第37回日本TDM学会・学術大会
ハンズオンセミナー
開催延期後の事前参加登録については決定次第ご案内いたします。

ハンズオンセミナー1、2、3 事前参加登録

本大会にて開催しますハンズオンセミナー1、2、3の事前参加申込を定員分、先着順にて受付いたします。登録期間、登録方法は以下をご覧ください。
なお、お申込みは本大会への事前参加登録が必要となります。ハンズオンセミナー参加希望の方は、必ず先に事前参加登録をお済ませください。

1.事前参加登録期間 

2019年12月20日(金曜日)~ 2020年 4月9日(木曜日)
5月7日(木曜日)まで延長
いたしました。

開催を延期することになりました。
開催延期決定前にご登録いただいた方には、参加費の取扱いについてメールにてご案内いたしました。

定員(セミナー1:各35名、セミナー2、3:各50名)に達した時点で受付を終了いたします。
会期当日は、事前参加登録の参加登録完了メール(登録確認証)をプリントアウトしてハンズオンセミナー受付にご提示ください。※参加登録完了メールが届かない場合は、文書(メール)にて下記のサポートデスクまでご連絡ください。

2.参加費

  会員※1 非会員
ハンズオンセミナー1 無料 1,000円
ハンズオンセミナー2 無料 2,000円
ハンズオンセミナー3 無料 2,000円

※ ハンズオンセミナーのお申込みには本大会への事前参加登録が必要となります。

※1  日本TDM学会への入会方法は日本TDM学会ホームページをご覧ください。
  一般会員として入会される先生は、入会手続をすみやかに行ってください。

注)「入会手続中」または「会員番号不明」の先生方におかれましては、「入会手続中」、「会員番号不明」を選択いただければハンズオンセミナー事前参加登録申込は可能ですが、事前参加登録期間終了後に、第37回日本TDM学会・学術大会事務局にて、会員情報の特定ができない場合、学術大会当日に、非会員のハンズオンセミナー参加費をハンズオンセミナー受付にて徴収させていただきますのでご了承ください。
※該当の方には、第37回日本TDM学会・学術大会運営事務局より別途、メールにてご案内をお送りいたします。

3.企画概要

TDMに関連する活用方法や基礎的な薬物動態解析やベイズ解析およびそれを用いた投与設計の考え方等を学ぶことを目的としています。皆様奮ってご参加ください。

ハンズオンセミナー1「実際に症例検討をやってみよう」
各症例150分、各定員35名

目 的: 実際に症例検討をやってみようをテーマに、グループワークで実際の症例検討を行います。なるべく単純な症例を提示していただき、臨床におけるTDMの活用方法をグループ内でディスカッションし、より深い学びに結びつけること。
対象者: TDMの知識を用いた薬学的介入を実践したい人。
日 時:5月23日(土)9:40~12:10
会 場:第6会場
テーマ:循環器症例対応をWS形式で検討
オーガナイザー:志賀  剛(東京慈恵会医科大学)
日 時:5月23日(土)9:40~12:10
会 場:第7会場
テーマ:てんかん症例対応をWS形式で検討
オーガナイザー:建部 泰尚(岡山大学病院)
チューター:山本 吉章(国立病院機構 静岡てんかん・神経医療センター)
日 時:5月23日(土)15:10~17:40
会 場:第6会場
テーマ:感染症例対応をWS形式で検討
オーガナイザー:木村 利美(東京女子医科大学病院)
チューター: 浜田 幸宏(東京女子医科大学病院)
海老原文哉(東京女子医科大学病院)
丸山 拓実(東京女子医科大学病院)
日 時:5月23日(土)15:10~17:40
会 場:第7会場
テーマ:精神病症例対応をWS形式で検討
オーガナイザー:肥田 裕丈(名古屋大学医学部附属病院)
日 時:5月24日(日)9:30~12:00
会 場:第6会場
テーマ:癌症例対応をWS形式で検討
オーガナイザー:前田 章光(愛知県がんセンター)
チューター: 曾根裕美子(愛知県がんセンター)
長谷川彩子(愛知県がんセンター)
山崎 研(愛知県がんセンター)
日 時:5月24日(日)14:05~16:35
会 場:第6会場
テーマ:移植症例対応をWS形式で検討
オーガナイザー:潮平 英郎(琉球大学医学部附属病院)
チューター: 小杉 卓大(豊見城中央病院)
浜元 善仁(浦添総合病院)

ハンズオンセミナー2「基礎編:TDMのために必要な薬物動態解析」
180分、定員:50名

目 的: Excel を用いて、TDMのために必要な薬物動態解析の基本を学びます。「教科書に載っている多くの式を覚えて、それを現場で華麗に使いこなす方法」ではなく、基本的なごく少数の式を確実に使えるようになること。
対象者: Excel で四則演算および指数関数の計算ができる人。具体的には、
e-2×3÷4 の計算ができる人。(答えは約 0.223)あるいは、セミナー当日までにその計算ができるようになっている人。
条 件: ExcelのインストールされたWindows版PCを各自持ち込み。
(Macでも演習は可能ですが、チューターが質問に対応できません)

日 時:5月24日(日)8:50~11:50
会 場:第7会場
オーガナイザー:笠井 英史(慶應義塾大学)

ハンズオンセミナー3「応用編:TDMのためのベイズ解析およびそれを用いた投与設計の考え方」
120分、定員:50名

目 的: Excelを用いて、TDMのためのベイズ解析およびそれを用いた投与設計の考え方の基本を学びます。ベイズ解析の長所と欠点、および結果を見る際に注意すべき点、を理解すること。
対象者: ハンズオンセミナー 2「基礎編」のレベルを理解できる人。Excelで「静脈内瞬時単回投与後の 1-コンパートメントモデルの薬物濃度のシミュレーション」ができるならば、「基礎編」の受講は必須ではありません。
条 件: ExcelのインストールされたWindows版PCを各自持ち込み。
(Macでも演習は可能ですが、チューターが質問に対応できません)

日 時:5月24日(日)14:35~16:35
会 場:第7会場
オーガナイザー:笠井 英史(慶應義塾大学)

4.事前参加登録方法

オンラインによる登録となります。
ページ下部の「ハンズオンセミナー1のお申込みはこちらから」「ハンズオンセミナー2のお申込みはこちらから」「ハンズオンセミナー3のお申込みはこちらから」のボタンより登録画面へお進みください。

5.支払方法 ※対象:非会員の方

クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners Club)をご利用いただけます。
※オンラインクレジットカード決済以外でのお支払はお受けいたしかねます。
※お支払期限:申込完了後、72時間以内
※ハンズオンセミナーの事前参加登録は参加費の支払いをもちまして完了となります。お支払期限を過ぎますとハンズオンセミナーの事前参加登録の申込は取り消しとなりますので、お気を付けください。

6.登録基本情報の変更

基本情報の登録内容の変更については必ず文書(メール)にて下記のサポートデスクまでご連絡ください。

注)決済完了後のお取消し及びご返金は理由の如何に関わらずお受けいたしかねます。
また、決済完了後の申込内容の変更もお受けいたしかねますので、十分にご注意の上ご登録ください。
※万一キャンセルになる場合は、下記のサポートデスクまでご連絡ください。(その場合でも、返金は一切いたしませんので、あらかじめご了承ください。)

7.事前参加登録受付の終了

ハンズオンセミナーがそれぞれ定員に達した時点で自動的にお申込みいただけなくなります。
また全て定員となり、事前参加登録受付終了となりましたら、当ホームページにてお知らせいたします。ただし、土日祝、平日の夜間に定員となった場合、ホームページへの掲載が遅れることがございますのでご了承ください。

8.オンライン参加登録

恐れ入りますが、本大会の事前参加登録がお済みの方も、ハンズオンセミナーの参加登録の際、再度個人情報の登録からお願いいたします。

【会員の先生へのご案内】
会員の方は、各ハンズオンセミナーの参加費は無料です。参加登録画面内の≪WEB決済≫欄について、会員の方も「WEB決済を選択する」が選択されますが、お支払手続きは不要でございます。システム上、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご容赦ください。

注)事前参加登録可能なセミナー数に制限はございませんが、複数回のセミナーをお申込される方は、その都度、再度基本情報を登録(※キーワードは登録ごとにご変更ください)のうえ、ご希望のセミナーをご選択いただきますようお願いいたします。
また、開催日時が重複しているセミナーにはご参加いただけませんのでご注意ください。

【ハンズオンセミナー1のお申込みはこちらから】
【ハンズオンセミナー1のお申込みはこちらから】
【ハンズオンセミナー1のお申込みはこちらから】

個人情報の取り扱いについて

事前参加登録の際にお預かりした内容は本大会運営に関する目的以外では使用いたしません。
また、ご登録いただいた個人情報は、必要なセキュリティ対策を講じ、厳重に管理いたします。

参加登録に関する問い合わせ
第37回日本TDM学会・学術大会 オンライン参加登録サポートデスク
メールアドレス:tdm2020@reg-convention.com