第46回日本臓器保存生物医学会学術集会

会期:2019年11月8日(金)・9日(土)
会場:ふくしま医療機器開発支援センター
会長:小林 英司(慶應義塾大学医学部 臓器再生医学寄附講座)
テーマ:産・学・官・民の連携による臓器保存生物学の新展開
大きいサイズで再生する
大きいサイズで再生する
大きいサイズで再生する
What's new
2019.07.17 演題募集を締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。
2019.07.05学会日程中、学会場「ふくしま医療機器開発支援センター」の視察ツアー(両日ともに13:00~30分程度)を開催致します。
事前エントリーを開始しました。

7月15日(火)まで引続き演題募集をしております。奮ってご応募ください。
2019.06.016月1日(土)より演題募集を開始いたします。演題募集頁へ
皆様のご応募、お待ちしております。
各セッションのテーマと企画内容(学術プログラム・日程表頁へ)についても併せてご覧ください。
2019.05.28学会日程中、学会場「ふくしま医療機器開発支援センター」の視察ツアー(両日ともに13:00~30分程度)を開催致します。事前エントリー制となります。
この視察ツアーは、非会員でも学会参加費(12,000円)をお支払い頂ければ、参加可能となっております。
視察ツアーは、人数制限がございますので、必ず事前エントリー(先着順)をお願い致します。
2019.05.07学会では、PMDAにて医療機器などの審査を担当されていた方、および経済産業省商務情報政策局
ヘルスケア産業課 医療・福祉機器産業室の方にコメンテーターとしてご意見を頂くセッションを企画しております。
6月1日の演題募集開始時に、詳細をお知らせいたします。
2019.04.01郡山市長・品川萬里 氏のWelcomeメッセージをアップしました。
一般財団法人ふくしま医療機器産業推進機構・理事長 菊地眞 氏のWelcomeメッセージをアップしました。
2019.03.15日程表案をアップしました。
「参加のご案内」に会場アクセスをアップしました。
「関連会議のご案内」に委員会、理事会・社員総会の予定をアップしました。
2019.02.28

「臓器提供を「断念」13件 医療側の問題浮き彫り」2/23(土) 19:16配信 産経新聞
https://www.sankei.com/life/news/190223/lif1902230036-n1.html
日本臓器保存生物医学会発足時からの中心人物のお一人、門田守人先生(現名誉会員)がコメントを述べられています。門田先生には、第46回日本臓器保存生物医学会学術集会で、特別講演をしていただく予定です。

第46回日本臓器保存生物医学会学術集会では、我が国の臓器提供のあり方について、関連する学会と連携しテーマを掲げ取り組んでいます。
「イスタンブール宣言10年を経て日本はどうかわったか?今後どうあるべきか?」
関連する学会はこちら

2019.01.17ホームページを開設しました。

主催事務局

慶應義塾大学医学部臓器再生医学寄附講座(内)
〒160-8582 東京都新宿区信濃町35
担当:絵野沢 伸、山崎 泰助、椎名 彩子

運営事務局

日本コンベンションサービス株式会社
コンベンション事業部 メディカル部
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-2 大同生命霞が関ビル14階
TEL: 03-3508-1214 FAX: 03-3508-1302
E-mail: ob46@convention.co.jp