第47回日本マイクロサージャリー学会学術集会

血管吻合コンテスト

募集は締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

第47回日本マイクロサージャリー学会学術集会
スーパーマイクロサージャリー血管吻合コンテスト

開催のご挨拶

この度、第47回日本マイクロサージャリー学会学術集会を、2020年11月20日(金)~ 21日(土)の2日間、北九州国際会議場において開催させていただきます。日本マイクロサージャリー学会は、多くの先達の偉大な業績により世界のマイクロサージャリーを牽引してきました。最近では、0.8mm以下の血管やリンパ管を吻合するスーパーマイクロサージャリーが注目され、指尖部切断再接着術、穿通枝皮弁やリンパ管静脈吻合術など多くの手術が、わが国のマイクロサージャンから世界へと発信されています。

47th JSRMでは、血管吻合の技術習得を目的とする企画として、“スーパーマイクロサージャリー血管吻合コンテスト”を開催することにしました。マイクロサージャリーの初心者の先生方にとっては、エキスパートの血管吻合の技を見学する絶好の機会になります。また、参加される先生方にとっても、その技術を第三者に評価してもらうことにより、さらなる技術のレベルアップにつながります。鶏の手羽先の0.7mmの動脈を使用し、47th JSRMの学会期間中に予選(非公開)と本選(公開)を行います。応募資格は、日本マイクロサージャリー学会の正会員で47th JSRMの参加登録を行っていることが必須で、外径0.7mmの動脈を15分以内に吻合できる技術が必要です。腕に自信のあるスーパーマイクロサージャリーのエキスパートの先生方は、奮ってご応募してください。

第47回日本マイクロサージャリー学会学術集会会長
JA山口厚生連小郡第一総合病院整形外科(副院長)
服部 泰典

応募資格

※日本マイクロサージャリー学会正会員(入会年月日は問わない)

※47th JSRMに参加登録している

※外径0.7mmの動脈を15分以内に吻合できる技術がある

※在籍医局もしくは勤務先病院の2人1組のチーム(術者、助手)で応募
(例:チーム山口大学整形外科、チーム小郡第一総合病院整形外科)
(術者と助手が、予選と本選で代わることはできません)

※術者の年齢は2020年10月31日時点で満45歳以下(助手は年齢制限なし)

開催日時

※予選(ビデオ撮影):2020年11月19日(木)12時~18時(予定)
(各チームの予選日時は、参加チームが決定した後に調整して決定します)

※本選:2020年11月21日(土)13時~14時(予定)

開催会場

北九州国際会議場2階22会議室(予定)

募集定員

8チーム16名(予定)

申込方法

チーム名、代表者氏名、術者と助手の氏名・勤務先・所属医局・年齢・卒業年・メールアドレスなどを応募用紙(Excel file)に明記の上、実施責任者のJA山口厚生連小郡第一総合病院整形外科の坂本相哲宛にメールで送ってください。

※申し込みの前に、47th JSRMの参加登録を行ってください。

※申し込みの際、件名を、「血管吻合コンテスト申し込み」としてください。

※申し込み確認後に受付完了の案内メールを送付いたします。案内メールが3日経っても届かない場合は、実施責任者まで電話でお問い合わせください。

申し込み先

第47回日本マイクロサージャリー学会
スーパーマイクロサージャリー血管吻合コンテスト実施責任者
JA山口厚生連小郡第一総合病院整形外科 坂本相哲
TEL:083-972-0333
E-mail:supermicro47jsrm[あ]ogoridaiichi[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

申込期間

2020年4月7日(火)~ 6月15日(月)

※応募チーム多数の場合には、術者の年齢が若いチームを優先させて頂きますので、ご了承下さい。

※6月末までに採択結果を実施責任者より代表者に連絡します。

参加費用

無料(ただし、術者・助手ともに47th JSRMに参加登録していることが必須です)

コンテスト方法

使用血管 手羽先(新鮮)の外径0.7mmの動脈

手羽先の「腹側中手動脈」を使用します。以下の論文に解剖の詳細および動画がありますので、事前練習にご活用ください。

  1. Hayashi K, Hattori Y, Y Yii Chia DS, Sakamoto S, Doi K. A
    supermicrosurgery training model using the chicken mid and lower wing.
    J Plast Reconstr Aesthet Surg71: 943–945, 2018.
  2. 林洸太, 服部泰典, 坂本相哲, 土井一輝.
    手羽先を用いたスーパーマイクロサージャリーのトレーニングモデル:二次出版.
    日本マイクロ会誌, 2019;32:78-83.

使用機材

参加者は普段使用しているご自身の持針器、鑷子、はさみの持参をお願いします(事務局では準備しませんのでご注意ください)。これ以外の手術器械は、事務局で準備したものを使用していただきます。事務局では、手羽先、顕微鏡、縫合糸、バックグランド、生田式血管固定鉗子、ガーゼ、注射器、ヘパリン入り生食、開創器、シーツなどを準備します。
なお、顕微鏡と縫合糸は以下の市販されている製品を使用します。

  • 顕微鏡:三鷹光器株式会社 MM51/YOH
  • 縫合糸:株式会社河野製作所 NDL01W-7
    (11-0ナイロン、3/8 丸針、Needle size:2.5mm、Needle diameter:65 µm)

血管吻合方法

手羽先の対象血管の展開、外膜切除及び生田式血管固定鉗子とバックグランドの設置までは、事務局側で事前に準備します。血管吻合の技術のみが評価の対象になります。

  • 血管吻合方法は「180度法にて6針縫合」に統一します(支持糸を180度の角度で2針かけた後、その間の前壁2針、血管固定鉗子を反転した後に後壁2針の吻合)。
  • 評価項目は、別紙の「スーパーマイクロサージャリー血管吻合コンテスト評価表」を参照下さい。スピードよりも正確性をより重視した評価となっていますので、美しい血管吻合を心がけて下さい。
  • 参加チームには、事前に事務局で作成した血管吻合の参考ビデオを送付します。

予選(ビデオ撮影、非公開)

日時:2020年11月19日(木)12時~18時(予定)

自由練習、ビデオ撮影を各チーム1時間以内の持ち時間で行ないます。
(各チームの予選日時は、参加チームが決定した後に調整して決定します。)
自由練習の後に、10分間の血管吻合のビデオ撮影を行い、匿名化して記録します。制限時間以内に完了しなくても、10分間で終了していただきます。練習用の手羽先は事務局で用意します。

予選審査会(非公開)

日時:2020年11月20日(金)11時~13時(予定)

匿名化して記録されたビデオを審査員が「スーパーマイクロサージャリー血管吻合コンテスト評価表」に従って評価し、本選出場4チーム(予定)を決定します。11月20日(金)の午後に、実施責任者からチームの代表者に予選結果を連絡します。また、会場にも掲示します。

本選(公開)

日時:2020年11月21日(土)13時~14時(予定)

本選出場チームに、制限時間15分で血管吻合を行なっていただきます。顕微鏡を2台使用し、2チームずつ同時に行い、審査員が「スーパーマイクロサージャリー血管吻合コンテスト評価表」に従って評価します。

審査員(50音順、敬称略)

予選 大井宏之 (聖霊浜松病院手外科・マイクロサージャリーセンター)
笠井時雄 (高松赤十字病院整形外科)
佐野和史 (順天堂大学形成外科)
高見昌司 (関西電力病院形成外科)
長谷川健二郎 (川崎医科大学整形外科)
本選 柿木良介 (近畿大学整形外科)
五谷寛之 (大阪掖済会病院整形外科)
櫻井裕之 (東京女子医大形成外科)
関堂充 (筑波大学形成外科)
服部泰典 (JA山口厚生連小郡第一総合病院整形外科)

結果発表、表彰

2020年11月21日(土)の第47回日本マイクロサージャリー学会閉会式で結果発表、表彰を行います。

協賛

三鷹光器株式会社、株式会社河野製作所

コンテスト参加者一覧 PDF

評価表 PDF

page top