日本マイクロサージャリー学会学術集会

The 49th Annual Meeting of the Japanese Society for Reconstructive Microsurgery

演題募集

第49回日本マイクロサージャリー学会学術集会のシンポジウム、パネルディスカッション、一般演題、ビデオセッションを募集いたします。皆様からの多数のご応募をお待ちしております。

  • 発表形式は、口演(PCプレゼンテーション)のみとします。
  • 演題の採否、発表時間、発表分類等の決定は事務局に一任ください。
  • 各プログラムの演題名等は、募集時から変更となる場合がございます。

演題募集期間

2022年5月10日(火)~7月18日(月)正午

演題登録方法

演題の登録には大学病院医療情報ネットワーク(UMIN)の演題登録システムを使用いたします。
演題登録画面へ進むボタンは本ページ下段にございますが、以下の注意事項を十分お読みいただいた上で演題登録画面へお進みください。
不明な点がございましたら、オンライン演題登録システムFAQ をご確認いただいた上で、運営事務局までご連絡ください。
※UMINのセキュリティーポリシーについてはこちら をご覧ください。

応募規定

筆頭演者は本学会員に限ります。
筆頭演者で非会員の方は、下記の日本マイクロサージャリー学会事務局へ至急入会手続をおとりください。

<会員・新入会に関するお問合せ先>
日本マイクロサージャリー学会事務局
〒169-0072 東京都新宿区大久保2-4-12
新宿ラムダックスビル (株)春恒社内
TEL:03-5291-6231(代)/ FAX:03-5291-2176
Email:micro[あ]shunkosha[ど]com([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

応募区分

シンポジウム(指定・一部公募)

  • マイクロサージャリーにおける治療機器・診断機器の最前線
  • 血管・リンパ管吻合、神経縫合以外の顕微鏡を用いた治療
  • マイクロサージャリーをすべき治療・しなくてもよい治療
  • Orthoplastic Microsurgery・Aesthetic Microsurgery
  • Robotic microsurgeryと新しい血管吻合器の開発
  • 小児疾患に対するマイクロサージャリー
  • COVID-19とマイクロサージャリー
  • マイクロサージャリー、教育とキャリアアップ
  • 教わったこと、伝えたいこと
  • 神経修復の多様性

パネルディスカッション(指定・一部公募)

  • 重症下肢虚血(CLI)に対する救肢法(血行再建・遊離組織移植術)
  • 安全な遊離皮弁のための手術法、抗凝固療法、血行チェック法
  • 指尖指腹部欠損の皮弁選択・その方法のどこがいいのか
  • 手舟状骨偽関節に血管付き骨移植は必要か
  • 骨壊死の治療選択
  • 機能面から見た上肢組織欠損の再建法
  • Frozen Neck症例におけるマイクロサージャリーの工夫
  • 機能回復を目指した手指再接合術とリハビリテーションのノウハウ
  • 乳房再建:各皮弁の血管解剖 
  • 乳房再建:自家組織移植、人工物、脂肪注入の組み合わせの工夫
  • リンパ浮腫:各種イメージングを用いた最適なリンパ管の選択法
  • リンパ浮腫:外科療法のタイミングとエビデンス

ビデオセッション(指定・一部公募)

  • 私が得意とする皮弁・その極意
  • 穿通枝皮弁・nano microsurgery

一般演題(公募)

※一般演題分類のプルダウンメニューから一つ選択してください。

01. 再接着 02. 皮弁
03. 骨移植 04. 頭頚部
05. 躯幹 06. 乳房
07. 上肢 08. 下肢
09. リンパ 10. 血管
11. 腫瘍 12. 神経
13. リサーチ 14. 採取部
15. 解剖 16. その他

抄録作成要領

抄録は以下の要領にて作成してください。

演題名:全角50文字以内(英語演題名は半角100文字以内)
抄録本文:発表希望形式にかかわらず、全角800文字以内(英語抄録は半角1,600文字以内)
 ※図表、ローマ数字、○付き数字、半角カタカナは使用できません。
 ※【目的】【方法】【結果】【考察】の順に記載してください。
共著者:最大12名まで
所属施設:最大6施設まで
総文字数:著者名・所属・演題名・抄録本文の合計 全角1,300文字

オンライン演題応募について

登録について

  • ご使用になるコンピュータ環境によっては当サイトから登録できない可能性があります。(ローカルネットへの外部からの侵入を防ぐためにファイアーウォールが設定されている場合など)登録用にコンピュータ環境を修正し登録できる環境を確保してください。
  • 登録は電子メールによる連絡が円滑に行える環境であることが条件になります。必ずご本人に連絡がつく電子メールアドレスが必要です。演題登録後完了後、UMIN事務局より受領通知が自動的に電子メールにて配信されますので、電子メールを必ずご確認ください。受領通知メールが配信されない場合は以下の問題が考えられます。
    A. 電子メールアドレスの入力が間違っている。(登録自体は完了している。)
    →登録は正常に完了されておりますので、再度登録を行っていただくと演題重複の原因となります。再登録を行っていただく前に必ず【確認・修正画面】にてご確認ください。
    B. 【確認・修正画面】で登録情報を確認できない場合。
    →登録が正常に完了していません。再度手順に従って登録してください。受領通知メールが届かない場合、必ず締切日までに運営事務局まで登録の有無をご確認ください。
  • UMINオンライン演題登録システムでは、Safari、Firefox、Google Chrome、Microsoft Edge以外のブラウザでは演題登録できません。それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。なお、各ブラウザは最新バージョンの使用を前提としております。

入力の前に

  • ご本人が登録されたデータをそのまま使用して抄録集を作成します。ミスタイプには充分ご注意ください。
  • 演題登録締切後は、共同演者の追加・変更も含め原稿の変更は一切お受けすることができません。確認を頂きますようお願いいたします。

登録手順

  1. 「新規演題登録」ボタンからご登録画面にお進みください。
  2. 演題登録を終了する前にパスワードを入力する欄があります。パスワードは半角英数文字6~8文字で任意ですが、普段他でご使用のパスワードと同一にしないでください。
  3. 使用文字について
    • ①、②、③のようにまる数字は使用できません。
    • Ⅰ、Ⅱ、Ⅲのようなローマ数字も使用できません。
    • 英字の組み合わせで、II、VI、XIのように入力してください。
    • シンボル(symbol)書体半角(1バイト文字)のα β γ等を使用するとabcなどに自動変換されてしまいますので使わないようにしてください。必ず全角(2バイト文字)のα β γを利用してください。
  4. その他の特殊文字のご使用について
    • 半角カタカナは使用できません。カタカナは全角で入力してください。
    • 英字および数字は半角で記入してください。
    • タイトルおよび抄録本文で上付き文字、下付き文字、斜め(イタリック)文字、太文字、改行、アンダーラインを使うときに用いる、<SUP></SUP>、<SUB></SUB>、<I></I>、<B></B>、<BR>、<U></U>の記号はすべて半角文字(1バイト文字)を使用してください。
    • 本文中に単独で < または > を利用するときは、全角文字(2バイト文字)を使用してください。
      例)p<0.05, CO>2.2
    • 英文や数字を入力する際、O(アルファベット)と0(数字)や、l(アルファベットL小文字)と1(数字)、あるいはX(アルファベット)と×(かける)などきちんと区別してください。
    • 音引き「ー」とダッシュ「―」、マイナス「-」とハイフン「-」などの使い分けをしてください。
    • 英文入力の際にひとつの単語をハイフン(-)で切ることは行わないでください。
  5. 登録の完了
    • 登録画面でデータを入力後、一番下の「次に進む」ボタンをクリックすると、確認画面に変わります。この画面で、入力データを確認してから、登録ボタンをクリックしてください。これで登録は完了です。
    • 登録が終了しますと、登録番号が電子メールにてUMIN事務局より自動発行されます。
    • 登録番号の発行をもって、演題登録は終了です。
    • 画面に登録番号が表示されない場合は、まだ受け付けられていませんのでご注意ください。
      ※発行された登録番号とパスワードは忘れないように、自己責任において管理してください。
    • 一パスワードをお忘れになられましても、セキュリティの関係から、事務局ではパスワードに関する問い合わせには一切お答えできませんのでご了承ください。
      ※また、演題登録をした後は、確実に登録されているか、「確認・修正」画面にて登録番号とパスワードを用いて必ずご確認いただくようお願い申し上げます。
  6. 登録演題の修正
    一度登録された演題に修正を加えるときは、「確認・修正」ボタンを使用します。 締切前であれば、登録番号とパスワードを入力することにより、何度でも修正・確認をすることができます。また、登録された演題を削除することもできます。

演題登録/確認・修正

暗号通信(推奨)

平文通信

※締切後はシステムが自動的に終了いたします。締切以降の修正・登録・削除はできません。演題登録について不明な点、疑問等がございましたら下記のページをご覧ください。

オンライン演題登録システムFAQ(一般利用者用)
うまく利用ができない場合には、お問い合わせの前にUMINホームページで障害が発生していないかまずご確認ください。
UMIN一般公開ホームページ

採択結果

プログラム確定後、演題採択・発表時間のお知らせは、10月上旬頃にお知らせいたします。
演題の採否、発表時間、発表分類等の決定は事務局にご一任ください。

お問合せ先

第49回日本マイクロサージャリー学会学術集会 運営事務局
日本コンベンションサービス株式会社 中部支社
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-10-19 名古屋商工会議所ビル6F
TEL:052-218-5822 Email:49jsrm[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

page top