第69回日本医学検査学会

ポスターダウンロード

【学会事務局】

福島県立医科大学附属病院 検査部
〒960-1295
福島県福島市光が丘1番地

【運営事務局】

日本コンベンションサービス
株式会社 東北支社
〒980-0824
宮城県仙台市青葉区支倉町4-34
丸金ビル6階
TEL:022-722-1311
FAX:022-722-1178
E-mail:
69jamt[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

第69回日本医学検査学会

ご挨拶

学会長:山寺幸雄

第69回日本医学検査学会
学会長 山寺 幸雄
(公立大学法人福島県立医科大学附属病院 検査部)

第69回日本医学検査学会を一般社団法人福島県臨床検査技師会の担当で宮城県仙台市において開催させていただくにあたり、担当県を代表して一言ごあいさつを申し上げます。

本学会は4月25日(土)・26日(日)の2日間にわたり、仙台国際センター、川内萩ホール、東北大学川内キャンパス講義棟B棟の3会場を利用しての開催となります。福島県の担当は1989年の郡山市における開催以来となりますので、まさに31年ぶりとなります。記念すべき東京オリンピックの開催年に当たる2020年に本学会を担当できることを嬉しく思います。

来年は未曽有の東日本大震災から10年目の節目の年に当たることから、学会のメインテーマは「Jump to the Next Decade」としました。「次の10年に向かおう」と言う意味になります。震災の時には皆様から温かいご支援をいただき本当に感謝しております。未だ復興半ばの地区もございますが、皆様には、この機会に次の時代に向けて頑張っている姿を見ていただきたく存じます。また、この10年の間に医療情勢も変化し、医師の業務負担軽減のためにタスクシフティングが推進されるようになりました。そして私たち臨床検査技師も検査室から外来や病棟・在宅へと向かう必要性が出てきました。そのためにサブテーマは「臨床検査の新たな道を切り拓く」とし、現状維持に留まらず、前に進もうとする意識改革の重要性を認識できる学会にしたいと考えております。

開催地である仙台市は人口100万人の大都市でありながら、自然と調和した「杜の都」として知られています。西には「蔵王」をはじめとした山々が連なり、東には日本三景のひとつである「松島湾」が続き、大自然が満喫できる風光明媚なところでもございます。「観光よし、食よし、人よし」のところですので、参加いただく皆様には、きっとご満足いただけるものと思っております。また福島県は日本酒の出来栄えを競う「全国新酒鑑評会」において、7年連続の金賞銘柄数最多の快挙を成し遂げています。懇親会の席では、皆様に福島の美味しいお酒を堪能していただこうと考えています。第69回日本医学検査学会は福島県、宮城県、そしてオール北日本で臨みたいと思っていますので、多数の皆様の参加をお待ちしております。

page top

【学会事務局】

福島県立医科大学附属病院 検査部
〒960-1295 福島県福島市光が丘1番地

【運営事務局】

日本コンベンションサービス株式会社 東北支社
〒980-0824 宮城県仙台市青葉区支倉町4-34 丸金ビル6階
TEL:022-722-1311 FAX:022-722-1178
E-mail:69jamt[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)