室・薬剤部)

日本の臨床研究の課題

基調講演

岩﨑  甫(山梨大学 融合研究臨床応用推進センター)

未定

演者

植田真一郎(琉球大学大学院医学研究科 臨床薬理学講座)

医師主導型臨床研究の実施を通じて得た経験から

演者

田中 敦史(佐賀大学医学部循環器内科)

認定CRC制度の現状と課題‐新たな取り組みへの期待

演者

河野 健一(公益財団法人神戸医療産業都市推進機構 医療イノベーション推進センター)

地域から世界へ:地域発で世界をリードするオープンイノベーションの現状と展望(学術委員会企画シンポジウム)

12月9日(木) 12:50~14:50 第6会場

座長

和田孝一郎(島根大学医学部薬理学講座)

安西 尚彦(千葉大学大学院医学研究院 薬理学)

コメンテーター

茂木 正樹(愛媛大学大学院 医学系研究科 薬理学)

新技術がもたらした腰痛評価の変遷から見る運動器評価の多様性とオープンイノベーション

演者

折田 純久(千葉大学フロンティア医工学センター)

非対面時代のオープンイノベーションを用いた医工連携とその事例

演者

前多 宏信(株式会社フジタ医科器械)

医工連携オープンイノベーションで実現するポストコロナの未来医療

演者

中村 守彦(島根大学地域未来協創本部地域医学共同研究部門)

地方大学が中核になったオープンイノベーションによる新産業創出

演者

石丸伊知郎(香川大学 創造工学部)

製薬企業の進めるオープンイノベーション<バイエルの例>

演者

高橋 俊一(バイエル薬品株式会社 オープンイノベーションセンター)

医療機関がアデノ随伴ウイルス等を利用した遺伝子治療の臨床試験を安全に実施するために

12月9日(木)12:50~14:50 第7会場

座長

山田 光彦(国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所精神薬理研究部)

小野寺雅史(国立成育医療研究センター 遺伝子細胞治療推進センター)

コメンテーター

丸山 良亮(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 再生医療製品等審査部)

遺伝子治療用製品の開発段階に係る薬事等の特徴と留意すべきポイント

演者

石塚 量見(国立精神・神経医療研究センター トランスレーショナル・メディカルセンター臨床研究支援部)

遺伝子治療用製品の開発 AAVベクターを用いた遺伝子治療における安全性への配慮

演者

香川 雄輔(ノバルティス ファーマ株式会社 開発本部探索開発部 前臨床安全性・薬理(PCS&P)グループ)

カルタヘナ法第一種使用規程の概要と成育医療研究センターでの取り組み

演者

小野寺雅史(国立成育医療研究センター 遺伝子細胞治療推進センター)

安全に遺伝子治療の臨床試験を実施するためのチームによる医療体制整備

演者

本橋 裕子(国立精神・神経医療研究センター 病院小児神経科)

レジストリデータの薬事制度下での利活用 ~治験対照群、製造販売後の長期有効性・安全性確認での実装~

12月9日(木) 15:05~17:05 第2会場

座長

小居 秀紀(国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 病院 臨床研究・教育研修部門 情報管理・解析部)

柴田 大朗(国立研究開発法人国立がん研究センター 研究支援センター 生物統計部)

レジストリデータを承認申請等に利用する場合の信頼性担保のための留意点

演者

兼松 美和(医薬品医療機器総合機構 信頼性保証部)

医薬品等の開発においてRWD/RWEを利活用する際の生物統計学的側面の留意事項

演者

上村夕香理(国立研究開発法人国立国際医療研究センター  臨床研究センター データサイエンス部 生物統計研究室)

レジストリデータの薬事制度下での利活用 ~AMED・柴田班 QMS分担班の活動を中心に~

演者

小居 秀紀(国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 病院 臨床研究・教育研修部門 情報管理・解析部)

製薬企業におけるレジストリデータ利活用の取り組み

演者

大道寺香澄(日本製薬工業協会医薬品評価委員会 臨床評価部会(エーザイ株式会社))

第5回臨床薬理学集中講座フォローアップ・セミナー

12月9日(木) 15:05~17:05 第3会場

座長

乾  直輝(浜松医科大学臨床薬理学講座)

セッション1「臨床研究の試験デザインに関する方法論」

臨床研究のリサーチクエスチョンと実行性

演者

志賀  剛(東京慈恵会医科大学 臨床薬理学)

セッション2「臨床薬理共同研究推進体制の構築に向けた事例紹介」

臨床薬理共同研究推進体制の構築に向けた取り組み

演者

座間味義人(岡山大学病院 薬剤部)

武智 研志(松山大学薬学部医薬情報解析学)

鈴木 啓介(国立長寿医療研究センター 先端医療開発推進センター)

肥田 典子(昭和大学医学部 薬理学講座臨床薬理学部門)

症例ワークショップ「ベッドサイドの臨床薬理学」(学術委員会企画シンポジウム)

12月9日(木) 15:05~17:05 第4会場

座長

原田 和博(笠岡第一病院 内科)

西尾信一郎(袋井市立聖隷袋井市民病院 内科)

不随意運動が増悪したパーキンソン病患者の病態と対応

演者

永井 将弘(愛媛大学医学部附属病院臨床研究支援センター)

肺動脈性肺高血圧の原因特定あるいは治療に苦慮した2症例

演者

今井  靖(自治医科大学 薬理学講座 臨床薬理学部門)

次世代の若手研究者が創る臨床薬理学の新時代

12月9日(木) 15:05~17:05 第5会場

座長

寺薗 英之(鹿児島大学医歯学総合研究科 薬物動態制御学分野)

城野 博史(熊本大学病院 薬剤部)

コメンテーター

小柳  悟(九州大学薬学研究院)

第二世代上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬アファチニブ血中濃度の適正使用に向けて

演者

髙橋 毅行(鹿児島大学病院薬剤部)

臨床薬理学的基盤に立脚した同種造血幹細胞移植患者におけるタクロリムス体内動態の個人差の検討

演者

吉川 直樹(宮崎大学医学部附属病院 薬剤部)

卵巣癌における腫瘍抑制遺伝子CYLD発現消失の臨床薬理学的意義の解明

演者

三宅 俊介(熊本大学病院薬剤部)

精神神経疾患の精密医療を実現するための臨床薬理学的検討 抗てんかん薬の薬物動態解析の観点から

演者

金子 哲也(熊本大学大学院生命科学研究部 薬物治療設計学講座)

概日時計の分子機構を基盤とした心-腎連関機構の解析

演者

吉田 優哉(九州大学大学院 薬学研究院 薬剤学分野)

薬物吸収に及ぼす食事の影響とその定量的予測 -臨床-動態-製剤の相互理解による医薬品開発の効率化-

12月9日(木) 15:05~17:05 第6会場

座長

白坂 善之(金沢大学 医薬保健研究域薬学系)

設楽 悦久(サノフィ株式会社 薬物動態・臨床薬理部)

消化管内生理環境・機能解析に基づく薬物-飲食物間相互作用予測

演者

白坂 善之(金沢大学 医薬保健研究域薬学系)

薬物と胆汁ミセルの相互作用が原因となる食事の負の影響の定量的予測

演者

秋山 寛享(日本たばこ産業株式会社 医薬総合研究所 薬物動態研究所)

Physiologically based Biopharmaceutics Modelingアプローチによる経口製剤の食事の影響の定量的予測

演者

上林  敦(アステラス製薬 製剤研究所)

臨床開発における食事の影響の評価

演者

佐藤 正延(MSD株式会社 グローバル研究開発本部 クリニカルリサーチ領域 臨床薬理開発 クリニカルファーマコキネティクス&ファーマコメトリクスグループ)

医療用医薬品開発に対する生物学的同等性試験ガイドライン改正のインパクト

12月9日(木) 15:05~17:05 第7会場

座長

川口 敦弘(日本製薬工業協会DS部会/田辺三菱 育薬本部データサイエンス部)

菅波 秀規(興和株式会社 データサイエンスセンター)

生物学的同等性評価の基本的概念とガイドライン改訂の背景

演者

緒方 宏泰(明治薬科大学 名誉教授)

生物学的同等性試験ガイドライン改正に至った背景を改めて考える(食後BE試験の追加及び統計的問題)

演者

栗林 亮佑(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 ジェネリック医薬品等審査部)

生物学的同等性試験における中間解析とサンプルサイズ再計算

演者

棚橋 昌也(日本製薬工業協会データサイエンス部会 / 興和株式会社データサイエンスセンター)

実施医療機関における生物学的同等性試験の変遷と課題

演者

古家 英寿(医療法人平心会 大阪治験病院 医局)

研究公正・研究倫理のセンスを身につけた臨床薬理研究者の育成

12月10日(金) 9:00~10:00 第2会場

座長

植田真一郎(琉球大学大学院医学研究科 臨床薬理学講座)

森本  剛(兵庫医科大学 臨床疫学)

コメンテーター

楊河 宏章(徳島大学病院臨床試験管理センター)

内田 和孝(兵庫医科大学 脳神経外科)

臨床医が臨床研究公正を身につけるために-臨床研究トレーニングに組み入れ可能な能動的研究倫理学習プログラム

演者

西村 理恵(兵庫医科大学臨床疫学)

臨床研究トレーニングに組み入れられた能動的研究倫理学習プログラムを経験して

演者

佐土原道人(熊本大学病院 地域医療・総合診療実践学寄附講座)

臨床薬理研究における研究公正教育への期待

演者

池原 由美(琉球大学病院臨床研究教育管理センター)

看護師の研究公正に関する意識

演者

東恩納美樹(琉球大学医学部保健学科老年看護学)

Risk-Based Pharmacokinetic and Drug-Drug Interaction Characterization of Antibody-Drug Conjugates in Oncology: An IQ Consortium Perspective

12月10日(金) 9:00~10:00 第4会場

座長

飯田 理文(中外製薬株式会社 医科学薬理部 システムファーマコロジーグループ)

武藤智恵子(ファイザーR&D合同会社 クリニカル・ファーマコロジー部)

Risk-Based Pharmacokinetic and Drug-Drug Interaction Characterization of Antibody-Drug Conjugates in Oncology: An IQ Consortium Perspective

演者

Chunze Li(Genentech, Inc.)

Rajeev M Menon(Abbvie)

COVID-19 Pandemic時の医薬品ワクチン開発とヘルスリテラシー向上

12月10日(金) 10:15~12:15 第1会場

座長

湯地晃一郎(東京大学医科学研究所 国際先端医療社会連携研究部門)

佐藤 淳子((独)医薬品医療機器総合機構 国際部)

未定

演者

岡田 賢司(ワクチン学会理事長)

新興感染症流行時のワクチンや医薬品の利用と研究開発に関する市民意識調査

演者

中田はる佳(国立がん研究センター 研究支援センター生命倫理部)

Vaccine hesitancyをともに乗り越える-行政と市民それぞれの役割

演者

元木 葉子(医薬品医療機器総合機構 医薬品安全対策第一部)

新型コロナウイルス感染症が顕在化させた課題と社会の適応の中で考えたこと

演者

白沢 博満(MSD株式会社 研究開発部門)

進化する臨床研究デザイン(学術委員会企画シンポジウム)

12月10日(金) 10:15~12:15 第2会場

座長

志賀  剛(東京慈恵会医科大学臨床薬理学)

乾  直輝(浜松医科大学臨床薬理学講座)

新型コロナウイルス感染症と新たな新興再興感染症に向けたアダプティブプラットフォーム研究の構築

演者

藤谷 茂樹(聖マリアンナ医科大学 救急医学)

進化する臨床研究デザイン

演者

後藤 功一(国立がん研究センター東病院 呼吸器内科)

バスケット試験によるエヌトレクチニブの開発

演者

林  盛彦(中外製薬株式会社 オンコロジー臨床開発部)

未定

演者

植田真一郎(琉球大学大学院医学研究科 臨床薬理学講座)

がん遺伝子パネル後の治療戦略:薬剤到達の向上に向けて(学術委員会企画シンポジウム)

12月10日(金) 10:15~12:15 第3会場

座長

安藤 雄一(名古屋大学医学部附属病院 化学療法部)

花岡 英紀(千葉大学医学部附属病院臨床試験部)

受け皿試験の現状

演者

山本  昇(国立がん研究センター中央病院 先端医療科)

包括的がん遺伝子プロファイリング検査後の治療戦略;地域がんゲノム拠点病院の立場から

演者

濱口 哲弥(埼玉医科大学国際医療センターがんゲノム医療センター/腫瘍内科)

がん遺伝子パネル検査における臨床試験コーディネーターの役割

演者

村崎 由佳(名古屋大学医学部附属病院先端医療開発部 先端医療・臨床研究支援センター)

がんゲノム医療における薬剤師の役割 ~出口戦略に向けての対応~

演者

宮本 理史(岡山大学病院 新医療研究開発センター 治験推進部/薬剤部)

バイオバンクを活用した次世代ファーマコゲノミクス研究

12月10日(金) 10:15~12:15 第4会場

座長

平塚 真弘(東北大学大学院薬学研究科)

莚田 泰誠(理化学研究所 生命医科学研究センター)

コメンテーター

木下 賢吾(東北大学東北メディカル・メガバンク機構)

ファーマコゲノミクスの社会実装の現状と課題

演者

莚田 泰誠(理化学研究所 生命医科学研究センター)

遺伝性腫瘍原因遺伝子が関与するがん種の探索的解析

演者

桃沢 幸秀(理化学研究所・生命医科学研究センター・基盤技術開発研究チーム)

日本人全ゲノムリファレンスパネルを活用したフッ化ピリミジン系抗がん剤代謝酵素の遺伝子型-表現型予測パネルの構築

演者

菱沼 英史(東北大学未来型医療創成センター)

ゲノムコホート調査参加者に対する個人へのファーマコゲノミクス情報回付に関するパイロット研究

演者

大根田絹子(東北大学東北メディカル・メガバンク機構ゲノム予防医学分野)

臨床に必要とされる看護臨床薬理学教育: 現場のニーズに対応した新たな教育を目指して

12月10日(金) 10:15~12:15 第5会場

座長

柳田 俊彦(宮崎大学医学部看護学科臨床薬理)

藤田 朋恵(獨協医科大学 薬理学)

コメンテーター

西  昭徳(久留米大学 医学部薬理学講座)

看護学教育の動向と課題:カリキュラム改正に向けて

演者

高橋 良幸(文部科学省 高等教育局医学教育科)

看護の現場に求められる臨床薬理学教育:与薬の質と安全性の向上を目指して

演者

小見山智恵子(東京大学医学部附属病院 看護部)

在宅看護・地域包括ケアに求められる臨床薬理学教育とは

演者

尾崎 章子(東北大学大学院医学系研究科 老年・在宅看護学分野)

薬看連携の取り組み~与薬の質と安全性の向上を図る~

演者

平原 康寿(宮崎大学医学部附属病院 薬剤部)

分子イメージングの発展と成果

12月10日(金) 10:15~12:15 第6会場

座長

田代  学(東北大学サイクロトロン・RIセンター)

岡村 信行(東北医科薬科大学医学部)

コメンテーター

須原 哲也(国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 量子生命科学研究所)

PET核医学の発展の歴史と軌跡

演者

田代  学(東北大学サイクロトロン・RIセンター)

分子標的型PETトレーサー開発の現状と展望

演者

古本 祥三(東北大学 サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター)

アルツハイマー病脳病理像のPETイメージング

演者

岡村 信行(東北医科薬科大学医学部)

認知症イメージングの国際展開

演者

樋口 真人(量子科学技術研究開発機構 量子生命・医学部門 量子医科学研究所)

PET腫瘍イメージングの発展

演者

金田 朋洋(東北大学画像解析学)

DATEプロジェクト:医薬理工学連携による新規核医学治療薬の開発

演者

渡部 浩司(東北大学 サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター)

患者に適切な医薬品情報は提供できているか?

12月10日(金) 10:15~12:15 第7会場

座長

未定

未定

演者

眞島 喜幸(NPO法人パンキャンジャパン)

本邦及び海外規制当局における患者向け情報提供について ~患者参画検討WGの立場から~

演者

漆谷  隼(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

患者に適切な医薬品情報は提供できているか?-治験依頼者の立場として-

演者

齋藤 宏暢(第一三共株式会社 メディカルアフェアーズ本部)

COVID-19パンデミックから感染症対策の将来を俯瞰する

12月10日(金) 15:05~16:35 第1会場

座長

松本 直樹(聖マリアンナ医科大学 薬理学)

賀来 満夫(東北医科薬科大学医学部)

新型コロナから見えてきた産官学の新たな問題

演者

加來 浩器(防衛医科大学校防衛医学研究センター 広域感染症疫学・制御研究部門)

COVID-19パンデミックを社会との連携で乗り越える

演者

國島 広之(聖マリアンナ医科大学 感染症学講座)

臨床試験の進歩と規制の進化~GCP Renovationへの我々の対応~

12月10日(金) 15:05~17:05 第2会場

座長

渡邉 裕司(浜松医科大学  臨床薬理学講座)

佐藤 淳子((独)医薬品医療機器総合機構 国際部)

アカデミアの立場から見たGCP renovation

演者

中村 健一(国立がん研究センター中央病院)

未定

演者

小宮山 靖(日本製薬工業協会 医薬品評価委員会データサイエンス部会)

GCP Renovationへの期待:患者の立場から

演者

長谷川一男(NPO法人肺がん患者の会ワンステップ 理事長)

ICH E6(R3)の方向性と動向

演者

伊藤かな子((独)医薬品医療機器総合機構 信頼性保証部)

GCP Renovationへの対応: 医療機関での臨床研究支援職種の取り組み事例

演者

岩崎 幸司(大阪大学医学部附属病院 臨床研究センター)

がんゲノム診療に関わる諸問題:遺伝子検査から遺伝子診療へ

12月10日(金) 15:05~17:05 第3会場

座長

平沢  晃(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 臨床遺伝子医療学)

安藤 雄一(名古屋大学医学部附属病院 化学療法部)

中核拠点病院におけるエキスパートパネル運営の現状と課題

演者

金井 雅史(京都大学大学院医学研究科 腫瘍薬物治療学講座)

がんゲノム診療における生殖細胞系列遺伝子情報の考え方

演者

植木 有紗(がん研有明病院 臨床遺伝医療部)

がんゲノム医療におけるチーム連携と薬剤師の役割

演者

座間味義人(岡山大学病院 薬剤部)

がんゲノム医療における保険収載にかかる課題

演者

平沢  晃(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 病態制御科学専攻 腫瘍制御学講座 (臨床遺伝子医療学分野))

Pharmacogenomicsを考慮した消化器病診療の最前線

12月10日(金) 15:05~17:05 第4会場

座長

杉本 光繁(東京医科大学病院 消化器内視鏡学)

古田 隆久(浜松医科大学医学部附属病院 臨床研究センター)

酸分抑制薬とPGX

演者

白井 直人(JA静岡厚生連遠州病院 消化器内科)

炎症性腸疾患におけるチオプリン関連PGx検査の現状と問題点

演者

角田 洋一(東北大学病院 消化器内科)

直接作用型経口抗凝固薬の消化管出血リスクとPGx

演者

上島  智(立命館大学 薬学部 医療薬学研究室2)

消化器がん治療のバイオマーカー -SLFN11によるがん治療の効果予測を含めて-

演者

山出美穂子(浜松医科大学 内科学第一講座)

肝疾患におけるPGX研究の臨床応用

演者

田中 靖人(熊本大学大学院生命科学研究部 消化器内科学講座)

臨床薬理学会認定薬剤師の魅力を探る

12月10日(金) 15:05~17:05 第5会場

座長

矢野 育子(神戸大学医学部附属病院薬剤部)

牛島健太郎(山陽小野田市立山口東京理科大学 薬学部)

抗体医薬品の最適医療を目指した臨床薬理学研究

演者

米澤  淳(京都大学大学院薬学研究科・医学部附属病院薬剤部)

臨床薬理学会認定薬剤師の魅力:臨床現場の立場から

演者

平井 利典(三重大学医学部附属病院 薬剤部)

日本臨床薬理学会認定薬剤師および認定CRCを取得して

演者

嶋田 沙織(筑波大学附属病院 薬剤部)

医薬品医療機器総合機構(PMDA)における臨床薬理学会指導薬剤師による認定薬剤師取得支援の現状とその意義

演者

川名 純一((独)医薬品医療機器総合機構 信頼性保証部)

製薬企業の医薬品開発における臨床薬理学会認定薬剤師の楽しさ

演者

塩見 真理(MSD株式会社 グローバル研究開発本部 臨床薬理開発 クリニカルファーマコキネティクス&ファーマコメトリクス)

高齢患者集団におけるポリファーマシーマネジメント:数理モデル及び医療系データベース解析の利活用(学術委員会企画シンポジウム)

12月10日(金) 15:05~17:05 第6会場

座長

伊藤 清美(武蔵野大学 薬学部)

山田 博章(横浜薬科大学 臨床薬学科)

コメンテーター

樋坂 章博(千葉大学大学院薬学研究院 臨床薬理学研究室)

前田 和哉(北里大学 薬学部)

加齢が薬物動態に与える影響と薬物相互作用のリスク

演者

佐藤 洋美(千葉大学大学院薬学研究院臨床薬理学)

リアルワールドデータを用いた高齢者における医薬品有害事象およびポリファーマシーの実態調査:JADER解析

演者

岡田  章(武蔵野大学薬学部)

リアルワールドデータを用いた高齢者における 医薬品有害事象およびポリファーマシーの実態調査:医療データ解析

演者

田口 真穂(横浜薬科大学薬学部)

高齢者における薬物動態の生理学的薬物速度論モデル解析

演者

工藤 敏之(武蔵野大学薬学部薬学研究所薬物動態学研究室)

過活動膀胱の薬物療法の現在と未来

12月10日(金) 15:05~17:05 第7会場

座長

齊藤 源顕(高知大学医学部薬理学講座)

木村 和哲(名古屋市立大学医学研究科 臨床薬剤学)

コメンテーター

柳田 俊彦(宮崎大学医学部看護学科臨床薬理)

臨床からみる抗コリン薬の有効性と限界

演者

和田 直樹(旭川医大腎泌尿器外科)

過活動膀胱に対するβ3刺激薬の有効性と限界

演者

清水 信貴(近畿大学 泌尿器科)

過活動膀胱における新規治療標的の最新の話題

演者

相澤 直樹(獨協医科大学医学部薬理学)

中枢神経からみた過活動膀胱治療薬の可能性

演者

清水 孝洋(高知大学医学部薬理学講座)

AROを具体的事例より考える。科学的なエビデンスの確立とAROの多様性(学術委員会企画シンポジウム)

12月10日(金) 15:05~17:05 第8会場

座長

花岡 英紀(千葉大学医学部附属病院 臨床試験部)

植田真一郎(琉球大学大学院医学研究科 臨床薬理学講座)

コメンテーター

山口 拓洋(東北大学大学院医学系研究科)

未定

演者

植田真一郎(琉球大学大学院医学研究科 臨床薬理学講座)

無症状及び軽症COVID-19患者を対象としたネルフィナビルの医師主導治験におけるAROとの協働支援

演者

細萱 直希(長崎大学病院 臨床研究センター)

AROの取り組み(仮)

演者

花岡 英紀(千葉大学医学部附属病院 臨床試験部)

AROを含む医療機関の調査とその可能性

演者

戸高 浩司(九州大学病院 ARO次世代医療センター)

未定

演者

山口 拓洋(東北大学大学院医学系研究科)

臨床薬理学と人工知能

12月11日(土) 8:50~10:20 第3会場

座長

樋坂 章博(千葉大学大学院薬学研究院臨床薬理学研究室)

頭金 正博(名古屋市立大学 薬学研究科)

コメンテーター

植沢 芳広(明治薬科大学 医療分子解析学研究室)

機械学習法による特異体質性副作用の予測

演者

安部賀央里(名古屋市立大学大学院薬学研究科レギュラトリーサイエンス分野)

母集団薬物動態解析における機械学習法の有用性

演者

樋坂 章博(千葉大学大学院薬学研究院 臨床薬理学研究室)

病理診断のデジタル化と人工知能の活用

演者

高松  学(公益財団法人がん研究会がん研究所 病理部)

バイオマーカーの活用~医薬品開発からベッドサイドまで~

12月11日(土) 8:50~10:20 第4会場

座長

内田 信也(静岡県立大学 薬学部)

工藤 敏之(武蔵野大学薬学部 薬学研究所)

肝OATP内在性基質コプロポルフィリンIをバイオマーカーとして用いた薬物相互作用の予測:PBPKモデルを用いた定量的アプローチの例

演者

吉門  崇(横浜薬科大学薬学部臨床薬理学)

Actionable Pharmacogenetic/genomic Biomarkers in the FDA Labels: Oncology Molecular Targets versus Drug-Metabolizing Enzymes & Transporters

演者

山崎 慎司(ジョンソン・エンド・ジョンソン、ヤンセン研究所)

臨床試験からみたバイオマーカーの計画と運用

演者

大谷 直由(大分大学医学部臨床薬理学講座)

医薬品評価におけるバイオマーカーの利用:規制当局の立場から

演者

石黒 昭博(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

クリニカルバイオマーカー戦略の現状と展望

12月11日(土) 8:50~10:20 第5会場

座長

谷河 賞彦(バイエル薬品株式会社 オンコロジー開発)

今村 知世(昭和大学先端がん治療研究所)

Current Status and Future Perspectives on Clinical Biomarker driven Drug Development

演者

今井 康彦(ブリストル マイヤーズ スクイブ株式会社)

個別化医療に向けて医薬品研究開発ステージからの挑戦

演者

山本 有一(ファイザーR&D)

個別化医療に向けて研究開発ステージから考えておくべきこと-臨床現場から-

演者

今村 知世(昭和大学先端がん治療研究所)

患者にとってのがんと臨床試験・治験

12月11日(土) 8:50~10:20 第6会場

座長

深川恵美子(広島大学病院 広島臨床研究開発支援センター/薬剤部)

筒泉 直樹(国立研究開発法人国立精神・神経医療センター 理事会監査室)

医学生からみた患者と語り聴き合う重要性

演者

西岡龍一朗(富山大学 医学部医学科)

患者の思い -想像と現実を語る-

演者

實  雅昭(バイエル薬品株式会社 開発本部 クリニカルオペレーション)

治験に参加して感じたこと、望むこと

演者

水戸部裕子(一般市民・秋葉原社会保険労務士法人)

ワークショップ「新型コロナウイルス感染症と臨床研究・治験の現場」

12月11日(土) 8:50~10:50 第7会場

座長

鈴木由加利(新潟大学医歯学総合病院  臨床研究推進センター)

井上 和紀(エイツーヘルスケア株式会社 臨床品質マネジメント部)

コメンテーター

武智 研志(松山大学薬学部 医療薬学科)

八木 健太(徳島大学病院総合臨床研究センター)

感染症流行下における事業継続性(何ができるか)

演者

長谷山貴博(信州大学医学部附属病院 臨床研究支援センター)

品質を考慮した実施体制の工夫:リモートSDV

演者

井上 和紀(エイツーヘルスケア株式会社 臨床品質マネジメント部)

品質を考慮した実施体制の工夫:QMS

演者

小村  悠(国立がん研究センター東病院 臨床研究支援部門)

医師主導治験実施(調整、参加)における問題点や工夫

演者

佐藤 康敬(徳島大学病院 総合臨床研究センター)

できたこと、できなかったこと:今後への提案

演者

小笹 由香(東京医科歯科大学医学部附属病院 臨床試験管理センター)

COVID-19は臨床試験の現場に何をもたらしたか?

12月11日(土) 10:35~12:35 第1会場

座長

佐藤 淳子((独)医薬品医療機器総合機構 国際部)

未定

COVID-19の経験からの学びと今後の展望:治験依頼者の立場から

演者

関根 恵理(ノバルティスファーマ株式会社)

COVID-19は臨床試験の現場に何をもたらしたのか? がん専門医療機関・臨床研究中核病院の挑戦

演者

後澤乃扶子(国立がん研究センター 研究支援センター研究管理部)

未定

演者

宇津  忍(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)

産官学民連携と国際連携による小児医薬品開発と小児臨床薬理学の発展を目指して

12月11日(土) 10:35~12:35 第2会場

座長

中村 秀文(国立成育医療研究センター 研究開発監理部)

平野 慎也(大阪母子医療センター 新生児科・臨床研究部)

International Neonatal Consortiumによる産官学民連携と国際連携

演者

平野 慎也(大阪母子医療センター 新生児科・臨床研究部)

小児製剤の効率的な開発のためのEuropean Paediatric Formulation Initiativeとの連携

演者

原田  努(昭和大学 ​薬学部 基礎医療薬学講座 薬剤学部門)

子どもの視点から考える小児薬の服用

演者

原田 香奈(東邦大学医療センター大森病院)

ファーマコメトリクス検討における産学連携の展望

演者

齊藤 順平(国立成育医療研究センター病院薬剤部)

小児医薬品ネットワーク・小児治験ネットワークの活動と国際連携

演者

中村 秀文(国立成育医療研究センター 研究開発監理部)

ICH E17の国際共同治験への実装

12月11日(土) 10:35~12:35 第3会場

座長

熊谷 雄治(北里大学 医学部附属臨床研究センター /北里大学病院 臨床試験センター)

斎藤 嘉朗(国立医薬品食品衛生研究所 医薬安全科学部)

コメンテーター

宇山 佳明(医薬品医療機器総合機構 医療情報活用部)

頭金 正博(名古屋市立大学大学院薬学研究科)

渡邉 裕司(浜松医科大学 臨床薬理学)

ICH-E17ガイドラインの実装のために考慮すべき事項(過去の国際共同治験の実施例からの考察)

演者

大坪 泰斗(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

アジアにおける治験の実施環境

演者

熊谷 雄治(北里大学医学部附属臨床研究センター)

ICH-E17にもとずいた臨床現場での国際連携

演者

友次 直輝(国立国際医療研究センター 臨床研究センター インターナショナルトライアル部)

ICH-E17にもとずいた製薬企業の開発戦略

演者

谷河 賞彦(バイエル薬品株式会社研究開発本部オンコロジー開発部)

アルツハイマー病疾患修飾薬開発の最新の動向

12月11日(土) 10:35~12:35 第4会場

座長

森豊 隆志(東京大学医学部附属病院 臨床研究推進センター)

中野 真子(ノバルティス ファーマ株式会社 探索開発)

アルツハイマー病に対する疾患修飾薬の開発 アデュカヌマブの臨床開発を中心に

演者

戸田 康夫(バイオジェン・ジャパン株式会社 研究開発本部 臨床開発・薬理部)

AD疾患修飾薬開発の展望 Donanemabの臨床試験結果より

演者

畠山 直久(日本イーライリリー株式会社 研究開発・メディカルアフェアーズ本部)

アルツハイマー病疾患修飾薬治験の推進とJ-TRC

演者

岩坪  威(東京大学大学院医学系研究科 神経病理学)

高額薬剤の費用対効果評価

演者

池田 俊也(国際医療福祉大学医学部公衆衛生学)

「創薬におけるDXの活用」

12月11日(土) 10:35~12:35 第5会場

座長

宮路 天平(東京大学大学院医学系研究科 臨床試験データ管理学講座)

降旗 謙一(医療法人社団慶幸会 ピーワンクリニック 院長)

コメンテーター

宮路 天平(東京大学大学院医学系研究科 臨床試験データ管理学講座)

松本 一敏(株式会社日立システムズ デジタル・ライフサイエンスサービス本部)

佐藤 貴典(株式会社インテリム 臨床開発本部データサイエンス部)

前田千衣子(日本イーライリリー株式会社 臨床開発本部)

黒田 章裕(医療法人社団慶幸会 ピーワンクリニック)

臨床研究におけるDigital Transformation (DX)とは ?

演者

宮路 天平(東京大学大学院医学系研究科 臨床試験データ管理学講座)

医療情報ガイドライン準拠に向けたクラウド利用標準化サービスの取り組み

演者

松本 一敏(株式会社日立システムズ デジタル・ライフサイエンスサービス本部)

未定

演者

佐藤 貴典(株式会社インテリム 臨床開発本部データサイエンス部)

デジタルを活用したDCTの推進

演者

前田千衣子(日本イーライリリー株式会社臨床開発本部)

2種類のDDCの使用経験について

演者

横里あけみ(医療法人社団慶幸会 ピーワンクリニック)

がんゲノム医療と臨床薬理学

12月11日(土) 10:35~12:35 第6会場

座長

安藤 雄一(名古屋大学医学部附属病院 化学療法部)

湯地晃一郎(東京大学医科学研究所 国際先端医療社会連携研究部門)

コメンテーター

石岡千加史(東北大学大学院医学系研究科臨床腫瘍学分野)

平沢  晃(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 臨床遺伝子医療学)

渡邉  淳(金沢大学附属病院 遺伝診療部・遺伝医療支援センター)

宮本 理史(岡山大学病院 新医療研究開発センター 治験推進部/薬剤部)

がんゲノム医療と治療薬選択(仮)

演者

石岡千加史(東北大学大学院医学系研究科臨床腫瘍学分野)

がんゲノム医療における生殖細胞系列の遺伝情報

演者

平沢  晃(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 病態制御科学専攻 腫瘍制御学講座 (臨床遺伝子医療学分野))

がんゲノム医療におけるチーム連携

演者

渡邉  淳(金沢大学附属病院 遺伝診療部・遺伝医療支援センター)

がんゲノム医療における薬剤師の役割 ~臨床薬理学の知識を活かして~

演者

宮本 理史(岡山大学病院 新医療研究開発センター 治験推進部/薬剤部)

適切な臨床研究を推進するための研究倫理コンサルタント(研究倫理委員会企画)

12月11日(土) 11:05~13:05 第7会場

座長

楊河 宏章(徳島大学病院 総合臨床研究センター)

田代 志門(東北大学 大学院文学研究科)

研究倫理コンサルタントの概念と育成の現状

演者

松井 健志(国立がん研究センター 生命倫理・医事法研究部)

研究機関に必要なインフラとしての研究倫理コンサルタント

演者

藤原 康弘(国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院)

研究機関として研究倫理コンサルタントに期待する役割

演者

三上 礼子(国立研究開発法人国立国際医療研究センター臨床研究せンター臨床研究推進部)

研究倫理コンサルタントのあり方について(教育を受けた日本臨床薬理学会員の立場から)

演者

中馬 真幸(旭川医科大学病院 薬剤部)

ワクチン開発と臨床評価

12月11日(土) 14:45~16:45 第1会場

座長

斎藤 嘉朗(国立医薬品食品衛生研究所 医薬安全科学部)

吉原 達也(医療法人相生会福岡みらい病院 臨床研究センター)

コメンテーター

渡邉 裕司(浜松医科大学 臨床薬理学)

ワクチンの臨床的有効性評価

演者

福島 若葉(大阪市立大学 大学院医学研究科 公衆衛生学)

コロナ禍でおきたワクチン開発研究の破壊的イノベーション

演者

石井  健(東京大学 医科学研究所)

日本における新型コロナウイルス感染症ワクチン開発

演者

森下 竜一(大阪大学大学院医学系研究科 臨床遺伝子治療学)

新型コロナウイルス感染症ワクチンの有効性評価と抗体検査

演者

石井 明子(国立医薬品食品衛生研究所 生物薬品部)

早期グローバル開発の中での日本の貢献

12月11日(土) 14:45~16:45 第2会場

座長

中野 真子(ノバルティスファーマ株式会社 探索開発)

中村 秀文(国立研究開発法人 国立成育医療研究センター 研究開発監理部)

COVID-19のパンデミックにより早期に実現した、日本でのFIH試験の実施と、今後の早期グローバル開発における日本からの貢献

演者

中野 真子(ノバルティスファーマ株式会社)

COVID-19のパンデミックにより海外で中断したFIH試験を日本で実施することになった例

演者

降旗 謙一(医療法人社団慶幸会ピーワンクリニック)

日本でGlobal FIH試験を実施することによる早期グローバル開発への貢献

演者

髙市  剛(日本イーライリリー株式会社 臨床開発本部 臨床薬理オペレーション)

Global FIH 試験を実施して経験したこと-治験実施施設の視点から-

演者

佐藤 昌幸(一般社団法人ICR附属 クリニカルリサーチ東京病院)

One Asiaとしての医薬品開発

12月11日(土) 14:45~16:45 第3会場

座長

未定

佐藤 淳子((独)医薬品医療機器総合機構 国際部)

日系製薬企業のアジアビジネス展開に必要な規制面の課題とは

演者

長岡 秋広(武田薬品)

Strategic Regulatory Harmonization in Asia

演者

竹村優利子(医薬品医療機器総合機構 国際部)

One Asiaとしての医薬品開発促進に向けたNCGMの取り組み

演者

飯山 達雄(国立国際医療研究センター臨床研究センターインターナショナルトライアル部)

Current Situation and Future Expectation of Drug Development in Malaysia

演者

Akhmal Yusof(Clinical Research Malaysia)

Current Situation and Future Expectation of Drug Development in Philippines

演者

未定

時間薬理学・時間治療の最新の知見

12月11日(土) 14:45~16:45 第4会場

座長

安藤  仁(金沢大学 医薬保健研究域医学系 細胞分子機能学)

大戸 茂弘(九州大学大学院薬学研究院)

時間薬理学・時間治療の現状

演者

安藤  仁(金沢大学 医薬保健研究域医学系 細胞分子機能学)

抗凝固薬エドキサバンの時間薬理学的検討

演者

長田 直人(金沢大学 医薬保健研究域医学系 細胞分子機能学)

アレルギー疾患の時間治療

演者

中尾 篤人(山梨大学 医学部 免疫学)

腎泌尿器科疾患の時間治療

演者

根来 宏光(筑波大学 医学医療系 腎泌尿器外科学)

腎疾患時の心疾患の時間治療

演者

松永 直哉(九州大学薬学研究院薬物動態学分野)

時間創薬育薬の展望

演者

大戸 茂弘(九州大学大学院薬学研究院)

ファーマコメトリクスのさらなる展開3

12月11日(土) 14:45~16:45 第5会場

座長

熊谷 雄治(北里大学 医学部附属臨床研究センター/北里大学病院  臨床試験センター)

貝原 徳紀(日本イーライリリー サイエンティフィックデータソリューション&コミュニケーション部)

医療現場におけるPMx

演者

齊藤 順平(国立成育医療研究センター 薬剤部)

臨床におけるファーマコメトリクス

演者

島本 裕子(国立循環器病研究センター 薬剤部)

臨床開発におけるファーマコメトリクスの今  -パンデミックに対する貢献-

演者

長谷川千尋(MSD株式会社 グローバル研究開発本部)

JSCPTサロン:新薬市販後の情報収集を担保するシステムとして

演者

貝原 徳紀(日本イーライリリー サイエンティフィックデータソリューション&コミュニケーション部)

新しい日常における治療継続のための取り組み

12月11日(土) 14:45~16:45 第6会場

座長

植田真一郎(琉球大学大学院医学研究科 臨床薬理学講座)

勝谷 友宏(医療法人社団 勝谷医院 内科)

国内外で進むデジタル療法の取り組み

演者

桐山 瑤子(株式会社MICIN)

薬局薬剤師×ITによる新しい治療継続戦略

演者

中尾  豊(株式会社カケハシ)

新しい日常における服薬アドヒアランス改善 ~薬剤師による服用期間中のフォローアップへの期待~

演者

亀井美和子(帝京平成大学 薬学部)

高齢者のポリファーマシー対策

演者

竹屋  泰(大阪大学医学研究科)

J-DOMEからみた生活習慣病のリアルワールド

演者

江口 成美(日本医師会総合政策研究機構)

南東北病院における最先端医療

12月11日(土) 14:45~16:15 第7会場

座長

田代  学(東北大学サイクロトロンRIセンター・サイクロトロン核医学)

松田 博史(福島県立医科大学 生体機能イメージング講座)

最新PET(薬剤および装置)

演者

松田 博史(一般財団法人脳神経疾患研究所 南東北創薬・サイクロトロン研究センター)

ホウ素中性子捕捉療法-南東北BNCT研究センターこれまでの経験と現状

演者

髙井 良尋(脳神経疾患研究所附属南東北BNCT研究センター)

南東北病院で行なっている陽子線治療

演者

村上 昌雄(南東北がん陽子線治療センター)

ページトップ