第29回日本心臓核医学会総会・学術大会

会長挨拶

第29回日本心臓核医学会総会・学術大会 会長
中田 智明社会福祉法人函館厚生院 函館五稜郭病院 病院長
中田会長

謹啓
 平素より、当院をご利用ならびに運営にご理解を賜り感謝申し上げます。
 このたび、2019年7月12日(金)~13日(土)の2日間にわたり、フォーポイントバイシェラトン函館(函館JR駅前)にて第29回日本心臓核医学会総会・学術大会を開催させていただくことになりました。
 北海道では2003年以来の2回目で、初めての函館市開催となります。ご承知のように、多くの先進国で少子高齢化・医療費増大が大きな問題となり、特に虚血性心臓病、心不全の患者数の増加が大きな問題です。さらに、2018年度診療報酬改定でみられますように、医療の適正化・標準化の流れの中で、安定型虚血性心疾患の治療にあたり、機能的心筋虚血評価が待機的冠血管インターべンション(PCI)治療の際に必要項目となりました。
 そこで、今回の学術大会のテーマは、下記としました。

心血管疾患の至適治療戦略の構築における心臓核医学の最適化と進化

 心臓核医学は、機能的心筋虚血評価はもとより、薬物・PCI等の適応・治療効果判定やリスク層別化・予後評価で最も豊富なEBMを有してします。近年、機器の進歩、自動解析の進歩、多施設臨床研究-EBMの充実により、内外の臨床診断・治療戦略におおきなインパクトを与えています。
 今回は、学会賞、若い医師のためのポスター発表やモーニングレクチャー、米国心臓核医学会とのジョイントセミナー、ビデオライブ”虚血評価によるPCIの最適化”、生活習慣病から見た心筋傷害・心血管イベントリスク評価、核医学技術セッションを設ける予定です。
 医師—特に循環器内科、心臓血管外科、放射線診断・核医学診断、放射線技師等むけの学術的な学会ですが、ご興味のあるかはどなたでも参加でします(会場費として2日間有効な参加費は必要です)。
 若い医師・技術者の育成と日本の医療への貢献を目指している本会の趣旨をご理解頂き、格別のご高配を賜りたく存じます。
末筆になりましたが、皆さまの益々のご発展を祈念申し上げます。

謹白

平成30年9月吉日

第29回日本心臓核医学会総会・学術大会大会長
社会福祉法人函館厚生院 函館五稜郭病院・病院長
中田 智明