第79回日本医学放射線学会総会

JRCロゴ

会長挨拶

会長:山下康行

元号が令和となってから最初の日本医学放射線学会(第79回)を4月9日(木)~12日(日)の4日間、パシフィコ横浜において開催いたします。2020年は56年ぶりに東京オリンピックの行われる年でもあり、この第79回日本医学放射線学会を、次世代の放射線学会の方向を示すような学会としたいと考えています。

メインテーマは 英文は “The Power of Imaging” 、日本語は敢えて「一寸の光陰」としました。人工知能の画像認識分野での発展は著しく、その医療分野での主たる担い手である放射線医学の役割はさらに増していくと考えます。画像のもつポテンシャルを生かすべく一寸の光陰を軽んぜずに駆け抜けて行けば、平成の30年間での奇跡と言ってもよい放射線医学の発展を生かせると思いますが、油断すると押し寄せる多量の情報の中に飲み込まれてしまうという緊張感を持って集いたい、という思いを “The Power of Imaging”、「一寸の光陰」で表現しました。

プログラムは世界で最もCT, MRIの多い日本の経験豊富な臨床現場の叡智と若い力が集い、新たな出会いと発展が生まれるような誰にでも魅力のあるものを目指し、様々な場を作りたいと思います。Power of Imagingを求め、横浜で一寸の光陰をご一緒できることを楽しみにしております。

謹 白

2019年5月吉日

青木茂樹

第79回日本医学放射線学会総会 会長 青木 茂樹
順天堂大学大学院医学研究科放射線医学 教授

Page top