Menu

一般演題募集

演題登録期間

2021年11月17日(水)正午~2022年2月10日(木)正午

COIの申告

演題の登録にあたってはCOIの申告が必須です。
発表内容に関連する企業などに対して、抄録登録時に所定の書式によってCOI状態の有無の申告が必要です。
共同発表者全員が申告対象者となりますのでご注意ください。
COIの細則につきましては下記をご参照ください。

日本高血圧学会 利益相反(COI)について

日本高血圧学会 利益相反マネージメント施行細則

講演時に開示するスライド例の見本と加工用データ

画像をクリックしてダウンロードしてください。

様式1-A

(様式1-A)口頭発表時、
申告すべきCOI状態がない時

様式1-B

(様式1-B)口頭発表時、
申告すべきCOI状態がある時

様式1-C

(様式1-C)
ポスター掲示の時

応募資格・方法

応募はホームページからのオンライン登録のみといたします。本ページ下部のリンクボタンより応募画面にお進みください。
共同演者を含め発表者全員が本学会の会員であることが必要です。演題申し込みの際に会員以外の方がいらっしゃいましたら、下記の学会事務局へ入会の申込み手続きを行ってください。

※但し、メディカルスタッフの方につきましては非会員でもご登録いただけます。

※非会員の大学生、大学院生、初期研修医の学会発表につきまして
日本高血圧学会総会及び臨床高血圧フォーラムにおける口演、ポスター発表は今までは正会員または準会員に限っていました。
このたび若い研究者の育成を目的として、非会員の大学生、大学院生、初期研修医の方(日本への留学生含む)には発表する共著者に日本高血圧学会の会員がいる場合に限り、非会員の場合でも口演、ポスター発表を行えるようにいたしました。
またこの場合の総会及び臨床高血圧フォーラムの参加費はその規定に従っていただきます。
なお、プログラム・抄録集は必要な方は、事前の場合は日本高血圧学会事務局に購入を申し込むか、または開催期間に会場受付で購入お願いします。

学会事務局:特定非営利活動法人日本高血圧学会事務局
〒113-0033 東京都文京区本郷3-28-8 日内会館2階
TEL:03-6801-9786 FAX:03-6801-9787
URL:http://www.jpnsh.jp/nyukai.html

発表形式

公募1. 一般演題(口演希望)
公募2. 一般演題(ポスター希望)
公募3. 一般演題(どちらでも可)
指定演題 (事務局よりご依頼させて頂いた方のみの登録)

一般演題カテゴリー

発表形式で「一般演題」を選択のうえ、下記より応募するカテゴリーを選択してご応募ください。

一般演題カテゴリー1

1. 基礎(Basic)
2. 臨床(Clinical)
3. 基礎+臨床(Basic and Clinical)
4. 疫学(Epidemiology)
5. 症例報告(Case report)
6. メディカルスタッフ(Medical staff)

一般演題カテゴリー2

A01. 成因・病態(分子生物学) B04. 高血圧や合併症の診断(脈波)
A02. 成因・病態(発生分化) B05. 高血圧や合併症の診断(画像診断)
A03. 成因・病態(遺伝学) B06. 高血圧や合併症の診断(その他)
A04. 成因・病態(疫学) C01. 高血圧性臓器障害(脳)
A05. 成因・病態(ライフスタイル
※食塩)
C02. 高血圧性臓器障害(心臓)
A06. 成因・病態(ライフスタイル
※食塩以外)
C03. 高血圧性臓器障害(腎臓)
A07. 成因・病態(神経調節) C04. 高血圧性臓器障害(血管)
A08. 成因・病態(酸化ストレス) C05. 高血圧性臓器障害(その他)
A09. 成因・病態
(レニン-アンジオテンシン-
アルドステロン系)
D01. 治療(非薬物療法)
A10. 成因・病態(血管作動性物質) D02. 治療(薬物療法)
A11. 成因・病態
(メタボリックシンドローム、
インスリン抵抗性・肥満)
D03. 治療(遺伝子治療)
A12. 成因・病態(その他) D04. 治療(再生医学)
B01. 高血圧や合併症の診断(二次性高血圧) D05. 治療(その他)
B02. 高血圧や合併症の診断
(血圧・心拍測定)
E01. その他
B03. 高血圧や合併症の診断
(血圧・心拍変動)

奨励賞及び優秀賞

発表形式が「一般演題」希望の場合に限りエントリーできます(複数応募不可)。
なお、賞の決定は各賞選考委員会にご一任ください。

①クリニカルアワード 臨床演題であれば、どなたでも対象
②チーム医療優秀賞 メディカルスタッフ対象
③症例発表優秀賞 症例報告発表者対象

※受賞者には賞状および副賞が授与されます。

※開業医師や一般病院勤務医師の先生方が中心となって行っている臨床試験(実地医家アワードの対象となります)

※看護師・薬剤師・栄養士・検査技師・各療法士などメディカルスタッフの方々による高血圧に関する研究(チーム医療優秀賞の対象となります)

女性研究者奨励賞

女性研究者の活動を奨励するために、2015年に創設されました。ご応募いただいた中から、ダイバーシティ推進委員会が優秀な演題を選出し、その栄誉を讃え表彰いたします。ダイバーシティ推進委員会の活動については、こちらのホームページをご覧ください。
女性の医師・メディカルスタッフを対象とします。上記奨励賞および優秀賞とあわせてご応募いただけます。
なお、賞の決定は各賞選考委員会にご一任ください。

※受賞者には賞状および副賞が授与されます。

文字数制限・入力について

  • 演題名:日本語全角換算 100文字
    抄録:日本語全角換算 800文字

    ※登録画面には文字数制限がございます。上記の文字数を超えた場合は登録できません。

  • 図表の使用はできません。
  • 英字および数字はスペースを含め半角で入力してください。
  • 空欄は必ず左詰にしてください。抄録本文記入欄も同様、先頭行は1マス空けたりせずに左詰で入力してください。
  • 登録可能な最大著者数(筆頭著者+共著者)は15名まで、登録可能な最大所属機関数は10機関までです。

演題登録の注意点

  • 応募されたすべての演題の著作権は日本高血圧学会に帰属します。
  • 演題受付期間内であれば、一旦登録された演題の変更、削除が可能です。その際に「受付番号とパスワード」が必要となりますので、必ずお控えください。登録完了の際の自動配信メールにも記載がございます。
  • 締め切り当日はアクセスが集中し、演題登録に支障をきたすことが考えられますので、余裕を持って登録を行ってください。
  • 登録締切り後の原稿の変更及び共著者の追加、変更は一切できませんので十分ご注意ください。
  • 「一般演題応募カテゴリー」より希望のカテゴリー番号を必ず選択してください。セッション編成時の参考にさせていただきます。ただし、最終的な編成については会長にご一任ください。
  • 口演とポスターのいずれの発表形式に割り当てられるかは、会長にご一任ください。

登録演題の確認・修正・削除

演題申込締切までは何度でも、登録した演題を確認・修正・削除することが可能です。
本ページ一番下の「確認・修正」ボタンから、受付番号とパスワードを入力し修正することができます。
修正は必ず上記の方法で行ってください。再登録しないようにお願い致します。

演題受領通知および演題採否通知

演題登録時にご入力いただいたE-mailアドレスあてに受領通知が届きます。
応募演題の採否は、査読委員の評価に基づき会長が決定いたします。採否結果も演題登録時に入力されたE-mailアドレスに通知されます。

届かない場合は、迷惑メールフォルダを念のためご確認ください。

演題登録

演題に関してのご質問・お問い合わせ

第10回臨床高血圧フォーラム 運営準備室
日本コンベンションサービス株式会社内
TEL:06-6221-5933
Email:program-10fch@convention.co.jp

ページトップ

ページトップ