第30回日本乳癌検診学会学術総会, The 30th Meeting of Japan Association of Breast Cancer Screening

学術総会企画のご案内

AIハンズオンセミナー

現在、医療に限らず多くの分野でAI(Artificial Intelligence)や機械学習(Machine Leaning)がトピックスとして取り上げられています。本学術総会では、機械学習アルゴリズムのうちの1つである「ディープラーニング(深層学習)」をSONYのNeural Network Consoleを用いて体験していただくセミナーを企画いたしました。これからディープラーニングを学ぼうと思っている多くの会員の皆様にご参加いただき、ご自身の研究にディープラーニングを活用する契機にしていいただければと考えておりますので、ぜひご参加ください。

日 時 11月22日(日)午後 ※2時間30分程度の予定です。
対 象 超初心者
定 員 40名
参加費 無料 ※学術総会への参加費は必要です。
内 容 講義:概要とNNCについて
ハンズオン:認識、分類
持参品 ノートパソコン(Windows 8.1/10_64bit メモリ:8GB以上)をご持参いただきます。具体的な準備は受付終了後にご連絡いたします。※機材のレンタルなどはございません。
※会場、申込み方法等の詳細につきましては後日ご案内予定です。

マンモグラフィポジショニングコンテスト

乳房エックス線撮影「マンモグラフィ」は乳腺診療における画像診断としてとても有用なツールとされてきました。この診断精度向上には診断医の読影力はもちろんのこと、診療放射線技師の撮影技術向上への不断の努力が必要であることはご存知のところです。 このたび学術総会に合わせて、マンモグラフィ撮影におけるポジショニング技術向上のための「マンモグラフィポジショニングコンテスト」を企画いたしました。日頃各施設で切磋琢磨しておられる先生方に画像を持ち寄っていただき、更なるポジショニング技術向上の糧としていただきたいと考えております。たくさんのご応募を心よりお待ち申し上げます。

募集期間 6月1日(月)~8月31日(月) 9月14日(月)まで延長しました。
応募資格 医療機関・検診機関でマンモグラフィ撮影をおこなっている医師・診療放射線技師
※日本乳癌検診学会会員でなくても、また、本学術総会に参加しなくても応募できます。
提出物 1:2019年10月1日以降に応募者が撮影した、乳房構成が不均一高濃度の左右MLOマンモグラフィ1組
2:必要事項記載済みのエントリーシート
※送料は応募者負担でお願いいたします。
注意事項
  • 本コンテストは、本学術総会が仙台開催かWEB開催かにかかわらず行います。
  • マンモグラフィはソフトコピーのみ受け付けます。匿名化(ID、氏名、生年月日を消去)の上、DICOM準拠の画像データをIHE PDI準拠のCD-Rで提出してください。
  • 応募数について、施設の応募数に制限はございませんが、応募者1名につき1症例とさせていただきます。
  • ご応募いただいた画像(データ)は、審査以外に本学会会期中に教育目的で使用させていただくことがあります。
審査方法 精中機構で施設画像評価を行っている医師、マンモグラフィ技術部門の技師複数名による採点。
結果発表 本学術総会懇親会会場あるいはウェブサイト上で発表予定
お問い合わせ先
および
提出物送付先
島根乳房診断・技術研究会 事務局 【担当】山田 和幸
益田市医師会立益田地域医療センター医師会病院 放射線技術科内
〒699-3676 島根県益田市遠田町1917-2
TEL:0856-22-3611
FAX:0856-22-0407
E-mail:k-yamada@masumi.shimane.med.or.jp