Congress Greeting

Dear friends and colleagues,

It is my honor to host the ACRLS 2021 held between September 9 and 11 in 2021 at the International Congress Center in Nagoya, Aichi, Japan. The aim of this congress is to provide a comprehensive perspective of minimally invasive surgery, including robotic and laparoscopic surgery in all surgical fields. Although all of our members are experiencing a tough time in the middle of the COVID-19 pandemic, I believe that human wisdom will overcome this soon. I am looking forward to seeing you all in Nagoya and taking a new step forward into a new era of minimally invasive surgery.

In many surgical fields, minimally invasive surgery has overcome open surgery owing to magnified visualization and precise operability. Furthermore, emerging novel surgical procedures that can be offered only by minimally invasive surgery are expected to provide more favorable outcomes. In particular, the major issues of robotic surgery, i.e., prolonged operative time and high cost, are likely to be resolved soon, and one of its most promising features, “remote operability”, will be thrown into the limelight and realized.

I am planning many new and innovative projects, especially focusing on live demonstrations including remote operations using cadavers and animals.

All participants are invited to share images of futuristic minimally invasive surgery. Again, I am looking forward to seeing all of you, engaging in fruitful discussions, and enjoying the profound culture of Nagoya.


このたびアジアロボット・内視鏡外科学会(ACRLS 2021)を2021年9月9日(木)〜11日(土)の期間に名古屋国際会議場において開催することになりました藤田医科大学 総合消化器外科の杉岡 篤です。急速に進歩する低侵襲手術の全領域を網羅する本学会を主催できることは大変光栄に存じます。COVID-19のパンデミックが猛威を振るう中、会員の皆様におかれましては大変ご苦労されていることと思いますが、この災厄も人類の叡智で早晩克服され、予定通り名古屋でお目にかかれると確信しております。本学会が外科学の新たな発展の第一歩となることを願ってやみません。

近年の低侵襲手術は、多くの領域で拡大視と精緻な手術手技により従来の開腹手術を凌駕しつつあり、数多くの患者に福音をもたらしています。今後さらに、低侵襲手術のみで実施可能な革新的術式が開発され、治療成績のさらなる向上が期待されるところであります。特にロボット支援下手術においては、大きな課題であった「長時間手術」と「高コスト」はいずれも克服されつつあり、それとともにロボット支援下手術は本来の目的のひとつでもある「遠隔手術」へと活躍の場を拡げることは確実であり、時代の要請でもあります。

本学会が、低侵襲手術の課題を克服し次世代のイノベーションをもたらす契機となることを祈念し、ライブ・サージェリーを中心としてカダバーや動物を用いた遠隔手術および遠隔指導のデモンストレーションなど様々な革新的企画を予定しています。来たるべき近未来の外科学の姿を共有できれば幸いです。

多くの皆様の参加を心からお待ちしております。

Chung-Ngai Tang
Chung-Ngai Tang
President of The Asia-Pacific Association of Robotic Surgeons
Atsushi Sugioka
Atsushi Sugioka, M.D.,Ph.D.
Congress Chairman of ACRLS 2021
Department of surgery, Fujita Health University School of Medicine
杉岡 篤
藤田医科大学 総合消化器外科