第23回日本臨床救急医学会総会・学術集会

演題募集

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ(一部公募)と、一般演題(口演またはポスター)を募集します。
奮ってご応募ください。

演題募集期間

2019年11月1日(金)~2020年1月8日(水)

演題申し込み方法

演題はすべてインターネットを利⽤したオンライン登録にて受付いたします。
締切直前は⼤変込み合いますので、時間的余裕をもって登録してください。
演題登録はこの演題登録用ホームページ上で完了するため、学会事務局に郵送するものは何もありません。

応募資格

演題は未発表の内容に限ります。
発表にあたっては、演者・共同演者ともに日本臨床救急医学会の会員であることが必須となります。

※応募段階では未入会でも演題登録は可能です。また、本学術集会でのご発表のために入会をいただく場合は、年会費のお振込みを2020年4月1日以降に行ってください(これより前ですと2019年度の会費として扱われます)。

※会員番号は数字8から9桁とアルファベット1字です。なお、入会申請中の方は「99」と入力してください。
会員番号の例)1111-D1111(数字4から5桁-アルファベット、数字4桁)

※演者が消防職員(組織会員)であり、共同演者が同じ職場の職員である場合のみ、入会免除の規定がございます。(本学会は、原則として個人(正会員)で構成される学会ですが、救急隊員の学会参加を促進するべく、消防機関に限り団体での会員登録「組織会員」制度を設けております。

-入会案内・会員番号問合せ先-

日本臨床救急医学会事務所
株式会社へるす出版事業部内
〒164-0001 東京都中野区中野2-2-3
TEL:03-3380-2704 FAX:03-3380-8627
E-mail:jsem-gakkai[あ]umin[ど]ac[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

演題カテゴリー

演題カテゴリーは下記の通りです。下記カテゴリーにないものは「42. その他、上記に該当しないものすべて」にて応募して下さい。 応募数の多いものは新たにカテゴリーを設定します。

シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ(一部公募)

指定演者以外の方が全指定のセッションをお選びいただきましても、演題採択されませんのでご注意ください。

シンポジウム
2020オリパラコンソーシアムと救急医療体制の準備状況について(全指定)
シンポジウム
医師の働き方改革あと2年でどうするか―医師と救急救命士の連携―(一部指定)
シンポジウム
救急医療体制におけるタスクシフティングを考えるー看護師と救急救命士の多職種連携(全指定)
シンポジウム
病院内救命士の活用と多職種連携の在り方(一部指定)
シンポジウム
ドクターカー、ドクターヘリの活用とあるべき病院前医療の多職種連携(一部指定)
シンポジウム
救急救命士の将来の処置拡大とガイドライン2020における評価(一部指定)
シンポジウム
「救急隊による蘇生中止・着手せず」はどの程度普及しているのか(一部指定)
シンポジウム
世界の救急医の働き方と改革について(全指定)
シンポジウム
産科救急における多職種連携~プレホスからインホスまで“コラボ医療”実現のために(全指定)
シンポジウム
救急看護におけるタスクシフティングを考える(全指定)
シンポジウム 救急医療体制の中の読影補助(チーム医療における医療事故防止対策として)(一部指定)
シンポジウム 新時代の幕開け!薬剤師の新たな役割と将来展望(全指定)
パネル
ディスカッション
マスギャザリング大会における熱中症対策と多職種連携(一部指定)
パネル
ディスカッション
バイスタンダーサポート体制と多職種連携(全指定)
パネル
ディスカッション
救急救命士病院実習の在り方について2020(一部指定)
パネル
ディスカッション
小児傷病者の病院前救護と診療における課題(一部指定)
パネル
ディスカッション
救急医療におけるACPを尊重した救急医療体制(全指定)
パネル
ディスカッション
子どもの救急医療をになう次世代を育成する。小児救急医療教育のこれから(全指定)
パネル
ディスカッション
ファーストエイドにおけるメディカルコントロールと多職種連携(全指定)
パネル
ディスカッション
通信指令の重要性と教育普及の在り方―消防機関における多職種連携―(一部指定)
パネル
ディスカッション
多職種連携 救急CT検査時の安全への取り組み(一部指定)
パネル
ディスカッション
救急認定薬剤師に今後期待すること(一部指定)
ワークショップ
ERにおけるGenderを考える-女性医療者の多職種連携-
ワークショップ
プレホスピタルからインホスピタルまでの循環器疾患の多職種連携
ワークショップ
救急医療を支えるAI技術
ワークショップ
指導救命士の活用とMC地域での役割(一部指定)
ワークショップ
これからの移植医療の多職種連携のあり方(全指定)
ワークショップ
救急医療と在宅医療をつなぐ多職種連携(全指定)
ワークショップ
ドクターカーナースの役割とチーム連携(全指定)
ワークショップ 災害支援としての派遣型画像検査の動向と課題(全指定)

一般演題(口演またはポスター)

1CPA・CPR/市民へのBLS普及、AED・PAD 22民間救急救命士の活用(病院・その他)
2ファーストエイド・ファーストレスポンダー(山岳・スキーパトロール・ライフセーバー・スポーツインストラクター・プール監視員) 23地域救急医療体制・メディカルコントロール(消防MC/非消防MC)
3多臓器不全、集中治療 24通信指令と口頭指導
4外傷、多発外傷 25シュミレーション研修とシミレーション教育
5熱傷、化学損傷、電撃傷 26医学教育(研修医、看護師、救急救命士、コメディカル)
6急性中毒・トキシドローム 27医療安全・院内緊急対応システム
7環境障害(熱中症、低体温症、高山病、減圧症) 28医療経済
8異物、溺水、刺咬傷、その他の外因性の病態 29救急医療におけるICTの活用とVR
9脳神経系の疾患・病態 30終末期医療・移植・組織移植
10心血管系の疾患・病態 31地域包括医療体制
11呼吸器系の疾患・病態 32救急救命士関連
12消化器系の疾患・病態 33診療放射線技師関連
13感染症・栄養障害 34メディカルソーシャルワーカー関連
14小児 35薬剤師関連
15高齢者 36臨床検査技師関連
16精神科救急 37理学療法士関連
17周産期・新生児 38歯科救急関連
18自然災害・人為的災害・災害トリアージ・院内トリアージ 39学生(看護学生・救急救命士・医学生)・研修医セッション
19マスギャザリング・大規模スポーツイベント 40オリンピックパラリンピック関連
20緊急度判定 41救急医療における新しい技術(生体補助器具の応用など)
21病院前救急(ドクターカー、ヘリ等) 42その他、上記に該当しないもの全て

抄録の文字数制限

入力項目 必須の可否 制限
演題名 必須 全角50文字以内
抄録本文 必須 全角500文字以内
演者名 必須
所属機関名 必須 正式名称で記入
学会入会 演者・共同演者ともに必須 但し、演者が会員である消防職員の場合、共同演者である消防職員の入会は問いません。
会員番号 演者・共同演者ともに必須 会員番号不明な方は学会事務局へお問合せください。

※未入会の場合は、入会手続きを行っていただき、抄録ご登録の際には「入会手続中」をご入力ください。

演題登録方法

演題登録システムからの登録のみとなります。

  1. 本ページ下方の応募ボタンをクリックして応募画面にお進みください。
  2. 個人情報の登録内容を確認した後に、画面の指示に沿って、演題登録を進めてください。
    演題受付期間内であれば、何度でも一旦登録された演題の変更・削除が可能です。ご登録のID・パスワードでログインしてください。
    万一お忘れになりましても、セキュリティーの関係から、登録番号とパスワードに関してのお問い合わせには一切応じることができませんのでご注意ください。

※推奨環境
Microsoft Internet Explorer 8、Microsoft Internet Explorer 9、Microsoft Internet Explorer 10、Mac OS X 10.9:Safari 7

※注意事項
ファイアーウォール(病院などへのハッカーの侵入を防ぐソフトウェア)が使用されている場合など、コンピュータ環境によってはホームページから演題登録できない可能性があります。
なお、登録される側のコンピュータ環境、サーバなどの問題が原因で締切期日までに応募できなかった場合の特別措置は考慮しませんので、ご注意ください。

演題登録

演題募集・登録方法についての問い合わせ先

第23回日本臨床救急医学会総会・学術集会 演題登録係(ITセンター)
日本コンベンションサービス株式会社
TEL:03-3500-5935(窓口対応時間 平日9:30~17:30)
E-Mail:endai-jsem23[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

page top