第79回日本医学放射線学会総会

会期:2020年5月15日(金)~6月5日(金) 会場:WEB開催 会長:青木茂樹(順天堂大学)

追加演題募集

開催形態変更に伴い、以下2つのテーマで追加演題募集を行うことになりました。
皆様からのご応募をお待ちしております。

演題募集期間(抄録登録期間)

受付開始日 2020年3月17日(火)
演題応募締切日 2020年4月 2日(木)正午

1. 新進気鋭の教授に聞く:これまでの研究と、放射線科の将来像

主旨

今後の放射線領域を担う新任教授に、研究などアカデミックな内容、将来の放射線科のあり方、臨床や教育に関する現状分析や改善策などに関する発表を募集します。教授選考の際に使用したプレゼンテーションをご活用いただければと思います。

応募資格

日本医学放射線学会の正会員で2018年4月以降に放射線科の教授となった方。特に2019年以降着任の方はぜひご参加ください(2020年4月1日就任予定の方も含む)。

発表方法

電子ポスター展示です。

抄録作成要項

抄録は日本語で、500字以内で作成ください。構造化抄録である必要はありません。

CyPos登録要項

  • CyPos登録期間は4月14日~4月28日を予定しています。
  • CyPos登録には演題番号が必要です。抄録登録が確認できましたら、事務局より演題番号およびCyPos登録システムへのリンクを送付します。
  • スライドは日本語で作成ください。
  • スライドは4:3で、2013以降のバージョンのパワーポイントをお使いください。
  • 利益相反開示のスライドを2枚目に必ず入れてください。
  • 写真入りの自己紹介スライドを3枚目にお願いします。
  • スライド枚数は41枚以内です。
  • 音声付きパワーポイント、ノート欄に解説を記載したスライドも可能です。

2. COVID-19の画像診断 (Diagnostic Imaging for COVID-19)

主旨

COVID-19の画像診断に関する演題を募集します。症例報告、症例シリーズ研究、文献レビューや総説など、どのような形式の応募も受け付けます。

応募資格

どなたでも応募できます。

発表方法

電子ポスター展示です。

抄録作成要項

  • 抄録は英語で入力をお願いします。事務局で英文校正はいたしませんのでご注意ください。
  • 字数上限は250wordsです。構造化抄録である必要はありません。
  • 著者は全部で9名まで登録できます。

CyPos登録要項

  • CyPos登録期間は4月14日~4月28日を予定しています。
  • CyPos登録には演題番号が必要です。抄録登録が確認できましたら、事務局より演題番号およびCyPos登録用リンクをメールで送付します。
  • スライドは英語で作成ください。
  • スライドは4:3で、2013以降のバージョンのパワーポイントをお使いください。
  • スライド枚数は41枚以内です。
  • 利益相反開示のスライドを2枚目に必ず入れてください。

演題登録

  • 演題登録は「らく~るシステム」を使用いたします。
  • 「らく~るシステム」を初めてご利用される方は、まず「個人情報新規登録」を行なったうえで、演題登録にお進みください。

    ※過去に他の学会等で、本システムをご利用されたことがある方は、登録されたログインIDとパスワードでご登録いただけます。

  • セキュリティーの関係からパスワードのお問い合せには原則として応じられません。紛失しないようにご注意ください。
  • 演題登録期間内は、登録内容(抄録本文を含む)の修正や削除が可能です。
  • 演題登録完了後、入力されたメールアドレスに登録内容の自動配信メールが送信されますので必ずご確認ください。ご登録完了後、24時間経っても演題登録確認メールが届かない場合は、登録されたメールアドレスが間違っているか、演題が正しく登録されていない可能性がございます。運営事務局(jrs79[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。))まで必ずお問い合わせください。
    また、WEBメール(Gmail・Yahooメール等)をご利用の方は、メールが「迷惑フォルダ」に振り分けられてしまうことがあります。未着と思われる場合は、迷惑フォルダの中をご確認ください。

演題登録・修正・削除はこちらから

Page top