日本超音波医学会第94回学術集会

会長挨拶

会長:飯島尋子

日本超音波医学会第94回学術集会

会長 飯島 尋子
(兵庫医科大学 消化器内科 教授 / 超音波センター長)

日本超音波医学会は、私が肝臓学を志したと同時に入会したとりわけ思い入れの深い学会であり、この度、会長を拝命し、日本超音波医学会第94回学術集会を開催させていただくことを大変光栄に思いますとともに、責任の重さに身の引き締まる思いでございます。このような機会を与えて下さいました日本超音波医学会の役員、会員の皆様をはじめ関係各位に心から感謝申し上げます。

会期は2021年5月21日から23日の3日間で、神戸ポートピアホテルと神戸国際展示場において開催させていただきます。

今回の学術集会のテーマは「華ひらく超音波医学―次世代医療への展開―」とさせて頂きました。超音波医学は、私が卒業後、僅か30年あまりで、コンタクトコンパウンドから電子スキャン、フルデジタルさらに機能、組織診断へと瞬く間に発展しました。当時の私にとって、超音波が自分自身の熱意や知識で診断治療へと導いてくれる唯一の手段であったため、研究にも医療にも没頭できました。これからも、超音波医学は医学、工学、そして産業分野の方々が連携し、英知を集めることにより大きく華ひらき、医療の進歩に貢献できると確信しており、本学術集会がその先駆けとなりましたら望外の喜びでございます。

今回の学術集会で、特に会長として思いを込めた点をいくつか申し述べます。第1点は超音波画像の解釈と病態を結びつけ、病理との対比も行い深く疾患を考えるCaseカンファレンスを各分野で行うことです。第2点は各分野のエキスパートと同じ技術を身につけて頂くため、超音波塾を開講することです。第3点は超音波の基礎を理解し機器の見える化企画、そして第4点は次世代の医師や工学研究者を目指すキッズ達への模擬実験などから超音波の魅力を体験頂くことです。

学術集会は、同じ志を持つものが一堂に会する場であります。本会が未来に向かって超音波の魅力を発信すると共に、超音波を通じ幅広い方々と様々な角度から情報交換し、友情を深める会になることを祈念しております。
多数の方々のご参加をお待ちしております。

page top