Symposium

ごあいさつ

国際交通安全学会(IATSS)は、1974年に設立されて以来、交通とその安全を中心とする研究調査を活動の基軸に据え、望ましい交通社会の実現を目指してまいりました。

 

日本及び世界の交通を取り巻く環境は大きく変貌し、環境、エネルギー、自然災害、社会福祉などの諸領域において、様々な実践的取り組みが求められています。異なる地域や国の特性や文化的背景に即して交通の役割を検討することが、ますます重要になっています。

 

当学会の活動は、このような観点に立ち、学術の領域だけではなく交通に携わる多くの関係者が参画する「超学際性Transdisciplinary」の立場を重視しています。その一環として、2015年より毎年、国際フォーラムGIFTS(Global Interactive Forum on Traffic and Safety)を定例開催し、持続的な「知の共創」を目指してきました。

 

今回は第7回を迎えますが、交通とその安全の専門家ならびに国際機関の実務者の方に参画いただき、地域や国の特性に応じた交通政策の在り方について、これまでの議論をさらに深めるための討議を行いたいと思います。こうした検討を通じて、ポストコロナ社会のあり方を念頭に置きつつ、持続可能な交通社会の構築に向けた諸課題、将来に向けた展望について、活発な意見交換と討議を行いたいと思います。

 

皆様の積極的なご参画をお願い申し上げます。

 

国際交通安全学会(IATSS)
会長 武内 和彦

 

 

交通文化の多様性と安全な社会の形成 ~ Common Visionを目指して ~

近年、世界の交通事故死者数は増加の一途をたどり、現状で毎年135万人を超えると推定されている。これら死者数全体の9割は中低所得諸国であり、年齢層別にみると若年層・若者(15~29歳)の死亡原因の第一位が交通事故による死者とされていることは、憂慮すべき事態といえる。また、先進諸国に目を転じると、死亡事故の削減は頭打ちになっており、交通事故死者数ゼロに向けて新たな安全システムの構築が求められている。国・地域の経済の発展段階に拘わらず、交通事故の克服は世界共通の課題であるといわざるを得ない。

 

各国・地域における特有の価値観や宗教、生活信条や社会制度は、交通参加者の規範的な信念や行動、法令や行政組織の基盤であり、これらの文化的要因が交通事故や交通安全政策への許容度などに影響を与えている。したがって、交通事故のない社会を目指して、国家や地域間で交通安全対策の知見を共有し、国際的な連携や協力を推進するためには、文化による影響を把握し、十分に考慮することが重要である。

 

このような観点から、昨年開催されたシンポジウム「交通文化の多様性と安全軽視行動Diversity in Traffic Culture and Unsafe Behavior」では、道路利用者の行動と交通安全の関係者の活動を探っていくとともに、交通文化の理解を推し進め、交通事故の削減へむけて世界各国が共同すべきことが確認された。

 

本シンポジウムでは、昨年に引き続き、国際的に活動する交通事故の専門家や実務者の参画を得て、交通事故削減に向けて目指すべき共通のビジョンについて討議を行う。さらに、実行力のある交通政策立案と対策実施のために、国際連携の観点でどのような調査・研究を実施すべきか、その成果を広く社会的に共有することにより、交通事故のない社会と文化を形成すべきか。その方途について意見交換を行う。これらは世界の共通のビジョンと有効な交通安全政策の在り方についての国際的「共創」の枠組みを検討するものであり、本シンポジウムが交通事故削減に向けた活動をさらに活性化させることを期待する。

 

開会挨拶 武内 和彦
趣旨説明 中村 彰宏
     
講演者/パネリスト 森本 章倫  
講演者/パネリスト ニコラス・ウォード Nicholas J. Ward  
パネリスト ソームズ・ジョブ Soames Job  
パネリスト ジョージ・ジアニス George Yannis  
パネリスト スザンナ・ザマタロウ Susanna Zammataro  
コーディネーター 馬奈木 俊介
閉会挨拶 鎌田 聡
   
タイムテーブル
09:30 – 09:35   開会挨拶
09:35 – 09:40   趣旨説明
09:40 – 10:40   講演
10:40 – 10:50   休憩
10:50 – 11:50   パネルディスカッション
11:50 – 11:55   閉会挨拶

開会挨拶

 

趣旨説明

武内 和彦

IATSS会⻑
地球環境戦略研究機関(IGES)理事⻑
東京大学特任教授

 

中村 彰宏

IATSS会員/国際フォーラム実行委員会委員長
中央大学教授

パネリスト

 

ソームズ・ジョブ Soames Job

Global Road Safety Solutions社CEO兼社長

●略歴
ソームズ・ジョブ博士は、先ごろ交通安全のコンサルタント業及びGlobal Road Safety Solutions社のCEO兼社長に復帰した。復帰以前の2015年7月から2021年8月までは、世界銀行のグローバル道路安全ファシリティ局長及び道路安全のグローバルリーダーを務めた。ジョブ氏は、広範な専門知識を生かしてエビデンスに基づいた独創的な政策形成を行うことで有名であり、大規模チームの統率、主要プログラムの実施、戦略・政策を立案する上での強化や効率化に関し、輝かしい実績を有している。教授を務める一方で交通安全に関する政府主導組織を成功裏に統率し、主要なグローバル機関のコンサルタントを務め、これまでに90以上の国々に交通安全に関するガイダンスを提供している。また、オーストラリア国家交通安全委員会理事、ニューサウスウェールズ州交通安全センター長、オーストラリア交通安全カレッジ学長などを歴任した。プリンス・マイケル・インターナショナル・ロード・セーフティ・アワードを5回受賞するなど、主にチームの一員として国内外で交通安全分野に関する賞を多数受賞しており、学術的著作物も500点を超える。


 

森本 章倫

早稲田大学理工学術院 社会環境工学科 教授
博士(工学)、技術士(都市及び地方計画)

●略歴
森本章倫教授は早稲田大学の社会環境工学科の教授。専門は都市計画および交通計画で、特に土地利用と交通計画の統合戦略に焦点を当てている。持続可能な都市としてコンパクトシティやスマートシティの研究、次世代交通であるLRTや自動運転車の導入とまちづくりの関係、交通安全などについて研究を行っている。
早稲田大学卒業後、30年以上にわたり、国の政策立案や地方都市の計画策定に委員長、委員として携わり、現在日本都市計画学会の副会長、日本交通政策研究会の常務理事などを務めている。国際交通安全学会では、交通・安全における国際協調(GRATS)のプロジェクトリーダーを務めている。近著として“City and Transportation Planning (2021)”などがある。


 

ニコラス・ウォード Nicholas J. Ward

モンタナ州立大学教授、安全衛生文化センター長

●略歴
ニコラス・ウォード教授は安全衛生文化センター長であり、モンタナ州立大学の工学部ノーム・アスビョルンソン(人名)カレッジで産業及び管理システム工学の教授。カナダのキングストンにあるクイーンズ大学で組織心理学(人的要因)の博士号を取得。同センターでの彼の役割として、共同研究者のネットワークを構築し、センターの持続可能なビジョンを考案、センターを大学の使命に合わせる責任を担っている。彼はまた、主任研究員(PI)を務め、複数のプロジェクトでリーダーシップと専門知識を提供している。
ウォード教授は道路交通安全文化に関するTRB(輸送調査委員会)小委員会の初期メンバーで、全米死者数ゼロ戦略の共同執筆者であり、安全システムを構築するための基盤として交通安全文化の推進に関する国際的リーダーとして認められている。
モンタナ州ボーズマンに在住。余暇には、旅行、ラフティング、美味しい食事、友人や3匹の犬との時間を楽しんでいる。


 

ジョージ・ジアニス George Yannis

アテネ国立技術大学(NTUA)教授

●略歴
ジョージ・ジアニス教授はアテネ国立技術大学(NTUA)土木工学部の輸送計画及びエンジニアリング部部⻑。専門は交通安全マネージメント、特にデータの管理および分析に重点を当てている。30 年以上にわたり、260 以上の調査にエンジニアリング・プロジェクト及び研究に携わり、また欧州委員会やその他の国際機関(UNECE, OECD, WHO, World Bank, EIB, CEDR, ERF,IRF,UITP, ETSC, ECTRI, WCTR, TRB)においてさまざまな科学委員会に幅広く貢献してきた。彼はまた605以上の科学論文(科学ジャーナル誌には202)を発表、広く世界中で引用されている。
詳しい情報についてはこちら: www.nrso.ntua.gr/geyannis


 

スザンナ・ザマタロウ Susanna Zammataro

国際道路連盟(IRF) 事務局長、ジュネ―ブ

●略歴
スイスのジュネ―プにある国際道路連盟(IRF) の局長として、組織の戦略計画の開発とその実施を担う。1948 年に設立されたIRF は会員制の組織であり、その使命はあらゆる人がアクセスでき、持続可能なモビリティを実現できるような道路及び交通網の開発を促進することである(www.irfnet.ch)。
最近ではTUMI (Transformative Urban Mobility Initiative)により「輸送における最も注目すべき女性40 人」の1 人に選ばれるなど彼女は交通安全の不屈の代弁者である。彼女はまた交通安全に関するFIA( 国際自動車連盟) ハイレベルパネルの諮問委員会のメンバーであり、2012 年より国際協力を促進し国際的および地域の調整を強化することを目的としたグローバルマルチステークホルダーのパートナーである国連交通安全協力(UNRSC)グループの柱、「より安全な道路とモビリティ」の共同議長を務めている。

コーディネーター

 

馬奈木 俊介

九州大学工学研究院教授
九州大学都市研究センター長、主幹教授

●略歴
九州大学工学研究院教授・主幹教授・都市研究センター長。新技術及びInclusive Transportation(包括的な交通)の研究を行っている。国連「新国富報告書」代表、多くの国連報告書の統括代表執筆者、 OECD(経済協力開発機構貿易・環境部会)副議長、2018年・世界環境資源経済学会共同議長などを歴任。世界、各国の新国富指標を代表し、持続可能性評価のための開発を代表して行っている。書籍『ESG経営の実践』、『持続可能なまちづくり』、『新国富論』など。
第16回日本学術振興会賞受賞。第25期日本学術会議会員。詳しい情報についてはこちら: http://www.managi-lab.com/ 

閉会挨拶

鎌田 聡

IATSS専務理事


▲上に戻る