第17回 日本乳癌学会東北地方会、The Japanese Breast Cancer Society, Tohoku Branch

  • HOME
  • お問い合わせ

会長あいさつ

南谷 佳弘

第17回乳癌学会東北地方会を、2020年3月7日(土)仙台国際センターにおいて開催させていただくことを大変光栄に存じます。

今回のシンポジウムでは、「局所進行乳癌の治療戦略」を主題と致しました。治療成績、治療方針決定に難渋した症例などをはじめ、QOLを維持した薬物療法継続の工夫や、医療費負担への対応などに関しましてでも結構ですので、活発な議論を期待したいと思います。その他、プログラムでは、教育セミナー、メディカルスタッフセミナーを企画し、昨年にひき続き若手セッション(初期研修医部門、後期研修医・専攻医部門)では優秀演題への表彰も行います。共催セミナーでは最新の話題を提供していただく予定です。

昨今の乳癌診療は、新規薬剤の登場もめまぐるしく、個別化が進み、ターゲット治療、遺伝子パネル検査、遺伝学的検査、妊孕性温存など、多岐にわたる対応が必要とされてきております。院内での連携のみならず、地域連携も非常に重要な課題です。これらの企画を通して、明日からの乳癌診療の糧となるような東北地方会にできるよう、教室一同、鋭意準備を進めて参ります。多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

第17回日本乳癌学会東北地方会 会長
秋田大学大学院医学系研究科医学専攻
腫瘍制御医学系 胸部外科学講座
南谷 佳弘