第31回日本医療薬学会年会

プログラム/日程表

特別講演

教育講演

シンポジウム

International Symposium

ワークショップ

特別講演

特別講演1  循環器疾患薬物治療のエビデンス(仮)

10月9日 13:00~14:00

演者: 小川 久雄 (熊本大学)

特別講演2  バイオ3Dプリンタを用いた臓器再生の現状とこれから(仮)

10月9日 14:00~15:00

演者: 中山 功一 (佐賀大学医学部附属再生医学研究センター)

特別講演3  医療薬学を基盤とした製剤開発とマネジメント(仮)

10月10日 12:30~13:30

演者: 佐々木 均 (長崎大学病院)

特別講演4  AIDS治療薬開発からB型肝炎とCOVID-19治療薬の開発へ(仮)

10月10日 13:30~14:30

演者: 満屋 裕明 (国立国際医療研究センター)

教育講演

教育講演1  薬剤師に期待すること(仮)

10月10日 8:30~9:30

演者: 駒ヶ嶺 順平 (独立行政法人国立病院機構 栃木医療センター)

教育講演2  POSの実践~継続的な薬学管理のために~(仮)

10月10日 9:30~10:30

演者: 山本 雄一郎 (有限会社アップル薬局/I&H株式会社/熊本大学薬学部)

シンポジウム

シンポジウム1
がん医療における腎機能を考慮したアプローチとは 
~化学療法から緩和療法をシームレスに考える~

10月9日 9:00~11:00

シンポジウム2
がん専門薬剤師の介入と症例のまとめ方~希少症例への関わり方~

10月9日 15:10~17:10

シンポジウム3
地域で取り組むがん薬物療法支援〜連携充実加算と特定薬剤管理指導加算2の算定促進に向けて

10月9日 9:00~11:00

シンポジウム4
がん薬物療法に対応する薬剤師育成と病診薬連携の構築

10月9日 13:00~15:00

シンポジウム5
その一歩を踏み込むために ー 今、知りたいがん生殖医療実践のリアル ー

10月9日 15:10~17:10

シンポジウム6
服薬アドヒアランス維持困難例での戦略的介入を考える 環境変化 地域連携 入退院支援 遠隔指導の視点から

10月9日 9:00~11:00

シンポジウム7
『HIV感染症×がん化学療法×緩和医療』への挑戦 〜高度薬学管理に求められる薬剤師の新たな可能性〜

10月9日 13:00~15:00

シンポジウム8
より良いがん医療を志向する次世代リーダー(pharmacist-scientists)の育成

10月9日 15:10~17:10

シンポジウム9
がん治療における副作用マネジメントへの挑戦と進化 ~未来志向で行う臨床研究~

10月9日 9:00~11:00

シンポジウム10
臨床の薬剤師が行う症例報告

10月9日 13:00~15:00

シンポジウム11
コロナ禍を経て全ての薬剤師に求められる感染症領域の知識とスキル

10月9日 15:10~17:10

シンポジウム12
支持/緩和治療領域研究におけるプラセボ対象二重盲検試験の実施可能性 ~薬剤師の職能を生かして~

10月9日 9:00~11:00

シンポジウム13
販売情報提供ガイドラインは情報共有を阻害しているか?~GL後の情報提供の在り方と臨床現場の情報ニーズ

10月9日 13:00~15:00

シンポジウム14
製薬企業から提供される情報の適正化に向けて ~新しい生活時代では製薬企業からの情報をどう扱うか~

10月9日 15:10~17:10

シンポジウム15
広い視野から質の高い薬学的アプローチを実現する! ~専門薬剤師への期待~

10月9日 9:00~11:00

シンポジウム16
Onco-Nephrologyで試される薬剤師力~多職種連携によるチーム医療とエビデンス創出~

10月9日 13:00~15:00

シンポジウム17
腎機能低下患者のがん薬物療法をアップデートする 〜最新知見と課題〜

10月9日 15:10~17:10

シンポジウム18
臨床におけるバイオシミラーの現状、さらなる普及とその課題

10月9日 9:00~11:00

シンポジウム19
感染症診療に従事する最前線の若手薬剤師から届ける薬物治療介入実践例とエビデンス

10月9日 13:00~15:00

シンポジウム20
「改訂モデル・コアカリキュラムと次世代を担う薬剤師教育の質的向上と課題」

10月9日 15:10~17:10

シンポジウム21
血圧管理の innovation ~薬剤師はどこまで貢献できるか?~

10月9日 9:00~11:00

シンポジウム22
心不全管理をめぐる諸問題において薬剤師が持つべき視点とは?

10月9日 13:00~15:00

シンポジウム23
医療DXの中で果たすべき薬剤師の役割−電子版お薬手帳普及の阻害要因は何なのか−

10月9日 15:10~17:10

シンポジウム24
医療現場における研究の考え方・進め方〜初学者向け〜

10月9日 9:00~11:00

シンポジウム25
フレイルと栄養対策、薬剤師の挑戦

10月9日 13:00~15:00

シンポジウム26
インフォデミックを許すな!COVID-19下で問われる薬剤師の役割

10月9日 15:10~17:10

シンポジウム27
TDMエビデンスの創出・進化に向けたあくなき挑戦

10月9日 9:00~11:00

シンポジウム28
個別化医療において活用される薬物動態の臨床および基礎研究

10月9日 13:00~15:00

シンポジウム29
大規模医療データベースを使いこなそう ~レセプト情報データベースを用いた医薬品の有効性と安全性の評価~

10月9日 15:10~17:10

シンポジウム30
未来志向で取り組む、服薬フォローアップ実践のためのトレーシングレポート活用

10月9日 9:00~11:00

シンポジウム31
薬物治療の患者フォローアップに必要なスキル -薬効・副作用を検体検査や画像所見と結び付けて評価する-

10月9日 9:00~11:00

シンポジウム32
地域包括ケアシステムにおける患者と医療をエビデンスで支える地域フォーミュラリーの構築を目指して

10月9日 13:00~15:00

シンポジウム33
薬局における薬学管理の実際と記録

10月9日 15:10~17:10

シンポジウム34
妊婦授乳婦薬物療法のリスク評価の戦略に有用な最新知見

10月9日 9:00~11:00

シンポジウム35
医療薬学の魅力を広く伝えるにはどうすべきか薬学生と考える

10月10日 14:40~16:40

シンポジウム36
救急集中治療における働き方改革とタスク・シフティング

10月10日 8:30~10:30

シンポジウム37
新型コロナ感染症流行期におけるがん治療への関わり方~薬剤師ができたこと、目指すこと~

10月10日 8:30~10:30

シンポジウム38
今、求められる薬局と医療機関の連携体制

10月10日 12:30~14:30

シンポジウム39
長期フォローを実現するためのirAEマネジメントの勘所 -その先に見えるもの-

10月10日 14:40~16:40

シンポジウム40
高齢者のポリファーマシー対策指針~明日からの始め方と進め方~

10月10日 14:40~16:40

シンポジウム41
リアルワールドデータを活用した臨床研究の実践―医療薬学分野のデータサイエンス―

10月10日 8:30~10:30

シンポジウム42
明日から使える!薬剤師のための医療ビッグデータ解析

10月10日 12:30~14:30

シンポジウム43
糖尿病領域で病院・薬局薬剤師が目指す継続的薬学管理 ~Personal Oriented の療養生活に対するかかわり〜

10月10日 14:40~16:40

シンポジウム44
COVID-19対応における薬剤師の役割を考える -病院・薬局・大学の現場に向けて-

10月10日 12:30~14:30

シンポジウム45
在宅がん患者に関わる多職種の協働 ~医療従事者育成事業におけるコンピテンシーとは~

10月10日 8:30~10:30

シンポジウム46
災害時における薬剤師の役割 ~災害サイクル急性期から慢性期までの地域における医薬品供給体制を考える~

10月10日 12:30~14:30

シンポジウム47
災害時における情報の収集、共有そして活用-最適な薬物療法を提供するためのストラテジー

10月10日 14:40~16:40

シンポジウム48
中京薬剤師会の連携強化の流れは止まらない ~地域薬剤師会活動の進化・深化・真価~

10月10日 8:30~10:30

シンポジウム49
精神科臨床に貢献する薬剤師の育成〜基礎・教育から臨床まで

10月10日 12:30~14:30

シンポジウム50
一般科×精神科 ~ 一般科で活かす精神科的アプローチ ~

10月10日 14:40~16:40

シンポジウム51
薬剤師・医療薬学分野における男女共同参画-薬剤師のキャリアパスを考える

10月10日 8:30~10:30

シンポジウム52
多様な薬剤師の進路における女性のキャリアパス、働き方、未来像を考える

10月10日 12:30~14:30

シンポジウム53
薬剤師の覚悟が問われる?薬局での緊急避妊薬販売

10月10日 14:40~16:40

シンポジウム54
今処方監査で一番難しいのは直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)の投与量だと思うのでそれについて考えてみよう

10月10日 8:30~10:30

シンポジウム55
医療ニーズに対応した入退院支援を考える – 病院機能別入退院支援業務の分析と先進事例から –

10月10日 12:30~14:30

シンポジウム56
周術期管理におけるタスクシフトの本来の薬剤師のあるべき姿

10月10日 14:40~16:40

シンポジウム57
研究活動と臨床能力の向上を目指して

10月10日 8:30~10:30

シンポジウム58
若手研究者が繋ぐ医療薬学異分野研究~独創的な研究展開を目指して~

10月10日 12:30~14:30

シンポジウム59
即実践!期待に応える薬剤師業務、若手育成の新展開

10月10日 14:40~16:40

シンポジウム60
今、起そう︕薬剤師デジタルトランスフォーメーション 〜医療業界へのデジタル化の波をいかに乗り切るか〜

10月10日 8:30~10:30

シンポジウム61
小児緩和ケアと薬物療法 〜薬剤師はどう関わるのか〜

10月10日 12:30~14:30

シンポジウム62
摂食嚥下障害の理解と適正な服薬支援に対する薬剤師の介入

10月10日 14:40~16:40

シンポジウム63
Well-beingを患者に届けよう~心リハと腎薬が醸すロバスト、運動、栄養、そして心腎連関~

10月10日 8:30~10:30

シンポジウム64
薬剤師の力で進める患者マネジメントの質改善 -他施設の事例から薬剤師としての実力の発揮の仕方を学ぶ-

10月10日 12:30~14:30

シンポジウム65
脳卒中・循環器病対策基本法の施行を受けて~患者を診る薬剤師育成の進め方~

10月10日 14:40~16:40

シンポジウム66
アカデミック・ディテーリングが医療薬学の未来を変える~科学的視点から専門性を発揮する薬剤師の挑戦~

オンデマンド配信のみ

シンポジウム67
コロナ禍で感じた薬剤師のプロフェッショナリズム 〜いま、若い世代に引き継ぐべきこと〜

オンデマンド配信のみ

シンポジウム68
大規模医療情報の標準化のための統一的管理手法の構築と利活用

オンデマンド配信のみ

シンポジウム69
将来のために検証し備える -新型コロナウイルス感染症について薬剤師ができたこと、できなかったこと-

オンデマンド配信のみ

シンポジウム70
病棟業務を可視化する指標と方法を再考する -今こそ示したい!病棟における薬剤師のプレゼンス-

オンデマンド配信のみ

International Symposium

International Symposium1
Challenge and Development of Pharmaceutical Health Care and Sciences for the Next Decade 第1部

10月10日 12:30~14:30

Internatipnal Symposium2
Challenge and Development of Pharmaceutical Health Care and Sciences for the Next Decade 第2部

10月10日 14:40~16:40

ワークショップ

ワークショップ
薬物療法専門薬剤師申請症例書き方

page top

主催

一般社団法人日本医療薬学会

年会事務局

熊本大学病院薬剤部
〒860-8556 熊本市中央区本荘1-1-1

運営事務局

日本コンベンションサービス株式会社 九州支社
〒810-0002 福岡市中央区西中洲12-33 福岡大同生命ビル7階
TEL:092-712-6201 FAX:092-712-6262
E-mail:31jsphcs[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)