第30回日本乳癌検診学会学術総会, The 30th Meeting of Japan Association of Breast Cancer Screening

第8回総合判定講習会

主催

NPO法人日本乳癌検診学会 総合判定委員会

目的

日本乳癌検診学会では乳がん検診においてマンモグラフィと超音波検査を併用する場合には総合判定を行うことを推奨しております。「マンモグラフィと超音波検査の総合判定マニュアル」が平成27年9月に刊行されましたが、その内容をよりよく知っていただくために第8回の総合判定講習会を、第30回学術総会の前日に開催することにいたしました。
講義内容は、主にマンモグラフィと超音波検査の知識をある程度取得している医師向けに作成されていますが、医師以外の職種の受講も差し支えございません。マンモグラフィと超音波検査の併用検診を行っている施設、これから行おうと考えている施設の方はこの機会に是非受講ください。

開催日時

11月21日(土) 10:00~16:00

開催場所

仙台国際センター会議棟 白橿1(予定)

対 象

下記の2項目を満たすこと(下記注意事項もご参照ください)
  1. 次のいずれかに該当するもの
    • マンモグラフィと超音波の併用乳がん検診で総合判定を行っている医師、もしくは行う予定の医師
    • 精密検査機関の医師
    • 検診機関または精密検査機関で超音波検査を行っている臨床検査技師・診療放射線技師・看護師
  2. 次のいずれかの資格を有するもの
    • 医師:精中機構マンモグラフィ読影講習会評価B以上、かつJABTSもしくは精中機構の超音波講習会評価B相当以上
    • 技師・看護師:上記超音波講習会評価B相当以上

定 員

120名(予定)

募集期間

9月からの募集を予定しております

参加費(昼食込)

日本乳癌検診学会会員3,000円、非会員5,000円
※既納の参加費は基本的に返金いたしません

プログラム(案)

09:40 - 10:00
受付
10:00 - 10:05
開講式
10:05 - 10:50
講義1:乳がん検診の利益・不利益と総合判定
10:50 - 11:20
講義2:総合判定に必要なマンモグラフィの基礎知識
11:20 - 11:30
≪休憩≫
11:30 - 12:20
講義3:マンモグラフィと超音波検査からの病理組織型推定
12:20 - 12:30
演習1:マンモグラフィと超音波検査所見の対比
12:30 - 13:10
≪昼休み≫
13:10 - 13:40
講義4:総合判定の実際(1)― 腫瘤
13:40 - 14:10
講義5:総合判定の実際(2)― FAD
14:10 - 14:20
≪休憩≫
14:20 - 14:50
講義6:総合判定の実際(3)― 石灰化・構築の乱れ
14:50 - 15:30
演習2:総合判定の実際
15:30 - 15:50
総合討論、アンケートの記入
15:50 - 16:00
閉講式(受講証の授与)
 

注意事項

  • 会員の方の連絡先情報は会員登録内容を参照します。会員登録内容に変更がある場合は、至急日本乳癌検診学会ホームページより変更手続きを行ってください。
  • 非会員で入会予定の方は、先に日本乳癌検診学会ホームページより入会手続きをしていただき、会員番号(ログインID)・パスワードの発行を受けてください。
  • マンモグラフィの読影資格については精中機構のホームページで確認いたします。精中機構のホームページにて現在の登録勤務施設を確認してください。勤務施設に変更がある場合は、精中機構にご連絡してからお申込みください。
  • 超音波検査の資格に関しては自己申告といたします。有資格者で精中機構ホームページのリストへの公開や所属変更を済ませていない場合は、精中機構のホームページから手続きすることをお勧めいたします。
  • 交通費・宿泊費等は参加者の負担となります。講習会当日は昼食をご用意いたします。
  • 講習会ではアンケートを行いますので必ず筆記用具(鉛筆・消しゴム)の持参をお願いいたします。ご協力をお願いいたします。
  • 当日は氏名での受付となります。