APFSRM2020 第5回アジア太平洋マイクロサージャリー学会 / 第47回日本マイクロサージャリー学会学術集会

ご挨拶

第47回日本マイクロサージャリー学会学術集会会長
JA山口厚生連 小郡第一総合病院 整形外科
服部 泰典

服部 泰典

この度、第47回日本マイクロサージャリー学会学術集会を、2020年11月20日(金)〜 21日(土)の2日間、北九州国際会議場において開催させていただくことになりました。本学会を山口大学整形外科出身者が開催するのは、第17回(1990年)の土井一輝先生、第39回(2012年)の酒井和裕先生についで3回目となります。私は1991年に山口大学を卒業し、その当時山口大学で活躍されていた土井先生、酒井先生や伊原公一郎先生の鮮やかなマイクロサージャリーの手術に憧れて山口大学整形外科に入局しました。1995年からJA山口厚生連小郡第一総合病院に勤務し、土井先生のもとでマイクロサージャリーの研鑽を積んでいます。大学卒業後満30年の記念すべき年に本学術集会を開催させていただくことができ、誠に感慨深いものがあります。

日本マイクロサージャリー学会は、多くの先達の偉大な業績により世界のマイクロサージャリーを牽引し続けており、2023年には節目となる50周年を迎えます。最近では、穿通枝皮弁、リンパ管静脈吻合術などの新たな領域も普及してきている一方、マイクロサージャリーに興味を持つ若い医師が減少し、本学会の会員数が伸び悩んでいるという課題を抱えています。学会テーマは、“Pioneering the Future of Microsurgery(マイクロサージャリーの未来を切り拓く)”とさせていただきました。先達の偉大な業績を振り返るとともに、本学会の将来を担う若いマイクロサージャンがその未来について深く議論する場になればという想いが込められています。

本来であれば、第47回日本マイクロサージャリー学会学術集会は第5回アジア太平洋マイクロサージャリー学会(5thAPFSRM)との合同学術集会となる予定でした。しかし、新型コロナウィルス感染の拡大のために、5thAPFSRMは2021年に延期され第48回日本マイクロサージャリー学会学術集会(会長:筑波大学形成外科関堂充先生)との合同学術集会となります。新型コロナウィルスと人類の戦いはまだ続くと思われますが、医療の分野においてもポストコロナ時代を見据えた対応が要求されています。このような大きな社会の変革が起こりつつある状況のなか、本学術集会を開催させていただきます。2020年前半に開催予定となっていた多くの学会が中止や延期、Web開催に変更となっており、これからの学術集会のあり方、開催方法にも変革が必要とされています。オンラインでもお互いの顔をモニター画面で見ることができるので、“face to face”の情報伝達が可能かもしれません。しかし、究極の職人技であるマイクロサージャリーには“in person”でしか伝えられない極意があります。新型コロナウィルス禍を前向きな気持ちで捉え、日本マイクロサージャリー学会のさらなる発展のきっかけとなるような学術集会が開催できることを願っております。

開催地の小倉は古き良き日本の文化と最先端のロボット技術を持ち合わせた新旧の魅力が息づく街であり、九州各地や山口県などへのアクセスも便利な都市です。紅葉と美味しい地元の料理とともに、11月の連休をお楽しみいただけたら幸いに存じます。どうぞ多数の演題のご登録と多くの会員の皆様のご参加をお待ち申し上げております。

page top