第42回日本病院薬剤師会近畿学術大会

視聴方法 大会ポスター(PDF)

運営事務局

日本コンベンションサービス
株式会社 神戸支社内
〒650-0046
神戸市中央区港島中町6-9-1
神戸国際交流会館6階
TEL:078-303-1101
FAX:078-303-3760
E-mail:
42jshp-kinki[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

KEEP & CHANGE ~安全な薬物療法の先を見据えて~

座長・演者へのご案内

座長・発表者の皆様へ 当日LIVE配信について

指定演題・公募シンポジウムの座長・発表者の方へ(共通)

講演時間

セッションにより発表時間が異なります。
別途ご案内をお送りしておりますので、そちらをご参照ください。

進行

(1)
各発表の終了1分前に黄ランプ、発表終了時間に赤ランプが点灯します。
時間内でセッションを進行いただきますよう、円滑な進行にご協力ください。
また、座長の進行により発表・討論を行ってください。
(2)
座長:セッション開始15分前までに、各会場の右手前方、次座長席にご着席ください。
演者:セッション開始15分前までに、各会場の左手前方、次演者席にご着席ください。

参加方法について

現地参加 ご来場可能な方は、大阪国際会議場10Fへお越しください。
WEB参加 ZOOM上でご登壇いただきます。WEB参加の座長・発表者へ入室いただくZOOMは、会期1週間前に運営事務局よりご案内いたします。予めZOOM利用マニュアルをご参照ください。

Zoom利用マニュアル

WEB参加の発表者の方

状況により来場が難しい場合、Zoom上でオンラインによる発表(リモート)をお願いします。
スライドサイズは16:9で作成してください。

  • 予め音声を吹き込んだ発表動画(音声付きスライドデータ)をご提出いただき、当日はお預かりした発表動画を上映し、その後にZoomを利用して質疑応答、総合討論(ある場合)を行っていただく

または

  • 当日Zoom上で「画面共有」にてご発表いただき、その後に質疑応答、総合討論(ある場合)いただく

か何れかの方法でご準備いただきます。

発表動画(音声付きスライドデータ)作成マニュアル

発表スライド(PowerPointまたはKeynote)に音声を録音したスライドショーにて動画を作成し、下記よりご登録ください。

PowerPoint 2019, Microsoft 365 (Office365) PDF

PowerPoint 2013, PowerPoint 2010 PDF

PowerPoint Mac版 PDF

Keynote版 PDF

発表動画受付期間

2021年1月12日(火)~1月22日(金)17:00 予定

発表動画提出方法

下記をクリックして上記期間内にご登録ください。

1月30日(土)発表用 発表動画(音声付きスライドデータ)登録(アップロード専用)

1月31日(日)発表用 発表動画(音声付きスライドデータ)登録(アップロード専用)

現地参加の発表者の方

(1)
発表形式
デジタルプレゼンテーション(1面)となります。ビデオ、スライドでの発表はありません。
また、映写は1面映写とし、併写を行いませんので予めご了承ください。
ご発表は、演題上のモニターを確認し、USBマウスをご自身で操作して行ってください。
発表者ツールはご使用いただけません。発表原稿が必要な方は、あらかじめプリントアウトをお持ちください。
(2)
スライドサイズ
16:9
会場内のスクリーンは、16:9に対応しております。4:3でも投影可能ですが、画面の左右に黒い帯が表示されますのでご了承ください。
(3)
PC受付
演者の方は、PC本体、または発表データをご持参の上、発表30分前までにPC受付にお越しください。

PC受付(発表データ受付)

開設時間: 1月30日(土)10:00~17:30
1月31日(日) 8:30~15:30
開設場所: 大阪国際会議場10F

PC本体を持ち込みで発表される場合(Windows・Macintosh)

(1)
PC受付にてPCの動作確認の後、ご自身で会場内左手前方の「PCオペレーター席」までPC本体をお持ち込みください。
(2)
プロジェクターとの接続には、ミニD-sub15ピン(通常のVGA端子)の出力端子が必要となります。
使用されるPCの出力端子の形状は必ず事前にご確認の上、当日は変換アダプタ等をご持参ください。
HDMIやMini DisplayPortなどD-sub15ピン以外の接続はお受けできません。
(3)
必ず電源ケーブル(ACアダプター)をお持ちください。但し、バッテリーを使用してのご発表はご遠慮ください。
(4)
万が一に備え、バックアップ用のデータ(USBフラッシュメモリー)をご持参ください。
(5)
音声の出力は可能です。データ登録の際に必ずお知らせください。
(6)
スクリーンセーバー、ウィルスチェックならびに省電力設定(Macintoshの場合はホットコーナーも)は、予め解除してください。解除されていない場合、発表中にスクリーンセーバー等が作動することがあります。
(7)
発表終了後、PC本体は会場内のPCオペレーター席にて返却いたします。
(8)
円滑な進行のため「発表者ツール」の使用はお控えください。

D-sub15ピン、変換ケーブル例

D-sub15ピン、変換ケーブル例

データを持ち込みで発表される場合(Windowsのみ)

会場で使用するPCの使用は以下の通りとなります。

(1)
OS:Windows
アプリケーション:PowerPoint 2013/2019(2016)
動画再生:Windows Media Player

※動画(PowerPointのアニメーション機能を除く)を使用される場合は、PC持込での発表を推奨いたします。

※データ持込の場合は、Windows Media Player12で再生できる形式の動画データをご持参ください(WMV形式、MP4形式を推奨)。

※Macintoshで作成したデータを利用される場合はPC本体をお持込ください。

(2)
USBフラッシュメモリーに発表データを保存してご持参ください。
USBメモリーは、一般的なType A端子のみ対応となり、Type Cを含む他の規格でのUSBメモリーはご使用いただけません。また、その他のメディア(SDカード・CD-R等)もご使用いただけません。
発表データのファイル名は「演題番号(半角)氏名(漢字)」としてください。
例)SY1-1 大阪太郎
(3)
画面レイアウトのバランス異常や文字化けを防ぐため、「MS(MSP)ゴシック」、「MS(MSP)明朝」、「Times New Roman」、「Century」を基本として、OSに標準でインストールされているフォントを使用してください。
(4)
プレゼンテーションに他のデータ(静止画・動画・グラフ等)をリンクさせている場合は、必ずリンク元のデータもメディア内に保存してください。
(5)
メディアには、当日発表に使用するデータ以外は保存しないようにしてください。
(6)
お預かりしました発表データは、会場内のPCに一旦コピーさせていただきますが、大会終了後に事務局が責任を持って消去いたします。
(7)
円滑な進行のため「発表者ツール」の使用はお控えください。

page top