日本マイクロサージャリー学会学術集会

The 49th Annual Meeting of the Japanese Society for Reconstructive Microsurgery

会長挨拶

会長 大井 宏之
第49回日本マイクロサージャリー学会学術集会
会長 大井 宏之
(聖隷浜松病院 手外科・マイクロサージャリーセンター)

第49回日本マイクロサージャリー学会学術集会を2022年12月1日(木)~2日(金)、アクトシティ浜松で開催させていただきます聖隷浜松病院 手外科・マイクロサージャリーセンターの大井と申します。今回の学術集会は2023年には創立50周年の節目を迎えますが、その1年前の学会となります。また歴史のある本学会ですが、静岡県では初めての開催になります。

私は富山大学医学部を卒業後、長野県佐久総合病院で臨床研修をうけ、その後に同病院の整形外科でトレーニングを受けました。その当時の上司である隅田潤先生が新潟大学整形外科の手外科班出身の先生であったため、整形外科を初め手外科やマイクロサージャリーの手ほどきを受けました。佐久総合病院は病院としては珍しく、ラットなどを使い実験やトレーニングができる施設がありました。救急も断ることなく受けていただめ切断指や多くの外傷の治療をさせていただきました。また新潟手の外科研究所の吉津孝衛先生も月に一度ぐらいに来られていたので、四肢再建などのご指導もいただきました。マイクロサージャリー学会には、米満弘之先生が1988年に熊本で開催された15回の会に初めて参加し、技術講習会などへも参加させていただきました。

今回の学会のテーマは“多様性”とさせていただきました。新型コロナウイルスの感染拡大でface to faceの議論や会話ができない中でも、医療や社会は、むしろ個々に独自性をもって日々進歩していると思います。また、コロナ禍でなければ得られなかった新たな技術開発や経験もかなり多いことと思います。2022年12月ごろにはwith or afterコロナの状態となり、何らの方策でin personの学会が可能となっているはずです。従いまして、しばらく直接議論できずに心に秘めてきたもの、コロナ禍で得られた様々なことなどを議論・共有し、協調し合う場にしたいと思います。また医学だけにとどまらず他分野との交流も深めたいと思っております。

学会ポスターのベースデザインは会場近くにある静岡県立文化芸術大学の卒業生と共に考えさせていただきました。非常にシンプルなデザインですが、そこに共通するwordは「糸」です。簡単にご説明させていただきますと(詳細は近日HP上などで紹介させていただきたいと思います)、浜松の産業のbaseや音楽、浜松の人々の情熱と大空を舞う凧をつなぐ、マイクロサージャリーなどに共通するwordが「糸」になります。そこでストリングスアート版画の技法を使用し作製いたしました。糸の色はそれぞれ、動脈、静脈、神経もしくはリンパ管を表しております。なお線は一定の方向を向いていますが1本1本違ういわゆる多様性を示しています。

特別講演は、こちらも浜松にゆかりのある医学にとどまらず他分野の先生方にもお願いしております。また技術講習会、各種セミナーなどを企画しております。

浜松は東京や大阪から1時間30分程度で来られますし、会場のアクトシティ浜松は浜松駅と連結しているため非常にアクセスは良いです。学会開催の12月頃は晴天率がかなり高く学会前後の観光なども楽しんでいただければと思います。

浜松に是非ともおこしいただきますようよろしくお願い申し上げます。

page top