© 第42回日本疼痛学会