第37回日本骨代謝学会学術集会

事務局

東京大学大学院医学系研究科
整形外科学
〒113-0033
東京都文京区本郷7-3-1

運営事務局

日本コンベンションサービス(株)
神戸支社
〒650-0046
神戸市中央区港島中町6-9-1
神戸国際交流会館6階
TEL:078-303-1101
FAX:078-303-3760
E-mail:37jsbmr[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

会期:2019年10月12日(土)~10月14日(月・祝) 会場:神戸国際会議場、神戸国際展示場 会長:田中栄(東京大学大学院医学系研究科 整形外科学)

参加者へのご案内

会期中各種会議

参加受付・参加手続き

事前参加登録はございません。
参加申込書に必要事項をご記入のうえ、参加費を添えてお申し込みください。
参加証には、氏名・所属をご記入の上、学会場では必ずご着用ください。
参加証は、第21回日本骨粗鬆症学会と共通でご利用いただけます。
どちらの施設でも参加受付が可能ですが、単位受付は神戸国際会議場のみです。ご注意ください。

1)
受付時間・場所
日程 参加受付① 参加受付②
神戸国際会議場
1階 ロビー
神戸国際展示場 1号館
1階 展示室
10月11日(金)※ 8:00~18:00 8:00~18:00
10月12日(土) 7:00~18:00 7:30~18:00
10月13日(日) 8:00~17:00 8:00~17:00
10月14日(月・祝) 8:00~15:00 8:00~15:00

※10月11日(金)は第21回日本骨粗鬆症学会のプログラムのみ開催

2)
参加費(第21回日本骨粗鬆症学会のプログラムを含む全てのプログラムにご参加いただけます。)
区分対象 参加費 懇親会費 備考
医師・企業 15,000円 3,000円 非会員、会員問わず
メディカルスタッフ 7,000円
大学院生 5,000円 無料 学生証を提示の上
芳名帳に記名
学部学生 無料 無料
初期研修医 無料※ 無料 証明書が必要
Student-Resident Poster
演題発表者
無料 無料 芳名帳に記名

※学会ホームページ(https://site2.convention.co.jp/37jsbmr/sanka/)掲載の初期研修医・学部学生参加申請書に指導教授の署名があれば無料とします。
当日、申請書を参加受付内の初期研修医・学部学生受付へお持ちください。

今回は第21回日本骨粗鬆症学会との合同開催であり、特に10月12日(土)は、例年より受付が混むことが予想されます。
受付混雑緩和のため、受付にて提出が必要である参加申込書を、ホームページに掲載いたしました。
事前にご記入の上、当日お越しくださいますようご協力お願い申し上げます。

参加申込書

学部学生・初期研修医参加申請書
※学部学生・初期研修医の方はこちらをご確認ください。

3)
一般演題の発表者は日本骨代謝学会の会員でなければなりません。
まだ入会されてない方は、事前に下記URLよりご入会いただくか、当日総合受付に設置しております学会事務局受付にてご入会ください。
http://jsbmr.umin.jp/admission/

ご入会に関するお問い合わせ

一般社団法人日本骨代謝学会事務局(アカデミック・スクエア内)
TEL:075-468-8772
E-MAIL:jsbmr@ac-square.co.jp

合同懇親会

下記の通り開催いたします。奮ってご参加ください。

第37回日本骨代謝学会・学術集会/第21回日本骨粗鬆症学会 合同懇親会

【場 所】 神戸ポートピアホテル 本館B1階 偕楽
【日 時】 10月12日(土)19:30~21:00
【参加費】 3,000円(大学院生、学部学生、初期研修医、Student-Resident Poster演題発表者は無料)

※合同懇親会参加の際は神戸ポートピアホテルのクロークをご利用ください。

優秀演題賞

10月13日(日)13:20からの総会中に、表彰式を行います。(第1会場)

Student-Resident Poster優秀賞表彰

10月14日(月・祝)16:00からの閉会の辞中に、表彰式を行います。(第7会場)

抄録号

会員の方には事前にお送りいたします。非会員の方は、抄録号は参加費に含まれませんので、当日会場にてお買い求めください。(一冊 2,728円+税)

発表データの録画・撮影禁止のご案内

学会において可能な限り最新のデータを公表していただき、討論を活性化するという観点から、第24回大会以降、「口演、ポスターを問わず、発表データの録画や写真撮影を禁止する」という方針が理事会で決定されました。何卒趣旨をご理解の上、ご協力頂きますようお願い致します。

呼び出し

会場内でのアナウンス及びサイドスクリーンによる呼び出しは行いません。
呼び出し、連絡等は総合受付(神戸国際会議場 1階 ロビー)の会員連絡板をご利用ください。

クローク

日程 クローク① クローク②
神戸国際会議場
B1階 リハーサル室
神戸国際展示場 1号館
1階 展示室
10月11日(金) 8:00~19:20 8:00~18:20
10月12日(土) 7:00~18:20 7:30~19:20
10月13日(日) 8:00~18:30 8:00~18:30
10月14日(月・祝) 8:00~16:20 8:30~15:00

ランチョンセミナー整理券の配布について

ランチョンセミナーの整理券を各セミナー開催日当日に配布いたします。
整理券の数には限りがございますので予めご了承ください。

日程 配布時間 配布場所
10月11日(金) 8:00~11:50 神戸国際会議場
3階 ラウンジ
10月12日(土) 7:00~12:00
10月13日(日) 8:00~11:40
10月14日(月・祝) 8:00~12:10

神戸国際展示場での配布はございません。神戸国際展示場で開催されるセミナーの整理券もすべて神戸国際会議場で配布いたします。

※整理券はセミナー開始と同時に無効となります。

※イブニングセミナーに整理券はございません。

企業展示

日程 時間 場所
10月11日(金) 9:00~17:00 神戸国際展示場 1号館
1階 展示室
10月12日(土) 9:00~17:00
10月13日(日) 9:00~17:00
10月14日(月・祝) 9:00~14:30

休憩コーナー

神戸国際展示場 1号館 1階にご用意しております。

インターネットサービス

神戸国際会議場、神戸国際展示場1号館ではWi-Fiのご利用が可能です。

SSID bone2019
PW kobe2019

スマートフォン版、タブレット版アプリ・抄録検索

スマートフォン版、タブレット版アプリ・抄録検索アプリケーションを9月下旬頃に公開いたします。

その他

  • 昨今、学会での置き引き被害が報告されています。
    ご講演中、ポスターセッション発表中も、貴重品は常に携帯していただき、盗難には十分ご注意ください。
  • 会場内では携帯電話の電源を切るかマナーモードに設定をお願いいたします。
  • 全会場禁煙です。
    所定の場所以外での喫煙はご遠慮いただきますようお願いいたします。

取得可能単位一覧

単位受付場所、時間

日程 単位受付
神戸国際会議場3階 ラウンジ
10月11日(金) 8:00~18:00
10月12日(土) 7:00~18:00
10月13日(日) 8:00~17:00
10月14日(月・祝) 8:00~15:00

神戸国際展示場には受付はございませんのでご注意ください。

※セッション毎の単位は当日開催分のみ受付を行います。(日毎に受付いたします)

※ランチョンセミナーの単位のみランチョンセミナー開始30分前に受付を終了いたします。

※参加証には両学会の参加証明書がつきます。

取得可能単位一覧

取得単位名 認定単位数・種類 申し込み・認定方法
1 日本理学療法⼠協会
生涯学習基礎プログラム(PT)
10ポイント 会期中受付不要 第21回日本骨粗鬆症学会参加証、または領収証のコピーを提出
2 日本作業療法⼠協会
生涯教育基礎ポイント研修(OT)
2ポイント 第21回日本骨粗鬆症学会参加証を提出
3 日本内分泌学会
内分泌代謝科専門医更新
2単位 第21回日本骨粗鬆症学会、または第37回日本骨代謝学会学術集会参加証のコピーを提出
(2学会とも取得可)
4 日本腎臓学会
腎臓専門医更新
4単位 第37回日本骨代謝学会学術集会参加証のコピーを提出
5 日本リハビリテーション医学会
専門医・認定臨床医更新
10単位 第37回日本骨代謝学会学術集会参加証のコピーを提出
6 日本口腔外科学会
専門医・指導医申請/更新
申請 10単位
更新 5単位
第37回日本骨代謝学会学術集会参加証のコピーを提出
7 日本リウマチ学会
教育研修単位
3単位 第37回日本骨代謝学会学術集会参加証のコピーを提出
8 日本医師会生涯教育講座 ※申請中 受付方法については、当日単位受付にてお問い合わせください。
9 日本産婦人科医会
研修参加証
1日1枚/会期中最大
4枚※申請中
単位受付にて芳名いただき、研修シールをお受け取り下さい。
10 日本リウマチ財団
教育研修単位
単位取得証明書
会期中3単位
受付にて受講料3,000円をお支払いいただき、単位取得証明書をお受け取りください。
11 日本骨粗鬆症学会
骨粗鬆症マネージャー教育研修単位
学会参加単位10単位

※会期中最大25単位
(第21回日本骨粗鬆症学会参加単位10単位を含む)

日本骨粗鬆症学会骨粗鬆症マネージャー
教育研修単位
日本骨粗鬆症学会認定医教育研修単位参照

第一演者加算5単位
指定セミナー参加5単位
12 日本骨粗鬆症学会
認定医教育研修単位
学会参加10単位
(基本項目)
日本骨粗鬆症学会骨粗鬆症マネージャー
教育研修単位
日本骨粗鬆症学会認定医教育研修単位参照
第一演者加算
5単位(基本項目)
指定セミナー参加
5単位
13 日本整形外科学会
教育研修単位
日本整形外科学会
教育研修単位参照
単位受付にて受講料(1,000円/1単位)をお支払いください。また、セッション受講時には日本整形外科学会IC会員カードをご持参ください。
14 日本薬剤師研修センター
研修認定単位
9単位 単位受付にて単位シールをお受け取りください。
身分証明書と薬剤師免許番号をお手元にご用意ください。
日本薬剤師研修センター研修認定単位参照

※詳細は各団体へお問い合わせください。

日本骨粗鬆症学会骨粗鬆症マネージャー教育研修単位
日本骨粗鬆症学会認定医教育研修単位

1)
以下のセミナーでマネージャー更新のための単位は各5単位取得できます。なお、会期中に取得できる単位は学会参加単位10単位を含め最大25単位です。
また、認定医更新の単位は各5単位(基本項目ではありません)取得できます。
2)
受講証は各セミナーの開始あるいは終了時に各会場にて配布いたします。なお、セミナー中の入退室はお控えください。
3)
配布された受講証は、必要事項を記入の上、氏名を記載された学会参加証(コピー可)とともに骨粗鬆症マネージャー/骨粗鬆症学会認定医資格更新時まで保管ください。

開催日

時間

会場

セッション名 セッションタイトル 取得単位 認定番号
認定医
(5単位:非基本)
骨粗鬆症
マネージャー
(5単位:基本)

1011日(金)

8:50~10:20 1 シンポジウム1 骨粗鬆症治療薬UpDate(骨形成促進剤の進歩) 190220
8:50~10:10 5 マネージャースキル
アップセミナー1
骨粗鬆症薬剤の副作用と対策を知る 不安を解消し意欲を高めるために 190221
10:40~12:00 5 マネージャースキル
アップセミナー2
190222
13:30~15:00 9 シンポジウム5 OLSのアウトカムとスキルアップ 190223
14:10~15:40 1 シンポジウム2 生活習慣病関連骨折リスクupdate 190224
16:10~17:40 9 シンポジウム6 骨折予防リエゾンナースの独自性と多職種協働 190225

1012日(土)

8:30~10:00 1 シンポジウム7 多職種で取り組む骨粗鬆症の栄養 190226
9:40~10:40 2 教育研修講演 研究倫理等に関するセミナー 190227
10:50~12:20 9 シンポジウム8 運動器に対する取り組みが転倒・骨折を低減できるか 190228
14:50~16:20 9 シンポジウム9 多職種で取り組む転倒・転落予防 190230
14:50~16:20 10 合同シンポジウム4 二次骨折予防 190229

1013日(日)

8:40~10:10 3 合同シンポジウム5 慢性腎臓病合併時の骨粗鬆症治療に必要な知識 190231
8:40~9:40 9 知っ得セミナー
ベーシック1
疫学/病態 190232
9:50~10:50 9 知っ得セミナー
ベーシック2
骨密度測定と診断/骨代謝マーカー 190233
11:00~12:00 9 知っ得セミナー
ベーシック3
薬物治療の基本/顎骨壊死・非定型大腿骨骨折 190234
13:20~14:20 10 知っ得セミナー
アドバンス1
治療薬の選択と併用/逐次治療・腎障害例の治療 190235
14:30~15:30 10 知っ得セミナー
アドバンス2
運動療法/栄養・食事療法 190236
14:50~16:20 2 シンポジウム11 骨粗鬆症診療における骨代謝マーカーの適正使用 update 2019 190237
15:40~16:40 10 知っ得セミナー
アドバンス3
骨粗鬆症性骨折の治療/開発中の薬物 190238

日本整形外科学会教育研修単位

対象セッションは以下の表をご参照ください。

※取得可能単位数の上限はございません。

※教育研修講演受講のためだけに入場される場合にも、学術集会参加費は必要です。

※講演開始時間を過ぎた講演の申込はできませんので予めご了承ください。

※受講にあたっては、必ず日整会IC会員カードをご持参ください。

1)
申込方法
受講申込書に必要事項をご記入のうえ、受講料(1演題につき1,000円)を添えてお申し込みください。

※受講料の払い戻しはいたしません。また、受講取り消し・変更の手続きや領収証の再発行もいたしませんのでご注意ください。

※ランチョンセミナー時の単位申込者の優先入場はございませんので、申し込みの際は必ずランチョンセミナー整理券を入手ください。

2)
出席登録
講演開始10分前から、開始10分後までに会場前のカード読取機に会員カードをかざして、出席登録を行ってください。この時間内に手続きが完了していない場合、途中退場された場合は単位は認められませんのでご注意ください。
3)
分野変更手続き
会期終了後1週間程度で、日整会ホームページの「単位振替システム」への単位取得履歴一覧に受講された講演が表示されます。複数の分野が選択できる単位では、ご自身で単位振替システムにて、単位の分野および種類の変更を行ってください。

※非専門の方へ
非専門医の方も日整会IC会員カードを必ずご持参ください。申込方法は、専門医の方と同様ですが、ご自身で「研修手帳」の該当する必須分野のページに必要事項を記入し、受講証明印欄には「ホームページ参照」とご記入ください。

10月11日(金)
セッション名 時間 会場 演者 演題名 単位 必須
分野
認定番号
特別講演1 10:30~11:30 1 澤口 毅 高齢者大腿骨近位部骨折に対する多職種連携アプローチ -早期手術,周術期管理,2次骨折予防リエゾンサービス- Re 2・11 19-1854-001
ランチョン
セミナー1
12:20~13:20 1 段 栄子 骨折を繰り返して Re 4・13 19-1854-002
1 山本 智章 二次骨折予防のための骨折リエゾンサービスクリニカルスタンダードがもたらすもの
ランチョン
セミナー3
12:20~13:20 4 田中 伸哉 骨粗鬆症治療における適切な薬剤選択~導入から逐次療法まで~ 1・4 19-1854-003
ランチョン
セミナー4
12:20~13:20 7 岩本 潤 骨粗鬆症治療における多職種連携・地域連携 -骨粗鬆症マネージャーへの期待- Re 4・13 19-1854-004
ランチョン
セミナー5
12:20~13:20 8 中藤 真一 骨粗鬆症診療のcare gapの現状と対策-一次骨折予防と二次骨折予防で5IQを使い分けていますか- Re 4・13 19-1854-005
ランチョン
セミナー6
12:20~13:20 9 斎藤 充 なぜ生涯,治療を止められないのか骨粗鬆症 -骨密度と骨質からみた逐次療法のロジックとは- 7・4 19-1854-006
海外特別講演1 14:40~15:40 2 Lai-Shan Tam Inflammation induced bone loss - Novel assessment tool and management strategy. R 4・6 19-1854-007
イブニング
セミナー1
18:00~19:00 2 Kristina Åkesson AVOIDING RECURRENCE OF FRACTURES – AN INTERNATIONAL PERSPECTIVE OF SUCCESSFUL SECONDARY FRACTURE PREVENTION AND BEST PRACTICE STANDARDS Re 4・13 19-1854-008
イブニング
セミナー2
18:00~19:00 6 窪田 拓生 低リン血症性疾患の病態と診断 ~FGF23測定の有用性~ 1・4 19-1854-009
10月12日(土)
セッション名 時間 会場 演者 演題名 単位 必須
分野
認定番号
教育研修講演 9:40~10:40 2 江花 有亮 研究責任医師が押さえるべき研究倫理の要点 -公正な研究を目指して- 14-3 19-1854-010
教育講演 9:40~10:40 7 Natalie A.
Sims
The role of cytokines in controlling cortical bone development R 1・6 19-1865-001
スポンサード
セミナー
10:10~11:10 1 Francesco Conti The adult forms of Hypophosphatasia: clinical features, diagnosisand management 3・4 19-1866-001
海外特別講演2 11:20~12:20 1 Kristina Åkesson Fracture Liaison Services - optimizing fracture prevention and the use of a fracture registry Re 2・4 19-1854-011
ランチョン
セミナー7
12:30~13:30 1 大島 寧 後縦靭帯骨化症の病態と治療戦略 -神経障害性疼痛を含めて- 4・7 19-1866-002
ランチョン
セミナー8
12:30~13:30 2 田中 良哉 骨と関節の臨床免疫学 -関節リウマチに対するT細胞標的治療を中心に- R 6・10 19-1866-003
ランチョン
セミナー9
12:30~13:30 4 梅原 慶太 骨粗しょう症治療薬のバトンパス ~テリパラチドを中心に~ 1・4 19-1866-004
ランチョン
セミナー10
12:30~13:30 6 坪川 直人 変形性手関節症と女性ホルモンの関係~エクオールの可能性~ 1・10 19-1866-005
ランチョン
セミナー11
12:30~13:30 7 Natalie A. Sims The Role of Interleukin-6 in Bone and Cartilage Metabolism 1・6 19-1866-006
ランチョン
セミナー12
12:30~13:30 8 星野 雅俊 椎体形成術を知ろう -基本知識から最近の話題まで- SS 1・7 19-1866-007
ランチョン
セミナー13
12:30~13:30 9 宗圓 聰 骨粗鬆症治療Update 1・4 19-1866-008
ランチョン
セミナー14
12:30~13:30 10 萩野 浩 骨卒中予防の最新情報 -ビスホスホネート製剤とビタミンDが果たす役割- 4・13 19-1866-009
(代)Meet the Expert 1 13:40~14:40 6 米田 俊之 がん細胞は骨微小環境を操る 1 19-1865-002
特別講演2 14:50~15:50 1 中村 利孝 骨粗鬆症における骨折危険性と薬物治療の効果 4・11 19-1854-013
(粗)Meet the Expert 1 14:50~15:50 5 今井 匠 骨粗鬆症論文で理解する生物統計学講義 1・4 19-1854-012
(粗)Meet the Expert 2 16:00~17:00 5 田中 伸哉 骨形態計測学的に骨粗鬆症治療を考える 1・4 19-1854-014
(粗)Meet the Expert 3 17:10~18:10 5 斎藤 充 それってエビデンスありますか?-エビデンスの闇を知り骨質を正しく理解しよう- 1・4 19-1854-015
10月13日(日)
セッション名 時間 会場 演者 演題名 単位 必須
分野
認定番号
知っ得セミナーベーシック1 8:40~9:40 9 今井 教雄 数字で考える骨粗鬆症疫学のあれこれ 1・11 19-1854-016
山本 憲男 骨粗鬆症の病態
女性研究者
セッション
9:00~10:00 4 板谷 和代 伝えたことは・・・伝わっていますか?~おとなのためのコミュニケーション・ワークショップ~ 14-5 19-1866-010
知っ得セミナーベーシック2 9:50~10:50 9 曽根 照喜 これだけは知っておきたい骨量測定の基本知識 R 1・4 19-1854-017
三浦 雅一 骨粗鬆症診療における骨代謝マーカー測定の意義
知っ得セミナーベーシック3 11:00~12:00 9 蛯名 耕介 薬物治療の基本 R 1・4 19-1854-018
沖本 信和 顎骨壊死・非定型大腿骨骨折の存在とその対策を知ろう
ランチョン
セミナー15
12:10~13:10 1 Kenneth G. Saag Glucocorticoid-Induced Osteoporosis: Past, Present and Future 4・6 19-1866-011
ランチョン
セミナー16
12:10~13:10 2 福本 誠二 ビタミンD代謝物と骨代謝・骨粗鬆症 1・4 19-1866-012
ランチョン
セミナー18
12:10~13:10 6 平野 裕司 関節リウマチ診療の更なる向上を目指して -治療困難例、JAK阻害剤、そして骨粗鬆症治療- R 4・6 19-1866-013
ランチョン
セミナー19
12:10~13:10 7 Felicia Cosman Sclerostin Inhibition Promotes Modeling- Based Bone Formation to Reduce Fractures 1・4 19-1866-014
ランチョン
セミナー20
12:10~13:10 8 中條 悟 骨形成促進剤の新たな位置付け-実臨床の立場からみた薬剤選択- 4・7 19-1866-015
ランチョン
セミナー21
12:10~13:10 10 杉本 利嗣 骨粗鬆症治療における骨形成促進剤~現状と展望~ 1・4 19-1866-016
知っ得セミナーアドバンス1 13:20~14:20 10 竹内 靖博 治療薬の選択と併用・逐次治療 R 1・4 19-1854-019
今西 康雄 慢性腎臓病(CKD)合併骨粗鬆症患者へのアプローチ
知っ得セミナーアドバンス2 14:30~15:30 10 岩本 潤 骨折・転倒予防のための運動療法 S 1・13 19-1854-020
田中 清 骨粗鬆症の栄養・食事療法
知っ得セミナーアドバンス3 15:40~16:40 10 岡野 徹 骨粗鬆症性骨折の診断と治療(骨折後の薬物療法を含めて) 2・7 19-1854-021
井上 大輔 開発中の骨粗鬆症治療薬
特別講演 16:00~17:00 1 Kenneth G. Saag Side effects of Bone Therapies R 4・6 19-1866-017
イブニング
セミナー3
17:15~18:15 4 斎藤 充 骨密度と骨質(構造・材質)の正しい理解に基づく骨折リスク評価と新規骨形成促進剤ロモソズマブの位置づけ 1・4 19-1866-018
イブニング
セミナー4
17:15~18:15 6 上西 一弘 メディカルスタッフのための、骨粗鬆症の栄養・食事の理論と実践 4 19-1866-019
イブニング
セミナー5
17:15~18:15 8 蛯名 耕介 薬理作用より考えるcsDMARDsの適切な使い方 R 4・6 19-1866-020
イブニング
セミナー6
17:15~18:15 10 髙田 潤一 ゾレドロン酸のエビデンスと実臨床における効果と課題 1・4 19-1866-021
10月14日(月)
セッション名 時間 会場 演者 演題名 単位 必須
分野
認定番号
(代)Meet the Expert 3 10:20~11:20 1 小守 壽文 Runx2と歩んだ骨代謝研究 1 19-1865-003
招待講演 11:30~12:30 1 菅 裕明 特殊ペプチド創薬イノベーション 1 19-1865-004
ランチョン
セミナー22
12:40~13:40 1 Serge Ferrari How to prevent secondary hip fractures 1・2 19-1865-010
ランチョン
セミナー23
12:40~13:40 2 川上 純 関節リウマチ治療におけるJAK阻害薬の現状と展望 R 4・6 19-1865-005
ランチョン
セミナー24
12:40~13:40 4 松本 佳則 関節破壊抑制を目指した関節リウマチ治療戦略 ~基礎と臨床から考える~ R 4・6 19-1865-006
ランチョン
セミナー25
12:40~13:40 6 Karl Insogna X-Linked Hypophosphatemia and Tumor-Induced Osteomalacia: Clinical Windows into Phosphate Homeostasis with New Therapeutic Vistas 1・5 19-1865-007
ランチョン
セミナー26
12:40~13:40 7 竹谷 英之 血友病性関節症の病態とその治療 4・12 19-1865-008
ランチョン
セミナー27
12:40~13:40 8 田中 廣壽 骨格筋サイエンスの新展開 1・8 19-1865-009
日整会単位 S:スポーツ単位 SS:脊椎脊髄病単位
R:リウマチ単位 Re:運動器リハビリテーション単位

日整会専門医資格継続 必須分野
[1] 整形外科基礎科学 [2] 外傷性疾患(スポーツ障害を含む) [3] 小児整形外科疾患(先天異常, 骨系統疾患を含む, ただし外傷を除く) [4] 代謝性骨疾患(骨粗鬆症を含む) [5] 骨・軟部腫瘍 [6] リウマチ性疾患, 感染症 [7] 脊椎・脊髄疾患 [8] 神経・筋疾患(末梢神経麻痺を含む) [10] 手関節・手疾患(外傷を含む) [11] 骨盤・股関節疾患 [12] 膝・足関節・足疾患 [13] リハビリテーション(理学療法, 義肢装具を含む) [14-3]医療倫理 [14-5]医学全般にわたる講演会などで、14-1~14-4に当てはまらないもの

日本薬剤師研修センター研修認定単位:9単位

単位受付にて認定シールを配布いたします。
なお、2019年7月1日より日本薬剤師研修センター発行の研修受講シールには通し番号が付き、研修単位を付与した受講者名と薬剤師免許番号、研修受講シールの通し番号を日本薬剤師研修センターに提出することになりました。単位申込書に、お名前と薬剤師免許番号を記載してください。
ご本人確認のために公的な部署発行の身分証明書のご提示をお願いいたします。
薬剤師免許番号の記入が無いと付与できませんのでご注意ください。

page top