座長・演者・審査員へのご案内

事前準備

  • 接続機器(PC)の準備を行う。
    Zoom ではWindows、Mac に対応しております。サポートされている利用可能な機器(OS のバージョン等)をご確認ください。詳細はWeb 会議システム「Zoom」公式ホームページの「Zoom ヘルプセンター>始めに>デスクトップ」(※ PC の場合)をご参照ください。また、Web 会議参加には、処理能力の高い機器(CPU:Coir i5 2.6GHz、メモリー:8G)を使用されることを推奨いたします。また、電源アダプターのご用意をお願いいたします。(電力の消費が大きいので、途中でバッテリーがなくならないようにしてください。)
    演者はデスクトップPCの場合、シングルディスプレイをご使用ください。サブディスプレ市はトライブル回避のため、使用しないでください。また、ノートPCの場合も、サブディスプレイは使用しないでください。
    スマートフォン・タブレット等での発表はお控えください。
    発表で使用しないでください。また、ノートPCの場合も、サブディスプレイは使用しないでください。
    • PowerPoint(Windows版)
      メニューバーのスライドショー>スライドショーの設定にある「発表者ツール」のチェックを外す
    • PowerPoint(Mac版)
      PowerPoint環境設定>出力と共有>スライドショーにある「2つのディスプレイを使って…」のチェックを外す
    • Keynote(Mac)
      Keynote環境設定>スライドショー>表示時にる「発表者ディスプレイ…」のチェックを外す
  • 参加場所、インターネット環境の準備と設定を行う。
    周辺雑音や他会話が聞こえることや電話がかかってきて中断することのない、発表やセッション進行の支障のない場所を確保してください。また、必ず安定したインターネット環境を確保してください。有線LAN接続を強く推奨いたします。Wi-Fiも使用可能ですが、通信が安定しない場合があります。
  • 付属設備の準備と設定(マイク、スピーカー、Webカメラ)を行う。
    • マイク、スピーカー
      事前にZoomのオーディオ設定でマイク、スピーカーをテストし、音量を確認してください。
      Zoomの音量の他に、PC本体の音量設定も確認してください。
      PC内蔵のマイク、スピーカーでも可能ですが、ハウリングやエコーなどトラブルが
      発生しやすいため、Web会議用のマイク、スピーカー、ヘッドセット(マイク付きヘッドフォンなど)を利用することを推奨いたします。
    • Webカメラ
      発表・質疑応答・総合討論の際、PC内蔵のWebカメラまたは外付けのWebカメラで
      ご自身の映像を参加者(視聴者)に配信いたします。Webカメラのご用意およびスイッチを入れた状態でお願いいたします。
  • Web会議システム「Zoom」のインストールとアカウント取得を行う。
    事前に参加する接続機器にWeb会議システム「Zoom」をインストールしてください。(無料)
    アカウント取得後、マイプロフィールの氏名を認識しやすいよう、以下のように変更してください。
    〔運用例〕「氏名(漢字)(例:山形 太郎)」としてください。
    ※詳細は「Zoomマニュアル」をご参照ください。

当日の流れ

  • 当日、Live-Web開催ページにログインしてください。
    ※事前参加登録後、メールで受け取った参加方法、
    参加用ID、パスワードで、ログインしてください。
    ※必ず安定したインターネット環境で参加をお願いいたします。
  • ログインが完了したら、ホーム画面にすすみます。
  • ホーム画面のメニューよりご自身のセッションのチャンネルにアクセスしてください。
  • チャンネル内記載URLにアクセスするとZoomが起動いたします。ご自身のZoomアカウントでログインの上、セッションにご参加ください。
    ※セッション開始25分前までにログインをお願いいたします。
  • 主催者(ホスト)により、参加カテゴリが「視聴者」から「パネリスト」に変更されます。
    「パネリスト」になると、マイク、Webカメラ、画面共有などの操作が行えるようになります。
  • 開始時間になるとセッションが開始いたします。
    ※詳細は「Zoomマニュアル」をご参照ください。

セッション構成

  発表 質疑応答 総合討論 合計
特別講演1・2 50分 10分 60分
教育研修講演1・2 50分 10分 60分
Late-Breaking Talk Session1・2 50分 10分 60分
シンポジウム1 7分 1分 34分 90分
シンポジウム2 8分 26分 90分
シンポジウム3 8分 2分 20分 90分
ヌーンタイムセミナー 50分 10分 60分
イブニングセミナー 50分 10分 60分
若⼿Awardセッション 5分 3分 8分
一般演題 5分 3分 8分

セッション中の注意事項(座長・演者・審査員共通)

  • マイク音声ミュートの確認
    「発言する時」以外は必ず音声をミュートするようにご注意ください。
    音声のハウリング等の原因となり他の視聴者が聞きづらくなってしまいます。
    また座長は、演者が音声ミュート解除を忘れて音声が聞こえない場合、
    音声ミュートを解除するように演者へお声がけしてください。
    質疑応答などで発言したいときは、発言の意思を音声あるいはチャットなどで座長に伝え、
    発言の許可を得た上で、必要に応じて「所属」と「氏名」を名乗ってから発言してください。
    音声による質問を行う場合は、音声のミュートを解除するのを忘れずに行い、発言終了後は
    再度音声をミュートに切り換えてください。チャットは、座長・演者・主催者(ホスト)のみ使用できます。
    本学会では、参加者(視聴者)はマイクを使うことはできません。
  • Webカメラの確認
    発表・質疑応答・総合討論の際は、WebカメラをONにしてください。
    また、映像を配信する場合は、バーチャル背景機能等を使って、カメラに関係のない人が映り込まないようご注意ください。
  • 主催者(ホスト)側からの制御
    マイク音声ミュートを忘れた場合に、主催者(ホスト)側から強制的にマイク音声ミュートを操作させていただく場合がございます。また、セッション中に接続が不安定になってしまい、セッションの進行に支障があると判断される場合には、主催者(ホスト)側から強制的に一旦切断をさせていただく場合がございます。
    あらかじめご了承ください。

座長の先生方へ

  • セッション進行について
    口演、質疑応答、総合討論を含めて時間内で終了するようにご協力ください。
    オンライン発表のキャンセルや接続の不具合などトラブルの発生も予想されますが、臨機応変なご対応をお願いいたします。
  • セッション開始前
    セッション開始25分前までにログインをお願いいたします。
    Zoomで設定するお名前は演者や参加者(視聴者)が識別できるように、「氏名(漢字)(例:山形 太郎)」と設定してください。
    演者が全員ログインしているか、マイク、カメラ、画面共有が使用できるか確認してください。
    欠演がある場合には、次の発表を繰り上げてセッションをすすめてください。
  • セッション中
    定刻になりましたら、セッションを開始してください。
    単位取得可能セッションの場合、セッション開始10 分前~開始10 分後までにLive-Web開催ページ内の【単位チャンネル】にアクセスし、≪視聴開始≫ボタンを押すよう参加者(視聴者)にアナウンスをお願いいたします。
    計時進行は手配いたしておりませんので、演者自身で時間を管理するようにお伝えください。
    座長でも時間を計測いただき、制限時間になれば音声でその旨を演者にお伝えください。
    演者が持ち時間を超えて話し続けるようであれば、警告し終了するようにお伝えください。
    質疑応答のルールについて、演者・参加者(視聴者)に最初に音声で説明してください。
    基本はZoomのQ&A機能を用いて参加者(視聴者)から質問を受け付け、座長の裁量で選択としています。 
    発表終了後、Q&A機能を用いて参加者(視聴者)から出された質問を適宜選んで、参加者(視聴者)の代わりに演者へ質問してださい。
  • セッション終了時
    セッション終了後、参加者(視聴者)を代表して拍手をお願いいたします。参加者(視聴者)はマイクを使うことができず、拍手を行うことができませんので、ご協力をお願いいたします。
    次のセッションの準備があるため、速やかにZoomから退場するよう参加者(視聴者)にアナウンスをお願いいたします。
    単位取得可能セッションの場合、セッション終了直後~終了10 分後までに【単位チャンネル】に再度アクセスし、≪視聴終了≫ボタンを押すよう参加者(視聴者)にアナウンスをお願いいたします。

演者の先生方へ

  • 発表データ
    口演発表スライドデータは通常開催の際と同様にPowerPointまたはKeynoteにて作成をお願いいたします。
    発表時間内に収まれば、スライド枚数に制限はございません。
    スライド作成は16:9もしくは4:3のサイズをご使用ください。
    発表スライドはできるだけ大きな文字で作成してください。
    アニメーション、画面切り替えは通常通りに使用していただいて問題ありません。
    動画再生などは、あらかじめZoomで入念な事前の動作確認を行ってください。
    オンライン発表の際、ご自身や参加者(視聴者)の環境により、動画が乱れる(カクカクとコマ落ちする)場合があります。急な動きを伴う動画では著しく画質が低下いたしますので、ゆっくりと動作を行う等、あらかじめご配慮ください。
    発表スライドの1枚目に過去1年における発表内容と関連のある企業との利益相反(COI)状態を項目別に基準額以上の場合に開示してください。
    詳細は以下URLをご覧ください。
    【利益相反(発表にあたって)】
    https://site2.convention.co.jp/117tost/cfa/index.html
  • セッション開始前
    セッション開始25分前までにログインをお願いいたします。
    Zoomで設定するお名前は座長や参加者(視聴者)が識別できるように、「氏名(漢字)(例:山形 太郎)」と設定してください。
    マイク、カメラ、画面共有が使用できるか確認してください。
    使用していないアプリケーションは完全に終了してください。
    PowerPointおよびKeynoteの発表者ツールの使用はお控えください。画面共有部分とカメラ撮影部分が分割表示されてしまいます。
  • セッション中
    講演時間は厳守してください。
    計時進行は手配いたしておりませんので、演者自身で時間を管理してください。
    前の演者の発表終了が近づいたら、すぐにご自身の発表ができるようにZoomの画面共有の準備と音声ミュートを解除する準備をしておいてください。
    前の発表が終わらないうちは、画面共有は開始しないでください。
    発表開始時の画面共有は、必ず前の演者の発表が完全に終了したことを確認してから行ってください。
    前の発表が終わらないうちに画面共有を開始すると、前の演者の画面共有(=発表)が停止されてしまいますので十分ご注意ください。
    前の演者の発表が終了したら、画面共有を開始し、音声ミュートを解除したうえで、座長からの紹介に続いて発表を開始してください。
    ご自身の発表が終了したら、速やかに画面共有を停止してください。
    Q&A機能を用いて参加者(視聴者)から出された質問に、座長の指示に従ってお答えください。
  • セッション終了時の確認
    セッション終了後、参加者(視聴者)を代表して拍手をお願いいたします。参加者(視聴者)はマイクを使うことができず、拍手を行うことができませんので、ご協力をお願いいたします。

ページトップ