第43回日本血栓止血学会学術集会

ご挨拶

第43回日本血栓止血学会学術集会
会長 浅田 祐士郎
(宮崎大学医学部 病理学講座構造機能病態学分野 教授)

会長 浅田祐士郎

この度、第43回日本血栓止血学会学術集会を2021年5月27日(木)~29日(土)に宮崎市で開催させていただきます。九州での開催は、第33回で丸山征郎先生(鹿児島大学)が主催されて以来で10年ぶりとなります。また九州ではこれまでに5回開催されていますが、宮崎での開催は今回が初めてとなります。大変光栄に存じますとともに、会員の皆様に心より感謝申しあげます。

本学術集会は、生理学、生化学、薬理学、分子生物学などの基礎領域と、内科、外科、産婦人科、救急医療、整形外科などの臨床領域の研究者が一同に会し、血栓止血学の最新の研究成果について意見を交換する場になっています。近年の生化学、分子生物学を中心とした基礎研究の発展は目覚ましく、創薬や臨床研究の展開に繋がってきています。一方で、病理学領域では血栓止血学の研究者は非常に少なく、今回 病理学講座が主催させていただくにあたり、本学術集会のテーマを「病理から挑む血栓止血学」としました。会長シンポジウムでは人体病理を中心とした動脈・静脈血栓症の病理を企画しました。また特別講演1には、血管病理学研究で高名な米国ワシントン大学病理学講座 Karin Bornfeldt教授に、糖尿病における動脈硬化・血栓症について、特別講演2では、本邦の循環器疾患臨床研究の第一人者である国立循環器病研究センター 小川久雄理事長に、日本における抗血栓療法のエビデンスについてご講演いただくことになっています。またCOVID-19 の血栓症発症リスクと対応につきまして、2020年5月に本学会から警鐘と提言がなされておりますが、その後のエビデンスを踏まえた特別企画を組ませていただく予定です。その他、例年通り、教育講演、学術推進 (SPC) シンポジウム、ジョイントシンポジウム、企業共催シンポジウムなどを企画し、血栓止血学に関する最新の話題を討論いただけるように準備を進めています。

会場のシーガイア・コンベンションセンターは、宮崎市一ツ葉海岸の豊かな景観の中に広がるリゾート施設「シーガイア」の中央に位置し、過去には九州・沖縄サミットの外相会合の会場として、また、ゴルフトーナメントや野球、サッカー、ラグビーなど多くのトップアスリートの合宿地として有名です。宮崎には神話伝承にまつわる名所・旧跡が多く、青島・日南海岸や高千穂峡をはじめとする観光スポットも数多くあります。また海の幸、山の幸も豊かです。5月は梅雨前で暑さもまだ穏やかな時期ですので、是非「日本のひなた」宮崎を満喫していただけたらと思います。

新型コロナウイルス感染の収束がまだみえない状況ではありますが、感染が一日も早く終息し、多くの皆様をお迎えできることを願っております。

page top

事務局

宮崎大学医学部 病理学講座 構造機能病態学分野
〒889-1692 宮崎県宮崎市清武町木原5200

運営事務局

日本コンベンションサービス株式会社 九州支社
〒810-0002 福岡市中央区西中洲12-33 福岡大同生命ビル7F
TEL:092-712-6201 FAX:092-712-6262
E-mail:43jsth[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)