第52回日本脊椎脊髄病学会学術集会の開催にあたって

第52回日本脊椎脊髄学会学術集会
会長 種市 洋
獨協医科大学医学部整形外科学教室 主任教授

 第52回日本脊椎脊髄病学会学術集会は2023年4月13日(木)〜15日(土)、「格致日新(かくちにっしん)」をテーマとして、札幌コンベンションセンターおよび札幌市産業振興センターにおいて開催する運びとなりました。半世紀以上の長い歴史をもつ本学会学術集会を獨協医科大学整形外科学教室が担当させていただますことを大変光栄に存じ、心より感謝申し上げます。
 超高齢化社会という現状において、今後もわが国が活力ある社会を維持していくためには健康で自立した日常生活を送れる期間である「健康寿命」の延伸が喫緊の課題です。筋・骨格・神経系からなる運動器の健康は自立した日常生活を支える基本で、健康寿命延伸の絶対条件といえます。とくに脊椎・脊髄は運動器の機能を保証する中核であり、その障害からの回復や機能維持に果たす脊椎脊髄外科の役割は極めて重要といえます。「格致日新」とは物事の道理や本質を追い求めて知識を深め、日々向上していくという意味です。健康寿命の延伸のためには「実効性の高い医療の提供」が求められ、そのためには私たちは病態や治療原理の本質を見極め、着実に脊椎精髄外科を発展させていかなければなりません。本学術集会では「格致日新企画」として、病態の本質に迫る基礎研究、治療原理の根本を見据えた脊椎脊髄外科治療、質の高い外科医育成を図る新たな教育法、あるいは、実効性の高い治療のためのイノベーションに関するシンポジウムやディベートを計画しています。また、1年後に迫った医師の働き方改革、医療の質を担保する医療安全、医学研究実施のための研究倫理や関連法規などを取り扱う多くの企画をご用意しています。学会主導研究セッション、国際化推進を狙ったEnglish Presentation Session等、本会が従来展開してきた企画も継続して実施いたします。
 第52回学術集会は北の大地・札幌市で開催させていただきます。コロナ禍にあり、なお確実に見通せない現状ではありますが、会員の皆様が一堂に会し、活発な議論を展開し、直接のパーソナルコミュニケーションがとれる開催形式を基本に準備を進めているところです。札幌は桜前線が届く前の水芭蕉やフキノトウなどが咲く早春の季節です。ご参加いただける会員の皆様が本学術集会を十分にご満喫いただけるよう教室員一丸となって準備して参りたいと思います。

謹 白